2016年9月1日に空手家が漫画のように熊を素手で倒すという事件が起きたことをご存知でしょうか?

 

この事件で一躍時の人となった空手家ですが、現在はどのような生活を送っているのでしょうか?

 

ということで今回は、素手で熊を撃退した空手家のその後について紹介します。


スポンサーリンク

熊を素手で倒す空手家・青木篤(63歳)の現在?撃退その後はモテモテ?

事件が起きたのは2016年9月1日13時45分、63歳の青木篤さんが長野原町の地蔵川で渓流釣りをしていたところで熊に襲われます。

 

熊は体長1メートル90センチほどの大きさでツキノワグマと言うことですが、青木篤さんは172センチと明らかに大きさが違います。

 

そしてツキノワグマは目があった瞬間に襲ってきました。

 

青木篤さんは避けきれずに飛ばされて、熊に右足を噛みつかれて首を振ろうとしたので、あわてて足を引き抜く。

その後、攻撃を避けて立ち上がった青木篤さんですが、熊の前足の爪で右目脇を引き裂かれます。

 

そこで青木篤さんは得意技の目潰しを食らわせようと、連撃します。

「攻撃をよけながら顔をブン殴った。
首を押さえ込もうとしたら頭を振って払われ、右前足を振り下ろしてきた。
上からはたいたら、バランスを崩して前のめりになって熊の顔が目の前に来た。その瞬間、右手人さし指と中指の2本で熊の右目を思いっきり突き刺した。
ヌルっていう感覚だった。よほど痛かったみたい。」

得意技の目潰しは見事くらい、熊は後ずさりして逃げていきました。

熊 素手
(画像引用元:http://toptwitter.com/ja/クマ撃退)

熊撃退後に青木篤さんは、自分で運転して病院へ向かい、かまれた額や右腕等の怪我はありましたがいずれも軽症で、全治2~3週間と診断されました。

青木篤は空手家!

実は青木篤さんは、20歳から沖縄空手の指導を受けて5段の達人でした。

素手 熊 撃退
(画像引用元:http://moriforest.com/archives/5231)

そして地元では名のしれた空手家でした。

 

そんな青木篤さんの得意技は大技より、目潰しや金的潰しを得意としており、より実践的に相手を倒すことに特化しているようです。

熊を素手で撃退後、現在の青木篤は?

まるで漫画のように、熊を素手で撃退した青木篤さんは、一躍有名となって海外のサイトにまで紹介されるほどでした。

 

さらに一週間、電話はなりっぱなしで、テレビや新聞、雑誌とうのマスコミが連日取材に来ていたそうです。

 

そのため青木篤さんはモテモテかと思いきや、そこまでモテなかったようです。

「下戸だからそんな店には行かない。
コンビニで『テレビに出てましたね』って声をかけられるか、北海道へ行った友人が『群馬にはスゴイ人がいるらしいね』って言われたぐらいかな。
あとは孫を高校に送っていった時、女子高生に指をさされて『キャー、キャー』って騒がれた。
孫は友達から『美紅のおじいちゃん、カッコイイ』って言われたらしいけど(笑い)」

どうやら、青木篤さんは真面目で酒も飲まず、そのようなお店には行かないので、そこまでモテなかったようです。

 

しかし、”群馬のすごい人”としては有名人のようですね。

 

さらに孫から、間接的に褒められて、おじいちゃんとしては満足ではないでしょうか?

 

ちなみに9人も孫がいるとのことで、さすが熊を撃退した空手家ですね。

スポンサーリンク

熊を素手で倒す空手家の現在?撃退その後は孫に喜ばれておじいちゃん感激!

実践的な得意技を携えて、素手で熊を撃退した青木篤さんのその後は、孫に褒められておじいちゃんとしては感激ですね!

 

今後は孫と幸せに、熊鍋を食べながら楽しく過ごしてください!

 

せばな~