北朝鮮ミサイル問題と話題なっている金正恩さんですが、その黒電話のような髪型にも注目がいっています。

 

実はこの髪型は覇気カットまたは覇気ヘアーという髪型のようですが、なぜこのような髪型をしているのでしょうか?

 

ということで今回は、金正恩さんの黒電話のような髪型「覇気カット」について紹介したいと思います。


スポンサーリンク

金正恩 プロフィール

金正恩 髪型
(画像引用元:https://rpr.c.yimg.jp

生年月日    1984年1月8日
出身地     北朝鮮、平安北道昌城郡・元山市・平壌市(三説あり)

 

北朝鮮の第2代最高指導者である金正日総書記の三男として金正恩さんは生まれました。

 

実は大阪出身の在日朝鮮人の母親を持ち、幼少期から日本人の専属料理人、藤本健二が作った寿司を好んで食べたり東京タワーに興味を持ったりと日本文化を囲まれた環境で育ちました。

 

1996年9月からはスイスに留学し2000年以降に帰国して北朝鮮内における最高の教育機関である金日成総合大学に在学し、軍の教育機関である金日成軍事総合大学で訓練をしていました。

 

2010年9月27日に金正日は金正恩ら6人を朝鮮人民軍の大将に昇進させる朝鮮人民軍最高司令官命令を発し、これらの動きから金正日の後継者としての地位が確定したのです、

 

2011年12月17日に金正日が死去により、同年12月30日に金正恩さんは「党・軍・人民の最高指導者」と呼称して金正恩の権力継承し、北朝鮮の最高指導者となったのです。

金正恩の黒電話のような髪型は覇気カット?覇気ヘアーする理由は?

金正恩さんの黒電話のような奇抜なカットは、覇気を感じさせるスタイルとして「覇気カット」と呼ばれています。

金正恩 黒電話
(画像引用元:http://junkuwabara.com

この覇気カットはストレスによって出てきた白髪とハゲを隠すための苦肉の策だったようです。

 

特にサイドの白髪がひどく、そこをカットして全体的に赤く染めているらしいです。

覇気カットは高等技術?

黒電話のような髪型の覇気カットは一見、バリカンで簡単にできると思われがちです。

 

しかし、仕上げにはかなり高度な技術が必要で、都内の人気美容師が語るほどでした。

 

「特徴はそそり立つようなサイドの逆アール。あれだけ完璧な左右対称の曲線を作るのは至難の業。」

「ハサミで仕上げますが、相当神経を使うはず。失敗すると命にかかわりかねないですから。
このアールの利いたスタイルによって、より攻撃的な見栄えになっています」

仕上げには高度な技術が必要なだけでなく、相手は北朝鮮の最高責任者で何人もの人物を排除してきたということもあり、相当神経も使うはずです。

 

そのため、あの黒電話のような髪型「覇気カット」は高等技術で神経を研ぎ澄まさなければできない髪型なのです。

スポンサーリンク

北朝鮮で覇気カットが強制で不満?

2014年3月にあの金正恩最高指導者と同じ覇気カットの髪型にすることが「推奨」されています。

 

北朝鮮では以前から市民の髪型に女性は18種類、男性は10種類の中からしか自分の髪型を選ぶことができませんでした。

 

今回はさらになり強制力をもつ、金正恩最高指導者と同じ覇気カットの髪型にすると「推奨」されたので市民の男性はこの髪型をしなければならないようです。

 

しかし、この覇気カットの髪型に少なからず不満の声が出ており、「あの髪型がすべての人に似合うとは限りません」等と匿名で述べている人もいました。

金正恩の黒電話の髪型は覇気ヘアーは神業!覇気カットは流行するか?

金正恩さんの黒電話のような髪型は「覇気ヘアー」で、実は高等技術で神経を研ぎ澄まさなければ仕上げれない代物です。

 

そして、北朝鮮の市民はこの黒電話のような髪型を推奨されており、少なからず不満の声があるようです。

 

しかし、似合う人は似合いますので、みなさんもあの髪型を仕上げることが出来る美容院を見つけたら、一度覇気カットをしてみてはいかがでしょうか?

 

せばな~