スポンサーリンク

映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」では主演と、2016年4月に始まる連続ドラマ「重版出来!」でも主演を果たす黒木華さん。

現在、女優として大活躍で引っ張りだこです。

 

そんな黒木華さんですが、どれほど演技力が凄いのか?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

映画、ドラマと活躍!女優 黒木華の演技力について!

黒木華 プロフィール!

黒木華 映画

生年月日    1990年3月14日
出生地     大阪府
身長      164 cm
血液型      B型
職業       女優
ジャンル      映画・ドラマ・舞台
活動期間     2010年~

一度決めたことは必ず実行するタイプで、夜中でもうどんが食べたいと思ったら、夜中に小麦粉を練ってうどん打ったりしているとのこと。

 

そこから、作るの!?

黒木華さんはストイックで、職人気質なんでしょうね。

黒木華、女優を目指したきっかけ!芸能界デビュー!

黒木華さんは、小さい頃から、弟と一緒に両親に連れられて地元の芝居などに参加していました。

当時から、芝居は好きでその頃から演劇には興味を持っていました。

 

演劇がしたくて、演劇に強い追手門学院高等学校に入学をして、演劇部に所属しました。

なんと一年生から主役を務めたりとその頃から演技力が高かったのでしょう!

 

高校の時は女優になりたいと思っておらず、幼稚園の先生になりたいと思っていました。

しかし、演劇が好きで大学でも演技を学び、2009年に野田秀樹の演劇ワークショップに参加して、

オーデションに合格することで舞台デビューをして本格的に女優の道を歩みます。

 

黒木華さんは、「やらないようりは、やったほうがいい」と前向きで積極的方です。

女優 黒木華!演技力が高く、映画、ドラマにひっぱりだこ!声優も?

スポンサーリンク

2011年には映画「東京オアシス」にメインキャストで映画初出演したり、

 

2012年には「おおかみこどもの雨と雪」で声優初挑戦も果たしたりと演技の幅が広がっていきます。
2013年には連続テレビ小説「純と愛」、ドラマ「リーガルハイ」とテレビドラマでレギュラー出演し、

演技力はもちろん、黒木華さんの知名度もどんどん上がっていきました

女優 黒木華 演技力が高い!数々の実績!

そしてこの頃から、黒木華さんは、演技力の高さから数々の賞を獲得します。

 

2013年、映画でダブル主演した映画「シャニダールの花」「舟を編む」での演技力が認められて、

キネマ旬報ベストテンや日本アカデミー賞、日本の主要映画賞で計7つもの新人賞を総なめにして、ブレイクを果たします。

黒木華 映画

2014年には「小さいおうち」で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞します。

日本の女優では史上4人目で、23歳での受賞は日本人最年少との事、評価も

「(黒木の)演技力は群を抜いていた。」

 

日本でもその作品で、第38回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞も受賞し、

その年に最も活躍し将来の有望な俳優に贈られる、エランドール賞新人賞も受賞します。

 

まさに新人女優として演技力は誰もが認める事となります。

2015年には、映画「母と暮せば」で、第39回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞し、

2年連続最優秀賞助演女優賞に輝いたのは史上2人目の快挙でした。

女優 黒木華!誰もが認める演技力!名脇役から主演へ!映画、ドラマと活躍!

黒木華 ドラマ

2015年の映画「幕が上がる」でも、映画評論家の清水節らが、高く評価しており女優としての演技は折り紙つき!

 

2016年にはドラマ「真田丸」にも出演、2016年4月に始まるTBSドラマ「重版出来!」では、

なんと連続ドラマは初出演とのことです。

 

これだけ、賞を受賞して映画、ドラマ、舞台に引っ張りだこなのにドラマは初出演だったんですね!

確かに賞の実績を見ると、若手実力派で名脇役としてのイメージが強いですからね。

 

これからは、演技力は折り紙つきですので、主演として更に黒木華さんが活躍することを願っています。

せばな~