2017年4月20日放送の「アウト×デラックス」では美のカリスマ君島十和子さんが出演します。

 

君島十和子さんは、美のカリスマで徹底的に美を求めるがあまり、食生活は想像を超えるほどアウトな部分を持たせているとのことです。

 

そして、君島十和子さんの娘は宝塚に入っているとのことですが、どうなっているのでしょうか?

 

ということで今回は、君島十和子さんのアウトな食生活と娘さんのご様子を紹介します。


スポンサーリンク

君島十和子 プロフィール

君島十和子 食生活
(画像引用元:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

別名義     吉川十和子、吉川とわ子
生年月日    1966年5月30日
出身地     東京都
身長      167 cm
活動
ジャンル    女優
モデル内容   一般
他の活動    ファッションモデル、実業家

 

中学のときから「吉川とわ子」の芸名で雑誌「mc Sister」にてモデル活動と芸能界で活動をしていた君島十和子さん。

 

高校では雑誌「週刊セブンティーン」に掲載されたり、高校3年生の時に「’85JAL沖縄キャンペーンガール」に選ばれたり、1986年には「JJ」の専属モデルにもなっています。

 

モデルとして活動をしていましたが、1988年NHK銀河テレビ小説「新橋烏森口青春篇」で女優デビューを果たしています。

 

女優デビュー後は映画・テレビ・舞台と幅広く活動しますが、1995年君島一郎 (デザイナー)の婚外子である君島明さんと結婚したことで芸能界を引退します。

 

ところが、旦那の遺産をめぐる騒動から倒産して40億円の借金を背負ったりと苦労していました。

 

しかし、君島十和子さんは自身が立ち上げたブランド「フェリーチェトワコ(FELICE TOWAKO )」が大ヒットし、借金から見事復活を遂げたのです。

 

現在は実業家として芸能活動もしており、洋服や化粧品のブランドプロデュース業をしています。

君島十和子の食生活・食事習慣がアウト?娘は宝塚?

食生活アウト?

君島十和子さんは徹底的に美を追求するがあまり、様々な食生活のこだわりがあります。

 

以下が、君島十和子さんが語っていた食生活のこだわりです。

 

【食べ物】

  • 納豆を毎日食べる
  • 朝はプロテイン、ファイバー、ごま、大麦の粉を混ぜたものを飲む
  • 菌の違うヨーグルトを毎日食べて腸内環境を整える
  • ヨーグルトにはちみつを混ぜて食べることもある
  • きなこをなんにでもかけて食べる
  • 肌の材料になる良質なタンパク質をしっかりと摂取する
  • 抗酸化成分のある食材をたっぷりと摂取して内側から徹底的にケアする
  • 味噌汁は毎日食べる(美しくなれ具材は長芋のすりおろし、青のり、和がらし)

 

【食べ物に付け足し】

  • 美しくなるためにバルサミコ酢を使う
  • オリゴ糖が豊富に含まれているきなこと、黒ごまが同時に摂取できる黒ごまきな粉をヨーグルトのなかに入れて、朝食に食べる

 

【飲み物】

  • 抗酸化ケアのために亜麻仁油をひとさじ飲む
  • 食事をするときには脂肪の吸収を抑えてくれるプアール茶を飲む
  • 抗酸化ジュースを作って飲む(しょうが、りんご、人参、レモン)
  • 内側からのケアのため、「メロディアン水素たっぷりのおいしい水」を飲むようになった

 

【食事制限】

  • 食べすぎたときは食感を14時間ほど置いて白湯を飲んで胃腸を休ませる
  • 冷たいものは飲まない
  • 40代を過ぎてから食べないダイエットはしない、タンパク質をしっかりと摂取して、炭水化物は昼間食べ、夜は食べない
  • 夕食を作る前が一番お腹が空くので、ナッツを1日10粒と決めてつまむようにしている
  • 腸の状態が肌に直結するので、腸内環境を常に整える食事を摂取するように、一日おきにウォーキングで腸を活性化する

 

こだわりが多すぎてヤバイですね…

しかし、これだけこだわっているからこそ、現在も美しいままなのでしょう!

スポンサーリンク

君島十和子の長女・娘は宝塚で活動?

君島十和子 娘
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

本名          君島 憂樹(きみしま ゆうき)
生年月日        1997年4月27日
出身校         日本女子大学付属高校(1年修了)
身長          170cm
所属組         月組
宝塚音楽学校入学    2014年
宝塚歌劇入団      2016年
入団期         102期生(男役)
初舞台         星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」

 

君島十和子さんの長女の娘は2014年に倍率26.6倍の宝塚音楽学校に受験して入学しています。

もともと君島十和子さんは宝塚ファンで娘を宝塚に入れたいという思いもあったので、合格した時は娘とともに君島十和子さんも涙を流して喜んでいました。

 

そして2016年に宝塚音楽学校を卒業して宝塚歌劇入団し、「蘭世惠翔(らんぜ けいと)」として活動を始めたばかりのようです。

 

ちなみに新人公演では「NOBUNAGA」では二条晴良(関白)、「グランドホテル」ベルボーイとして出演したとのことです。

君島十和子の食生活・食事習慣がこだわりすぎ!娘は宝塚で活躍に期待!

君島十和子さんは美を追求するがあまり、かなりのこだわりの食生活をしているようです。

 

しかし、そのおかげで現在も美しいままで、旦那さんも鼻高々でしょう。

 

そして長女は宝塚歌劇入団したりと、期待が膨らみますね!

今後も家族ともども活躍することを期待しています!

 

せばな~