2017年3月7日放送の「踊る!さんま御殿!!」に出演する12歳年下アスリートとの結婚をした益子直美さん。

 

彼女は40歳に結婚し、旦那との子供を授かるために不妊治療をしたりと苦難の末断念した過去をもっています。

 

そんな旦那さんとの馴れ初めや、結婚に至るまでは?

不妊治療をし、子供を断念するまでの経緯は?

 

ということで今回は、

益子直美さんと旦那との結婚や馴れ初めについて

不妊治療をして子供を断念するまでの経緯

益子直美さんと旦那との現在は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

益子直美 プロフィール

益子直美 旦那
(画像引用元:http://yappalie.com

生年月日     1966年5月20日
出身地     東京都葛飾区
身長      175cm
体重      58kg
血液型     A型

 

テレビアニメ「アタックNo.1」の影響で中学からバレーボールを始めた益子直美さん。

 

中学3年生になるとチームの主将になり東京都選抜に選ばれ、1984年「第15回春高バレー」では、当時の八王子実践高等学校の連勝記録を106で止め、準優勝に導いています。

 

高校3年生になると全日本代表メンバー入りし、大林素子さんらと共に1980年代後半から1990年代前半の女子バレーボール界を席巻しました。

 

1992年現役引退後はスポーツキャスターとして、オリンピックのレポート等を行い、他にはイトーヨーカドーアシスタントコーチを務めていました。

 

1993年にはイトーヨーカドーを退社し、タレントに転身します。

 

その後はキャスターとして、またはNHKの「トップランナー」の司会等をこなしたりと幅広く芸能界で活動中です。

益子直美の旦那との結婚や馴れ初めは?不妊治療の末に子供断念で現在は?

旦那との馴れ初めから結婚まで

2002年に益子直美さんはスポーツキャスターとして、山本雅道さんを取材したことで知り合いました。

 

そんな山本雅道さんは元自転車ロードレーサーの選手で、高校卒業から15年間活躍し、2011年に引退をしています。

 

2人は出会い一目惚れで惹かれ合い、交際に発展したようです。

益子直美 子供
(画像引用元:http://ceskylove.com

そして2006年に当時益子直美さんは40歳の時に12歳年下の山本雅道さん28歳と結婚しました。

不妊治療の末に子供断念

結婚した時点で40歳の益子直美さんでしたが、自然妊娠を諦め、旦那との子供を授かろうと42歳の2008年に不妊治療を始めます。

益子直美 子供
(画像引用元:http://ceskylove.com

しかし不妊治療は40歳で体外受精を行っても出産できる確率は約8%と厳しく、費用も一回で50~60万円という高額です。

 

更に卵子や子宮は年相応に老化し、ポリープの他に膿腫、筋腫、内膜症があり、コンディションを整えのだけで3ヶ月も無駄にしていたようです。

 

それでも諦めずに一番レベルが高いとされている顕微授精を始めて、毎日薬を飲んで自己注射をし、体調も悪くて寝込むんで仕事どころでない状態中頑張っていました。

 

当時は欲しくても出来無いことは言えず、周りのプレッシャーもあって落ち込むことはありましたが、旦那さんの両親は子供について聞かれることはなく、それだけが救いと言っていました。

 

そして益子直美さんは45歳までに2011年までと決め、45歳の5月20日誕生日に婦人体温計とグラフを捨て、不妊治療を卒業しました。

 

普段からちゃんと婦人科系の検査をしていればと後悔や、子供を諦めきれない思いもあったと思いますが、苦渋の決断の末、次の人生を前向きに歩みました。

スポンサーリンク

益子直美と旦那の現在は?

益子直美さんはタレントでも活動をしていますが、旦那さんと夫婦で2013年6月に神奈川県藤沢市にてロードバイク専門店「BICYCLE FACTORY YAMAMOTO」を経営しています。

BICYCLE FACTORY YAMAMOTO

 

また旦那さんは元ロードレーサーの経験を活かし、自転車教室も開いて子どもたちに安全な乗り方等を教えているようです。

益子直美 旦那
(画像引用元:http://s-bellkochan.com

子供は出来ませんでしたが、代わりに現在はネコを飼って夫婦共に湘南で暮らしています。

 

ちなみに不妊治療の経験を活かし、世の不妊治療で悩んでいる人に向けて、雑誌のインタビューを受けたりもしているそうです。

不妊治療の末、子供断念でも現在は益子直美の旦那との結婚生活で幸せ!

不妊治療を卒業し、旦那さんとネコと一緒に幸せに湘南で暮らしている益子直美さん。

 

今後は旦那さんと幸せにロードバイク専門店を経営しながら、不妊治療で悩んでいる人たちに救いの手を差し伸べてください。

 

きっと不妊治療を卒業したことは残念な結果ではなく、良いことだったと前向きになれると思います。

 

そして、今後も旦那さんと幸せに暮らしてください!

 

せばな~