スマップ解散後、夫婦ともに人気を急落させてしまった工藤静香さん。

 

そんな工藤静香さんは現在、イメージを回復しようと苦心しているようですが、上手く言ってないようです…

 

一体なぜここまで嫌われ者となってしまい、現在も批判が出ているのでしょうか?

 

ということで今回は工藤静香さんについて

工藤静香さんのプロフィール

工藤静香さんが嫌われている理由は?

現在イメージを回復しようとしていることとは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

工藤静香プロフィール

工藤静香 現在
(画像引用元:http://topicks.jp/51552)

別名      愛絵理
生誕      1970年4月14日
出身地     東京都西多摩郡羽村町(現・羽村市)
ジャンル    J-POP
職業      歌手・女優
活動期間    1985年 ~

 

1984年、応募総数歴代最大18万3325人の第3回「ミス・セブンティーンコンテスト」に出場して、特別賞を受賞した工藤静香さん。

同年に”セブンティーンクラブ”を結成し、1985年1月にレコードデビューから芸能活動を始めます。

 

1986年フジテレビ系「夕やけニャンニャン」のオーディションコーナーで合格し、、おニャン子クラブの会員としてみせる「バカキャラ」「ヤンキーキャラ」で注目されます。

 

おニャン子クラブで知名度を上げた工藤静香さんは1980年後半から1990年代後半にかけてソロ歌手として活躍して、女性アイドル四天王と呼ばれるまでになります。

 

その後は歌手やバラエティ番組とタレントとマルチに活動をしていた工藤静香さんは、2000年12月5日に木村拓哉さんと結婚。

 

出産と育児で芸能活動を遠ざけていましたが、現在は歌手活動だけでなく、絵画やアクセサリーやオーガニック食品などを扱うネット通信販売をしたりと多方面で活動をしています。

工藤静香の現在は嫌われ者の理由は?スマップ解散からインスタ開設で嫌い加速?

スマップ解散に工藤静香さんが関与していると言われていることで嫌われる事となりました。

 

スマップ解散のきっかけとなったのは、スマップの元マネージャーである飯島三智さんを追放したことに始まり。

メンバーにとって母親のような飯島三智さんの元に行こうとした所、木村拓哉さんが引き止めてジャニーズ事務所に残留したことでメンバー内の仲は最悪となります。

 

そしてこの木村拓哉さんに引き止める説得をしたのが、妻である工藤静香さんと言われています。

工藤静香 現在
(画像引用元:http://news-sk.com/geinou/3803/)

工藤静香さんはメリー喜多川副社長と交流があり、報復された時の恐ろしさもあったのか引き止めたようで、それが結果的にスマップ解散に行き着く原因となりました。

 

そんな「工藤が裏でキムタクを操っていたのでは?」という噂されて、夫婦共にSMAP解散の戦犯となって嫌われてしまいます。

 

実際に「週刊文春」の「嫌いな夫婦」ランキングでは2位の石田純一・東尾理子夫妻が得票数は356ポイントに対し、639ポイントと大きく引き離して1位に選ばれてしまいます。

工藤静香、イメージ回復にインスタ開設したが嫌いが加速?

「嫌いな夫婦」1位となってしまった工藤静香さんは、夫の木村拓哉さんと共にイメージ回復しようと奮起します。

 

「夫婦二人三脚」という表現を使うと聞こえはいいが、メリー喜多川副社長とも交流があってジャニーズ事務所でもある工藤静香さんは、実質指揮権をもっていて周りがやりづらいと煙たがれているようです。

 

それだけでなく最近開設したインスタグラムも賛否両論で嫌いと言われているようです。

工藤静香 現在
(画像引用元:http://girlstalk.komato.me/539359/)

今までは木村の妻であることを極力表に出さないように振る舞い、“内助の功”ぶりを評価する声もありました。

 

しかしインスタグラム開設後は、料理の写真や生活臭のある画像を度々載せて、家族のだんらんや夫に尽くす妻をアピールに夫婦のファンからは喜びの声があるが、批判の声もあるようです。

 

ただ木村拓哉さんのファンからも批判が来ているので、夫婦ファンと比べたら数の規模が違うので、批判が多いような気がします…

 

現在はイメージ回復のために家庭円満姿を見せましたが、それが逆にイメージを下げて嫌い加速と逆効果になっているようです…

スポンサーリンク

工藤静香の現在は嫌われ者?スマップ解散からインスタアピールで嫌い加速!

スマップ解散がきっかけで「嫌いな夫婦」一位と嫌われてしまった工藤静香さん。

 

その後、インスタで良い妻をアピールしますが更に批判されて、前の“内助の功”ぶりで静かに活動をしていたほうが良かったのかもしれませんね。

 

今後もイメージ回復の為にいろんな活動をすると思いますが、これでは全て逆効果になりそうで不安です…

 

せばな~