スポンサーリンク

TBSのアナウンサーで退職することになった小林悠さん。

その原因が、健康上の理由と言っていましたが、なんと「適応障害」を患っていることがわかりました。

 

どうして適応障害を患ってしまったんだろう?その理由は?

適応障害ってどうなるの?治れば退職から復帰出来ないの?

 

気になりましたので、

前回、小林悠さんの事を書きましたが更に調べて紹介します。

⇒仏像鑑賞!?変わり者小林悠アナウンサー!体調不良で復帰は?

小林悠、退職に追い込んだ「適応障害」になった原因はTBS?

小林悠さんを退職に追い込んだ適応障害ですが、その決め手になったのは熱愛報道後のTBSの対応でした。

小林悠 退職

数十億円の資産を持つベンチャー企業の元経営者との熱愛報道により、

TBSの上層部は小林悠元アナが「第二のベッキー」になり、TBSが多大な損失してしまう事を恐れていました。

 

その為、熱愛発覚時は

「アナウンサーとしての詰めが甘い」

と小林悠元アナを強く問い詰めたようです。

 

そして、何故かTBSの一部関係者しか知らないはずの情報が掲載。

小林悠元アナが話していないことまでも、あたかも彼女の発言として掲載されて更に追い込み。

 

もともと、人気アナでテレビ、ラジオと大忙しの上に、この事がきっかけで過剰なストレスで「適応障害」にかかり、退職に至りました。

小林悠を退職に追い込んだ、適応障害って?

スポンサーリンク

適応障害は、辛い出来事や思い通り行かない社会的なストレスが溜まり、引き起こします。

小林悠元アナもTBS側、マスコミ、視聴者からのプレッシャーともともと、忙しくて溜まっていたストレスで引き起こしました。

小林悠元アナのように適応障害になるとどうなるの?

 

身体的な問題だと不安、恐怖感、焦燥感、それに伴う動悸、吐き気、涙もろさ、が起きます。

他にも頭痛、倦怠感、腰背部痛、感冒様症状、腹痛と病気をになることも。

 

問題行動も起こす可能性があり、勤務怠慢、過剰飲酒、ケンカ、無謀な運転をします。

 

精神的には、 憂うつ、喪失感、絶望感を感じてしまいます。

小林悠の適応障害は改善できる!うつ病との違い

適応障害の場合、ストレスの改善をすれば治る可能性があります。

仕事上の問題でストレスとなっている場合、ストレスの原因を取り除き、休みに趣味を楽しむここで改善することが出来ます。

 

今まで、小林悠さんは、仕事が多忙でストレスが溜まっても趣味の「仏を浴びに(仏像を見物)」と寺院にでかけて解消できました。

 

今回、過剰のストレスの原因、

「熱愛報道によるTBS、マスコミ、視聴者のプレッシャー」

を取り除けば適応障害を改善できると思います。

 

ちなみに、うつ病の場合は更に深刻で、なってしまうとストレスの原因を取り除いても、憂鬱の気分が続いて何も楽しめなくなります。

退職した小林悠!適応障害を治してアナウンサー復帰はあり得る!

適応障害はうつ病とは違い、まだ早めに改善出来るものです。

小林悠 退職「熱愛報道によるTBS、マスコミ、視聴者のプレッシャー」のストレスの原因を取り除けば、小林悠アナの復帰はありえます。

 

その為にはまず、TBS側の対応の改善。

そしてマスコミ、視聴者が小林悠さんに目を向けさせないように、熱愛報道のほとぼりが冷めるまで休むこと。

 

今はゆっくり休んで、小林悠さんは趣味の「仏を浴び(仏像を見物)」に寺院に出かけてリフレッシュしてください。

⇒仏像鑑賞!?変わり者小林悠アナウンサー!体調不良で復帰は?

せばな~