2016年春夏シーズンでもっともモデルで注目を集めている新人モデル萬波ユカさん。

彼女は3分の1は海外にいて、海外を中心に活動をしているモデルです。

しかも、2015年に活動を始めたばかりで、目覚まし活躍をしているとの事です。

 

そんな、萬波ユカさんですが、若手ながらモデルでどれほど活躍を果たしているのでしょうか?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

モデル 萬波ユカ!看護婦からモデルとスピード出世!

萬波ユカプロフィール

萬波ユカ モデル

生年月日   1991年8月23日
出身地    三重県
事務所    Donna Models
デビュー   2015年

今頑張っていることは、英語とウォーキングの勉強です。

 

萬波ユカさんは、クールなイメージですが明るい方で海外でも色んな方とお話をしたくて、

英語を勉強してコミュニケーションを取るようにしています。

萬波ユカ、看護師からモデルを始めたきっかけ!

小さいからモデルに興味を持っていましたが、田舎育ちでモデルで食べていけるわけがないと思い、

資格をとって薬剤師か看護師なろうと思っていました。

学生時代から、知り合いのカメラマンの作品を撮る際に手伝ったりと、モデルとして専門学校のショーに出たりとモデルの関係に携わる活動はしていました。

 

萬波ユカさんは、看護系の大学を卒業してモデルにはつかず手術看護師として1年間働いていました。

しかし、手術看護師として命に毎日向き合っているうちに、人生は一度しかないなら、やいたい事をやろうと思い、所属事務所を決めずに上京しました。

 

結構活発に活動をする方なんですね!

そして、201年7月にモデル事務所「Donna」に所属します。

スポンサーリンク

モデル萬波ユカ、デビューわずか2ヶ月でパリコレデビュー!?

事務所に所属するやいなや、「UNIQLO」2015-16年秋冬ニットコレクションの広告モデルと「FENDI」の来日ショーに出演にいきなり注目を浴びます。

 

実は、インスタグラムでデビュー前からフォロワーは3万人を越えていた人気ぶりでした。

ウェブなどで掲載されていたストリートスナップきっかけでフォロワーは3万になったと事。

デビュー前から、もう彼女の存在感は際立っていたんですね。

 

そして、9月にはミラノコレクション「FENDI」にてミラノコレクションデビューと、

パリでは、現地のモデル事務所エリートと契約してパリコレデビューもはたします。

デビューわずか2ヶ月でこの活躍!すさまじいスピード出世です。

 

そんな、順風満帆ように見える、萬波ユカさんですが辛い時期もあったとのこと。

海外のコレクションは、ショーの前日に出演が決まり夜中に呼び出されて合格したかどうか聞いていました。

萬波ユカさんは、駄目でオーディションを繰り返してた時期は常に努力しなきゃと苦悩の日々がありました。

モデル萬波ユカ、日本、海外と2016年若手モデルとして注目!

2016年2月には2016-17年秋冬のニューヨークコレクションにて「DKNY」「Creatures of the Wind」に出演と海外でどんどん活躍が来される萬波ユカさん。

行動力と運と縁とタイミング。常にチャレンジすることが大事だなと思います。
私も田舎にずっといるままだったら今ここにいないと思うので、思い立ったら行動してみてください。

萬波ユカさんのように、行動をするのもいいことですね。

 

確かに無鉄砲で、それが成功するか分かりませんが、行動してみないと成功するか失敗するかも分かりませんからね!

人によりますが、やって後悔するか、やらないで後悔するかですね。

 

せばな~