2017年に人気コミックを実写化した映画「東京喰種」の主演・金木研役が決まった俳優の窪田正孝さん。

 

彼はどんな役にもハマるカメレオンぶりの演技です。

最近は様々な実写化した作品に出演して”新・実写化俳優”として頭角を現し始めました。

 

そんな窪田正孝さんですが、

どんな俳優として活動をしてきたの?きっかけは?

窪田正孝の演技力は?

実写化俳優としての演技力は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新・実写化俳優の窪田正孝について!俳優になったきっかけは?

窪田正孝プロフィール

窪田正孝 実写化

生年月日    1988年8月6日
出生地     神奈川県
血液型     B型
職業      俳優
ジャンル    テレビドラマ・映画・舞台
活動期間    2006年 –
事務所     スターダストプロモーション

男3人兄弟の末っ子として生まれ、幼少期は食いしん坊で野球少年。

今の落ち着いた雰囲気とは違い、やんちゃで元気いっぱいの子供だったようです。

窪田正孝、俳優を始めたきっかけは?俳優デビュー

工業高校に通い、ガソリンスタンドで働きながら整備士を目指しており、芸能界に興味はありませんでした。

 

しかし、映画やドラマを見るのが好きで、俳優の山田孝之さんや市原隼人さんに憧れはあったようです。

 

そのため、母の勧めで「De☆View」の載っていた現所属事務所スターダストプロモーションのオーディションを受けて合格し、芸能界に入ります。

 

そしてダンスユニットの活動を経て、2006年フジテレビ系深夜ドラマ「チェケラッチョ!! in TOKYO」初主演ながら俳優デビューを果たします。

 

最初はただ単純に「楽しんでいた」窪田正孝さんですが、ドラマ「ケータイ捜査官7」を出演を機に「幸せに」かわりさらなる飛躍したようです。

窪田正孝のカメレオンぶりの演技力!実写化俳優として頭角をあらわす!

その後は数々の映画・ドラマに出演を果たします。

 

2012年にはNHK「平清盛」で平重盛役で大河ドラマに初出演を果たします。

 

同年映画「ふがいない僕は空を見た」の好演技で第34回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞、第27回高崎映画祭 最優秀助演男優賞し、

主演したガチバンシリーズでは第1回ジャパンアクションアワード ベストアクション男優に選ばれます。

 

演技力は実績もあり抜群でしたが、更に窪田正孝さんの知名度をグッと上げたのは2014年NHK連続テレビ小説「花子とアン」です。

「花子とアン」の出演だけでなく、同じ年に「Nのために」に出演したことで、第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞、第24回TV LIFE 年間ドラマ大賞 助演男優賞、新人賞を獲得します。

 

2015年にも「アルジャーノンに花束を」等と、引っ張りだこでORICON STYLEの「2015ブレイク俳優」で年間首位を獲得するほどの人気ぶりでした。

スポンサーリンク

実写化俳優・窪田正孝、演技力で原作ファンも納得させる!

そんな活躍を果たしている窪田正孝さんですが、実は2013年に人気コミック映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に好演しており、前々から実写化俳優として活躍していました。

 

窪田正孝 実写化

2015年には「デスノート」で夜神月役を演じ、最終回では原作の台詞を完全再現と演技力で原作ファンを納得させていました。

 

最近では2016年6月18日に公開した少女漫画原作の映画「MARS(マース)~ただ、君を愛してる~」にも出演しています。

 

どれも違う時代背景、役柄にもかかわらずハメていく窪田正孝さんのカメレオンぶりの演技は凄いです。

“新・実写化俳優”窪田正孝のカメレオンの演技力!今後もどんな活躍を!

どんな役柄もこなせるカメレオンぶりだからこそ色んな実写化でも文句を言われず起用され続ける窪田正孝さん。

 

現在は”実写化俳優”として存在感をだしていますが、窪田正孝さんの演技力であれば、他の演技のステージでも活躍しそうですね。

 

今後も実写化でどんどん出演して活躍を果たしていくのか?それとも俳優として新たなステージへ行くのか期待しています。

 

せばな~