2017年10月6日放送の「爆報!THE フライデー」では、南野陽子主演「スケバン刑事」で準主役を演じた美人女優・小林亜也子さんの現在が紹介されます。

 

スケバン刑事の準主役まで活躍した小林亜也子さんですが、その後すぐに引退しましたが、現在は女社長に転身したのです。

 

いったい、なぜ小林亜也子さんはすぐに引退をしたのでしょうか?

また、スケバン刑事から社長に転身するとはどういった経緯があるのでしょうか?

 

ということで今回は、小林亜也子さんの芸能界引退理由と、スケバン刑事から社長にまで上り詰めた経緯を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

小林亜也子 プロフィール

小林亜也子 スケバン刑事
(画像引用元:http://scontent.cdninstagram.com

本名      森川あやこ
生年月日    1969年2月6日
出身地     兵庫県神戸市
血液型     A型
身長      156cm
活動
デビュー    1987年

 

高校時代は兵庫県立宝塚北高等学校演劇に所属し、1986年11月に行われた「映画『スケバン刑事』 全国縦断オーディション」を受けた小林亜也子さん。

 

オーディションは応募者78000人で、その中からグランプリを獲得したことで1987年、映画「スケバン刑事」で準主役を演じてデビューを果たします。

 

ところが女優業に挫折し、テレビシリーズの続編が企画されるも出ずに、完全オリジナル作品として製作された「スケバン刑事III」の最終回に出演するだけでした。

 

その後は目立った芸能活動をせずに芸能界を引退しました。

小林亜也子の現在?スケバン刑事から引退し、社長までの経緯は?

小林亜也子の引退理由?

「自分には向いてないんじゃないかな」と思っていたのですが、今考えればプロとしての自覚もなかったし仕事を楽しむ工夫もしていなかったなと思います。

帰りに寄り道して買い食いをするということの楽しさにそれがなくなってから気づいたんです。

それから嫌がらせとか色んなことがあって正直社会は怖いな、と思いました。

小林亜也子さんは応募者78000人のスケバン刑事のオーディションから選ばれましたが、本人は何も女優として覚悟を持っていなかったのでした。

 

また、女優業を楽しむ事もできなくなり、嫌がらせもあって社会が怖いなと感じたのです。

 

それだけでなく、小林亜也子さんの高校はマスコミ出演が禁止で特別に許可を貰っていましたが、スケバン刑事に出演したことで問題が起きます。

 

スケバン刑事は人気でしたので、学校でファンが待ち伏せしたり、通学中に騒がれたり、嫌がらせをされたりと学校生活でも嫌な思いをしていました。

 

さらに、保護者から学校のマスコミ出演禁止ルールを破っているとして抗議もきていたそうです。

 

こうして小林亜也子さんは芸能界を楽しめなくなり、周りからの嫌がらせや嫌なことが続いて芸能界を引退して大学を進学したのでした。

芸能界引退から社長になるまでの経緯

就職して結婚・子育てへ

小林亜也子さんは色々芸能界で怖い思いをしましたが、それでも「自分が上手く人間関係を上手く築けていなかったから」と考えました。

 

そのため、人間関係を上手く築くにはどうすればいいのか、人材業界に入ろうと最初は就職情報誌の原稿を作る仕事をしてました。

 

しかし、その会社も体調を崩したせいですぐに転職して人材派遣会社に就職しました。

 

ところが転職した人材派遣会社でも仕事が出来ず、先輩との人間関係が上手くいかずに資料を隠されてしまったりと嫌がらせをされてしまっていたのでした。

 

ただ、仕事は楽しかったらしく、その後、結婚して会社を辞めて子供も生まれたので子育てに集中していました。

スポンサーリンク

専業主婦から復職

子育てのため会社を辞めた小林亜也子さんですが、その会社は育児から復帰できる会社ではなく、旦那も専業主婦でいてもらいたいという願いから辞めざる得なくて辞めたのでした。

 

それから子育てをしてましたが、子育ても慣れてくると1人を感じることが多くなり、旦那だったりと人の嫌な所も見えてきてしまったようです。

 

そのため友達に相談したようですが、「自分の世界を持った方がいいよ」をアドバイスされたのです。

 

アドバイスされた当初はショックだった小林亜也子さんでしたが、色々考えるようになったのです。

 

そして、新聞を見たらたまたまコールセンターのパートの求人があったので、人前に出ない仕事が良いと思い、コールセンターの仕事を始めたのでした。

転職、起業して女社長に

コールセンターの仕事はクレーム処理と最初は大変だったようですが、慣れてくるとクレームも貰わなくなり、色々工夫しだし、意見を言ったりと成長していったのです。

 

そして、このコールセンターの仕事で得たスキル・知識を活かして研修会社にインストラクターとして転職をしたのです。

 

最初は個人で研修講師をやっていて仕事に慣れた矢先に、自分の行かせてもらっていたお客様のところに継続していけなくなったりと挫折を味わいました。

 

そんな挫折を味わった時期に、講師としてSNSを積極的に使い、自分主催の交流会を開いていましたが、そこであった人に仕事がなくなった話をしたら「仕事がないなら自分でつくっちゃいなよ」とアドバイスを貰ったのです。

 

そのアドバイスをから、自分の経験や強み等を整理していって個人で仕事するようになったのです。

 

前の会社に居ながら個人で仕事をとっていたようですが、個人での活動が2,3年続いた辺りで会社から「個人的にセミナーをやってもらっては困る」と言われ、企業をしたのでした。

 

それから、2008年に「officeアイム」という会社を立てました。

小林亜也子 現在
(画像引用元:https://stat.ameba.jp

「officeアイム」では「笑顔」「コミュニケーション」「表現力アップ」「チームワーク」に関わる講座・講演・研修を全国各地で開催し、小林亜也子さんは本名の「森川あやこ」として活動しています。

 

2011年には講演エージェント最大手の登録講師約8000人の講師の中からビジネス講演部門では人気講師ランキングベスト10入りを3年連続果たしています。

小林亜也子の現在?スケバン刑事引退から社長までは何度も挫折していた

小林亜也子さんは現在は社長になっていますが、それまで芸能界で挫折、最初の就職先で挫折を何度も挫折を味わっていました。

 

しかし、仕事の楽しさを見出し、自分で考えて行動した結果、様々な知識やスキルを手に入れて社長にまでのし上がっていったようです。

 

今後も様々な経験や知識・スキルのもとさらに講師として活躍することを期待しています。

 

せばな~