いつもイジられているアンジャッシュの児嶋一哉さんですが、味音痴でも有名でイジられています。

 

そんな児嶋一哉さんの味音痴エピソードは?

また、味音痴の理由・原因は何なのでしょうか?

 

ということで今回は、児嶋一哉さんの味音痴エピソードと、味覚音痴な理由を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

児嶋一哉 プロフィール

児嶋一哉 味音痴
(画像引用元:https://tblg-mag.k-img.com

ニックネーム  コジ
生年月日    1972年7月16日
出身地     東京都八王子市
血液型     A型
身長      177cm
事務所     プロダクション人力舎
活動時期    1993年~

 

ジャニーズ事務所に履歴書を送ったこともある児嶋一哉さんですが、その後はお笑いを目指そうとします。

 

しかし、当時は東京にお笑いの養成所がなく、同じ中学校の先輩であるヒロミさんに弟子入りをしようとしたが断られてしまいます。

 

それからヒロミも所属していたことがあるプロダクション人力舎が、スクールJCAを開校する事を知って入学します。

 

入ったが相方が見つからずピン芸人として1993年デビューし、1994年に5人目で今の相方となる渡部建さんとアンジャッシュとしてデビューします。

 

アンジャッシュとしては2000年代から始まったお笑いブームにより、「エンタの神様」「笑いの金メダル」等の人気番組で活躍していきます。

 

2004年にはコンビとして初の冠番組「白黒アンジャッシュ」がスタートして千葉テレビの人気番組となっています。

 

また児嶋一哉さん個人では2008年に出演した黒沢清監督作品「トウキョウソナタ」で演技力を高く評価されており、以降は俳優として活動も増えていきます。

 

さらに2011年頃から児嶋一哉さんは自身のダメ人間キャラ・ポンコツキャラで注目を集めており、個人でのバラエティ番組の出演も増えていきます。

 

2013年4月2日から放送の「Girls TV! feat.SUPER☆GiRLS」では単独で初めてのMCを担当もしています。

アンジャッシュ児嶋一哉の味音痴・味覚音痴?バカ舌の理由は?

児嶋一哉の味覚音痴・バカ舌エピソード

キャベツとレタスが分からない

児嶋一哉さんは「キャベツかレタスか」での食べ比べをして区別が出来ないことで有名です。

 

この「キャベツかレタスか」での食べ比べの企画は何度も児嶋一哉さんは行っていますが、それでも「両方キャベツ?」と言ったりしています。

 

しかし、最近は「キャベツかレタスか」の食べ比べで言い当てているので少しは改善したのでしょう。

牛肉・豚肉・鶏肉の区別がつかない

児嶋一哉さんは牛肉・豚肉・鶏肉の区別がつかないのも有名です。

「牛、豚、鶏肉の違いがわからなかった。肉はなんでもうまいと思って食ってました。
意識するようになってから、自分は豚肉の油の甘味がすごい好きなんだなぁってことに気付きました」

児嶋一哉さん曰く、肉ならなんでも好きと貧乏舌らしく、そのため肉なら美味しければいいと区別がつけなくてもよかったようです。

 

しかし、いじられる過ぎて意識するようになり、豚肉が好きだったと今更気づいたようです。

生姜とニンニクの違いわからない

児嶋一哉さんは生姜とニンニクの違いも分かりませんでした。

 

実際に、にんにくと生姜であることは伏せて、食べ答えるする企画で、児嶋一哉さんはにんにくを生姜、すりおろした生姜をマスタードと答えてしまうほどです。

「昔はそうでしたね。いまはさすがにわかるかなぁ。これも人に話すと『はぁ?』って言われるんですけど、(味の違いを)考えたことがなかったんですよね。肉の種類についても一緒なんですけど、意識したことがなくて」

肉の区別がつかない時もそうですが、児嶋一哉さんは「美味しければなんでも良い」とバカ舌ですので、そのため生姜とニンニクも区別がつかなったようです。

味をすぐ忘れる

「刺し身とかもすごい好きで、うまいなぁって思うけど種類を全く覚えられないんですよ。
ちょっとは覚えなきゃと思って、お店に食べに行った時とかになんの魚かを当てる問題を出してもらうんですけど、結局次の時には忘れている」

児嶋一哉さんは俳優として台詞は覚えられるが、すぐに味を忘れて覚えられないようです。

 

また、きのこの種類もわからなかった児嶋一哉さんですが、唯一「しめじ」は覚えたとのことです。

味付け前のビーフシチューを完食

児嶋一哉さんの嫁が味付け前の状態まで作っていたビーフシチューを用意し、出掛けてしまいました。

 

そこでお腹を空かした児嶋一哉さんが帰ってきて、うまそうだとついつい味付け前のビーフシチューを食べてしまったそうです。

 

そんな味付け前のビーフシチューが美味しいと止まらなくなり、全部食べてしまったとのことです。

 

「確かにいま考えると、ちょっとシンプルな味だったなぁって思うんですけど、腹減ってたのと、とにかくうまいと思っちゃったんで、止まんなかったんですよ」

やはり、とにかく児嶋一哉さんは美味しければ何でも良いというスタンスのようです。

もはや白身魚のムニエルじゃない

児嶋一哉さんは嫁とテレビを鑑賞している際に、美味しそうな白身魚のムニエルを見て食べたいとリクエストしたそうです。

「今度、あれの魚を豚肉にしたしょうゆ味のやつ作ってよ」

ところが、リクエスト内容が、材料が肉と変わっており、もはや白身魚のムニエルではない別物の料理をリクエストしていたのです。

スポンサーリンク

お弁当大好き!

児嶋一哉さんはとにかく弁当が好きで、電車や新幹線でもお弁当を空けて味噌汁を床に置いて食べており、笹塚~新宿の5分間で食べたこともあるそうです。

 

さらには、お弁当を出かける前に弁当を食べちゃったりもしています。

 

実際にディズニーランドで彼女がお弁当を作ったが持ち込み禁止を知って外で食べたら満足してディズニーランドに入らなかったこともあります。

児嶋一哉は本当に味覚音痴?色々テストしていた?

「さんまのからくりテレビ」でも味覚調査を行い、医者に「相当重症」と言われ、味の記憶が曖昧で判断できていないと言われている児嶋一哉さん。

 

ただし、以前は区別できなかったキャベツとレタスは現在は判断できるようにあり、ウーロン茶と紅茶の判断も出来たのです。

 

また、店の料理とコンビニ・スーパーの料理との食べ比べは6問中全て正解するほどですので、どれが美味しいというのも判断できるようです。

児嶋一哉 味音痴
(画像引用元:https://tblg-mag.k-img.com

味覚の感度を評価するト5味(甘味・酸味・塩味・うま味・苦味)識別テストでは、2つ正解して合格ラインは4つには届かず不合格となっています。

 

味蕾という舌の上にある小さな突起の数調べるテストでは、普通に数だったので味覚を感じること関しては問題なかったようです。

 

このことから児嶋一哉さんは味覚は正常で、どれが美味しいということは判断できますが、美味しいければ何でもよいという考えだったので、味を忘れることが原因かと思います。

アンジャッシュ児嶋一哉の味音痴・味覚音痴!バカ舌の理由は忘れるから?

いつも味音痴で弄られる児嶋一哉さんですが、身体的に味を判断出来ないわけではなく、ちゃんと美味しいということは判断できるようです。

 

しかし、美味しいければ何でも良いという考えなので、すぐに味を忘れるから味音痴と言われているようです。

 

まぁ、何でも美味しく食べてくれる人のほうが、料理を作る人にとっては楽かもしれませんが、作りかけを全て食べられるのはちょっとびっくりですね!

 

今後もその味を覚えられないことを駆使し、児嶋一哉さんはさらにいじられることを期待しています!

 

せばな~