スポンサーリンク

最近、よく見ているNHK「あさが来た」で雁助の娘役で出た舞羽美海さん。

フジテレビドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」で民法のドラマで初出演することがわかりました。
そんな、舞羽美海さんですが、女優をとしてどういった経緯を持って入ったのか?

またこのドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」は結婚に関する話なので、結婚や恋愛についても気になりましたので調べることにしました。

舞羽美海、元宝塚出身でトップ娘役に君臨した実力者!

舞羽美海のプロフィール

生年月日  1987年8月22日
出生地   兵庫県西宮市
身長   161cm
血液型   A型
職業   女優
ジャンル  舞台
活動期間  2007年

舞羽美海、宝塚のきっかけ!トップ娘から退団まで!

舞羽美海さんが、宝塚歌劇を目指したきっかけは小さい頃から宝塚劇団を観ていてファンだったからです。

そして、2005年に宝塚劇団に入学します。

演劇のテストでセリフを忘れるおっちょこちょいぶりがあったとの事です。
2007年には93期生として宝塚劇団に入学します。

初舞台は星組公演「さくら/シークレット・ハンター』で。
その後、雪組に配属されます。
実力が認められて、2009年には「ソロモンの指輪/マリポーサの花」で後に相手役になる音月桂さんが演じるリナレスの恋人役を演じます。

その新人公演では初のヒロインと抜擢されます。
2016y03m10d_2344080202011年には「ロミオとジュリエット」でWキャストながら本公演初ヒロインとなってトップ娘役に就任します。

その二ヶ月後には音月桂さんの相手役として雪組のトップ娘役に就任します。

宝塚に入団して6年でトップ娘役につくのはスピード出世でここまで来たんですね!
しかも、その年に2010年度年度賞の新人賞を受賞しました。

確実に舞羽美海さんはステップアップしていきます。
トップ娘役になった後は、相手役音月桂さんとコンビ役で活躍します。

見た目も息がピッタリだったそうです。

舞羽美海さん、音月桂さんと一緒に退団!なぜ?

実はトップなり当初から

「トップになれたら、相手役さんと一緒にやめるというのが私の最後の宝塚の夢だった」

とのことです。

そして、音月桂さんが退団を決意した際に、

「自分で決めなさい」

と背中を押されて舞羽美海さんも退団を決意しました。
退団を決める際に、考える時間が欲しくて、少し発表から遅れたとのことです。

この時は、

「まだそこまで考えられません。とにかく最後まで、宝塚の舞台に集中したい」

と女優の転身は考えていませんでした。

そして音月桂さんとのラストの舞台はコンビで熱演して無事ふたりとも退団しました。

舞羽美海、女優に転身!恋も解禁!結婚願望も強し!

スポンサーリンク

2013年には2月に松竹エンタテインメントと契約して芸能活動を開始します。

舞台、TV、映画と色々なジャンルに挑戦して、2014年にはホラー映画「マザー」で初ヒロインに選ばれます。

こちらも、女優になってから1、2年ですのでこちらもスピード出世ではないでしょうか。

舞羽美海に熱愛報道は?

2016y03m10d_234352631舞羽美海さんの熱愛報道を調べていましたが、これといった情報はありませんでした。

ただ今回、連ドラ初出演する「早子先生、結婚するって本当ですか?」では結婚願望が強い役をやります。

舞羽美海さんは

「私も結婚願望はあります!!」
「私も少し前向きに結婚をリアルに視野に入れてみようと思いました。結婚願望のある未婚の女性が少しでも自信を持ってくださればうれしい」

役どころに共感しています。

そして結婚願望も強いです。

もっと活躍の場が広がり、マスコミに目をつけられたらすぐ熱愛報道されそうですね。

元宝塚出身の舞羽美海さんの今後の活躍に注目!結婚もすぐあるか?

もともと宝塚出身ですので演技の実力は相当ですので、きっかけがあればすぐ活躍しそうですね。

今回の連続ドラマは舞羽美海さんを知ってもらう、きっかけになりそうです。
今は恋愛報道はありませんが、結婚願望も強いですので共演者と熱愛報道はガセでも報道されそうです。

最近、山崎育三郎さんや、高畑充希さんのように舞台出身の人がTVに進出して活躍が増えてきましたね!

山崎育三郎さんについてはこちらをクリック!
高畑充希さんにいついてはこちらをクリック!

今後も舞羽美海さんの活躍に期待しています!

せばな~