松本利夫さんは「MATSUぼっち」と、1人ぼっち・寂しがりやとネタにされて冠番組を持っています。

 

そんな松本利夫さんは実際にぼっちで寂しがりやなのでしょうか?

また、病気・ベーチェット病を患っていますが、どんな症状で現在は大丈夫なのでしょうか?

 

ということで今回は、松本利夫さんが本当にぼっちで寂しがりやか、病気ベーチェット病は大丈夫なのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

松本利夫はぼっちで寂しがりやな性格?病気ベーチェット病を患っている

松本利夫 プロフィール

松本利夫 ぼっち
(画像引用元:http://www.cinemacafe.net

別名義     MATSU
生年月日    1975年5月27日
出生地     神奈川県川崎市
身長      170cm
血液型     O型
職業      ダンサー、俳優
ジャンル    舞台、テレビドラマ、映画
活動期間    1999年~

 

松本利夫さんは16歳の時にダンスに出会い、18歳のころから本格的にダンスを始めていきました。

 

それから1994年にUSA、MAKIDAIと共にダンスチームBABY NAILを結成し、数々のダンスイベントに出演したりとダンサーとして活動していきます。

 

1999年には「J Soul Brothers」として活動を始め、2001年8月からは「J Soul Brothers」改め「EXILE」として始動します。

 

以降のEXILEは活躍することで、メンバーである松本利夫さんもダンサーとして注目を浴びていきます。

 

2007年には舞台「太陽に灼かれて」で俳優デビューもしており、2009年には映画「LONG CARAVAN」で映画初出演、2011年ドラマ「ヘブンズ・フラワー」でテレビドラマ初出演を果たします。

 

2014年からはEXILE第4章始動に伴い、名義をMATSUから本名の松本利夫に変更します。

 

2015年6月には年内をもってEXILEのパフォーマーを引退することを発表し、同年12月31日にを最後にEXILEのパフォーマーを終えました。

 

そのため、2016年2月に自身が組長を務める劇団EXILE 松組の旗揚げ公演を行ったりと、個人での活動の場を増やしていきます。

松本利夫はぼっちで寂しがりやな性格?

松本利夫さんはネタかもしれませんが、「MATSUぼっち」と1人ぼっち・寂しがりやで冠番組を持ちます。

 

確かに中学時代は週に6回塾に通う優等生であり、ドラクエ愛を語るほどテレビゲームでハマることから幼少期はぼっちだったのかもしれませんね。

松本利夫 ぼっち
(画像引用元:https://storage.mantan-web.jp

 

ただ、ダンス始めてからや特にEXILEのメンバーとなったことで飲めなかった酒が飲めるようになって酒豪となり、よくメンバーと一緒に飲んだりとぼっちは解消されたようです。

松本利夫 寂しがりや
(画像引用元:https://scontent.cdninstagram.com

しかし、よくホームパーティーを開いたり、メンバーの誕生パーティーを毎回盛大に開催したりすることから、寂しがりやになったのかもしれませんね。

 

よって、松本利夫さんは幼少期はぼっちで、ダンスで仲間たちが増えるに連れてぼっちは解消されたが、一人は寂しいからパーティーを開いたりと寂しがりやな性格になったように思えます。

スポンサーリンク

病気ベーチェット病を患って大丈夫?

松本利夫さんは、原因不明で全身に炎症が起き失明することもある難病「ベーチェット病」を高校時代から患ってしまいます

 

そのため、酷い時は、左目の視力をほとんど失い、目、口内、皮膚、外陰部等の全てに潰瘍や膿等が出る症状らしく、精神的にもきつかったようです。

 

この「ベーチェット病」は日本で最も多く発症しており、男女差はないが、20歳~40歳で発症することが多く、30代前半での発症が最も多くなっています。

 

そんなベーチェット病を患った松本利夫さんですが、現在は数年前から新薬が効いて症状は落ち着いているとのことです。

 

もしかしたら、この難病ベーチェット病を患ったことの恐怖から、誰か仲間に頼りたいと寂しがりになったのかもしれません。

松本利夫は幼少期はぼっちで現在は寂しがりや?病気ベーチェット病は落ち着く!

実は中学時代は優等生でドラクエ愛を語ることから幼少期はぼっちらしく、現在は沢山の仲間がいてぼっちは解消されましたが、よくパーティーを開くことから寂しがりやなのかもしれませんね。

 

また、難病ベーチェット病を患っていますが、現在は症状が落ち着いて良かったです。

 

そんなぼっちで寂しがりや松本利夫さんはEXILEで隠れていましたが、今後はどんどん個人で魅力的に活躍することを期待しています。

 

せばな~