2016年9月3日に連載40週年を迎えた週刊少年ジャンプで連載している「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が9月17日発売の「週刊少年ジャンプ42号」で最終回を迎えることになりました。

 

自分は文字が読めないころから絵本としてジャンプを読んでいたほどのジャンプっ子でした。

読んでいる頃には、もう両さんは銃をぶっ放すキャラではなく落ち着いていましたが、ジャンプに必ずあった物が無くなったようで凄くショックです…

 

そんなこち亀ですが、

こち亀が終了した理由は?なぜ?

こち亀終了後は作者はどうするの?

こち亀が終わって周りの影響は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なぜこち亀が終了した?両津勘吉が終わった理由は?周りの影響は?

まずは、このこち亀終了について以下のコメントを言っております。

びっくりさせて申し訳ないです。

今日、こんなめでたい席で終わっちゃうのは寂しいかもしれないけど、

本当はすごくおめでたいことで、少年誌で漫画が40年続くってことはまずありえないですよね。

やっぱり、少年誌は読んでくれる方がどんどん変わるし、ましてや週刊の方は色んな新しいのを入れながら動くってのが少年誌の王道なので。
そんな場所で40年描かせてもらえたことは本当に嬉しいことなんです。
ましてや200冊まで出してくれたっていう、集英社と週刊少年ジャンプ編集部に作家としては本当にどれだけ頭を下げても足りないぐらいです。
200巻は作家にとって、勲章みたいなものですね。

両さんはお祭りが大好きなんですね。

で、200巻ということで、区切れの200で止めるのが一番こう、ぱっと身を引くのもいいし、40周年でみんなで祝ってもらったときにスッと消える感じがやっぱり両さんらしいし、そしたらこれしかないなということで。

もちろん編集長とかはできるだけ描いてくださいというのもありましたけど、やっぱり両さんの引き際としては、200冊残して40周年で祝ってもらってスッと消えるのがやっぱり一番良い大団円の場かなと思いましてそれで決めました。

これ本当に作家冥利に尽きる話で、もちろんいつまでもずっと描きたい気持ちはもちろんあるし、『こち亀』のネタはまだまだ沢山あります。

でもやっぱり両さんはこれで一区切りつけて、機会があれば時々遊びにいくぐらいはいいかなと思ってます。

どうやら、まだまだネタも尽きないですし、作者自身も両さんを書いていて楽しいと感じており、書こうと思えば書けるとのことです。

 

確かにこち亀は時事ネタを使ってほとんど一話完結型なのでネタが尽きることはまずありえないですからね。

 

ただやはり区切りをつけるとしては、200巻で終わらせたかったのでしょう。

 

1977年に始まって2016年に200巻となると、次の区切りの良い300巻でも20年、250巻でも10年ほどかかりますからね。

 

今が万全な時で、両さんが好きなお祭りのように元気に辞めるのにはよかったのでしょう…

こち亀終了で芸能人等の周りの影響・反響は?

松本人志「ゴルゴ捕まえてほしい」

松本人志さんがMCの「ワイドナショー」でも出演した秋本治さんはこち亀の終了を発表しました。

 

その際に松本人志さんは、最終回で巻数で争っていた「ゴルゴ13」とのコラボでゴルゴを捕まえてもらいたいとしんみりムードを笑いに変えて発言。

 

秋本治さんも面白いと乗り気で、特別読み切りでと松本人志が食い下がったりしていました。

 

また松本人志さんはこのまま巻数が4桁まで行くのではないかと終わるわけがないと言って、背表紙がどうなるのかとあくまで笑いに変えて最終回について語っていました。

巻数ライバル「ゴルゴ13」の作者も

巻数でライバルだった「ゴルゴ13」の作者もこち亀終了についてコメントを残していました。

「ご苦労さまと言うしかない。
連載があれだけ長くなると、作品が自分のものではなくなるので、やめるにやめられなくなるものなんです。(こち亀は)雑誌の顔になっていましたから、よく決断できたなあ。
寂しいのと、うらやましいのと、不思議な気持ちです」

この発言は長期連載をしてきたものだからこそ出来る発言なのでしょう。

 

長期連載から開放された喜びや、いままで当たり前のようにあった漫画がなくなったりする寂しさといろんな感情が込められているのでしょう。

両さん役のラサール石井「つらい」

アニメの声優で、主演舞台「舞台版 こちら葛飾区亀有公園前派出所」に出演するラサール石井さんもこち亀終了についてコメントをしていました。

「つらいですね」
「びっくりしました。終わらないと思っていた。まだまだ続けてほしかった」
「分身のようなもの。活力が沸き、夢を見ている時期」
「ご苦労さまでした。新作に期待しています。一度食事したいです」

1996年のアニメの両さん役の声優をしたラサール石井さんも凄く思い入れがあったのでしょう

 

声優後もラサール石井さんはバラエティ番組で両津のコスプレやや声色を披露していたりと持ちネタとしてやっていましたからね。

スポンサーリンク

NHKのアナウンサーこち亀終了がショックで噛む

NHKのニュースでもこち亀終了について報道がされました。

 

しかしその際に、アナウンサーはさぞショックだったのか「派出所」を何度も噛んでしまいました。

 

アナウンサーといばしゃべりのプロですからいくら言い難くても言えるはず。

ましてや天下のNHKで中堅クラスのアナウンサーですからね。

 

このアナウンサーもかなりショック過ぎて何度も噛んでしまったのでしょう…

こち亀作者次の作品はもう描いてある?

こち亀が終了することが決まりましたが、作者の秋本治さんは漫画家をやめることはなく続けるようです。

 

しかもこち亀と同時並行で描いているものがあるとのこと!

 

こち亀が終了するのはファンにとって悲しいですが「終わりがあれば始まり有り」と次の漫画に期待しましょう!

こち亀終了の理由はお祭りのように区切りたかった!両津勘吉よ永遠に!

自分が生まれている頃にはもう数十巻もやっていたこち亀。

 

しかし、ずっとジャンプを読み続けていた自分にとっては、なにかジャンプに無くてはならないものが無くなったと感じずにはいられません。

 

こち亀が終了するのは悲しいですが、こうやって両さんの好きなお祭り騒ぎで区切り良く最終回を迎える瞬間を見れるのは、長いことジャンプを見てきた自分にとっては幸せなのかもしれませんね。

 

せばな~