ファッションモデルや歌手としても異彩を放ち、活躍をしていたきゃりーぱみゅぱみゅさんですが、最近の活躍は芳しくないようです…

 

実はCDの売上が徐々に下がっており、CMも激減しているとのことです。

 

もしかして、きゃりーぱみゅぱみゅさんはオワコンと化してしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、きゃりーぱみゅぱみゅさんがオワコンと化してしまったのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

きゃりーぱみゅぱみゅ プロフィール

きゃりーぱみゅぱみゅ オワコン
(画像引用元:http://okmusic.jp/#!/news/125200)

正式名称    きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ
生年月日    1993年1月29日
出身地     東京都西東京市
血液型     B型
身長      158 cm
活動
デビュー    2009年~
ジャンル    ファッション
他の活動    歌手、ブロガー
事務所     アソビシステム

 

2009年秋にファッション雑誌「KERA」のストリートスナップに初登場してデビューを飾ったきゃりーぱみゅぱみゅさん。

 

それから専属モデルとしてスカウトされ、「KERA」「Zipper」「HR」などの雑誌を舞台に読者モデルとして活動をします。

 

高校を卒業間近の時に中田ヤスタカさんとクラブイベントで偶然出会い、同人から歌手デビューを勧められたことがきっかけで歌手として活動を始めます。

 

そして2010年3月30日エイベックス主宰の高校生シンガーによるプレデビュー企画「HIGHSCHOOLSINGER」から、「きゃりー」名義で「ミラクルオレンジ」という楽曲をリリースします。

 

2011年8月にミニアルバム「もしもし原宿」でメジャーデビューをし、2012年1月シングル「つけまつける」で大ヒットします。

 

「つけまつげ」では週間オリコンチャートで初登場7位「iTunes Store」のエレクトロニックソングチャートにおいて、フィンランドで1位、ベルギーで3位と世界的ヒットでした。

 

その後も「ファッションモンスター」「もったいないとらんど」「にんじゃりばんばん 」「インベーダーインベーダー」等と、数々のヒット作を連発して活躍します。

 

ライブでは、ヨーロッパへの進出と海外でも精力的活動をし、2013年2月から初のワールドツアーでフランス・パリ、イギリス・ロンドン、台湾・台北、香港、米国・ロサンゼルス、米国・ニューヨーク、シンガポールを回りました。

 

またきゃりーぱみゅぱみゅさんのCDジャケットのデザインを展示したアートワーク展を開いたりと、歌手、ファッション、アートと幅広い活躍をしていました。

きゃりーぱみゅぱみゅがオワコン?CD曲の売上爆死とCM激減?このまま消えて終わる?

2017年1月18日に発売された13thシングル「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) / 原宿いやほい」が初動3928枚と爆死したことに衝撃を与えました。

きゃりーぱみゅぱみゅ オワコン
(画像引用元:https://i.ytimg.com/vi/mAGyQ5Rmz7o/maxresdefault.jpg)

実はきゃりーぱみゅぱみゅさんの初動売上が以下をみれば分かりますが、年々明らかに下がっているのです。

 

【きゃりーぱみゅぱみゅ初動売上】
1st  13,100枚 つけまつける
2nd   9,913枚 CANDY CANDY
3rd  21,634枚 ファッションモンスター
4th  21,195枚 きみに100パーセント
5th  26,648枚 にんじゃりばんばん
6th  16,460枚 インベーダーインベーダー
7th  14,813枚 もったいないらんど
8th  12,378枚 ゆめのはじまりんりん
9th  15,762枚 ファミリーパーテイー
10th 16,032枚 もんだいガール
11th  7,677枚 Crazy Party Night~ぱんぷきんの逆襲~
12th  5,009枚 最&高
13th  3,928枚 原宿いやほい

 

最も売上が良かった「にんじゃりばんばん 」の初動2万6648枚と比べると、今回の新曲初動3928枚は約7分の1のセールスとなっています。

 

ガクッと下がったのは2015年9月2日発売の「Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~」から1万を切り、紅白歌合戦も2015年に落選しており、この頃から人気に陰りが見え始めたようです。

 

全盛期の2013年には12社のテレビCMに出演して大活躍していましたが、現在はCM出演も激減しています。

きゃりーぱみゅぱみゅ オワコン
(画像引用元:http://www.zennichi.net/b/photo/i-kyu/large/201201311128243.jpg)

同じく中田ヤスタカさんがプロデュースしているPerfumeは人気を維持しているのに対して、きゃりーぱみゅぱみゅさんは「恋愛スキャンダル」「ネット炎上」「バラエティ番組進出」等の影響で、カリスマ性と一緒に人気が低下しいているようです。

 

更に、2017年1月21日発売の著書「あたしアイドルじゃねぇし!!!」では、「日本は異常だ」「異常に気づない人こそ、異常です」と、ネット社会に警鐘を鳴らしますが、かつての「カリスマ」とは違い、方向性がよくわからないです。

スポンサーリンク

CD曲の売上爆死を皮切りにきゃりーぱみゅぱみゅがオワコン?方向性が見えず終わる?

2015年ごろからCD売上が低迷し、新曲も爆死で人気に陰りが見え始めたきゃりーぱみゅぱみゅさん。

 

そのためいろんなことに挑戦しているように見えますが、かつてのカリスマ性はどこにいったのか、方向性がわからない状況になっているようです。

 

このままでは本当にオワコンと言われてしまいそうです…

 

今後のきゃりーぱみゅぱみゅさんが、どうやってかつての人気を取り戻すか、それとも大きな方向転換をするのか注目ですね。

 

せばな~