2015年8月21日に秋元康のプロデュースにより誕生した欅坂46。

その勢いは乃木坂46の妹分という事で、女性ファンも多く大人気。

 

しかし、ある衣装をしていたことにより、日本のみならず世界各国からも非難・批判される状況となってしまいました。

 

ということで今回は、批判された内容とともに、

どれくらい欅坂46は批判されているの?

批判されて、欅坂46側はどう対応した?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

欅坂46のナチス軍服のコスプレで問題!世界各国から批判されてもデザイナーは後悔なし!

欅坂46 ナチス
(画像引用元:http://sumage.blogantenna.link/kiji/CMdI/)

今回問題となったのは10月22日横浜アリーナで開催されたハロウィーンライブで着用した衣装が「ナチス・ドイツ」の軍服風なコスプレにより世界各国からも批判がきています。

 

事が大きくなったのは、英大衆紙デーリー・ミラーで「ナチス・ドイツ」の軍服風なコスプレでツイッター等のネットで批判されている報道を受けたきっかけで、世界各国からも批判されてしまったようです。

ナチス軍服で欅坂46が世界各国からの批判!

イスラエル大使館にて

「メンバーの皆様をホロコースト(ドイツでのユダヤ人大虐殺)に関する特別セミナーにご招待させて頂きたい」

と、イスラエル大使館では本用にフェイスブック上にて申し出ていました。

 

またタレントとして影響力があるのこのような問題をについて、知識を持つことが必要だと冷静にこのような対応を取りました。

韓国でも批判の的に?

お隣の国である韓国でも今回のナチス軍服問題を批判しており、韓国ニュースにも報じられてしまいます。

韓国のネットユーザーたちからは、

「日本の歴史教育不在の結果だ」
「日本人には歴史認識というものが欠けてるみたいだね」
「韓国でもさすがにこれはやらない」

と日本を批判するとともに、それに乗じて韓国で問題視される旭日旗についてもおかしいと発言をしていました。

世界最大といわれるユダヤ系人権団体からも…

「我々はグループのプロデューサーである秋元康氏とソニー・ミュージックに対し、この不適切で侮辱的な表現について謝罪を求める」

「10代の若者がナチス風の衣装を着てステージや観客席で踊っているのを見ることは、ナチス大量虐殺の犠牲者に多大な苦痛を引き起こす」

世界最大といわれるユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」からも10月30日に正式に非難と謝罪を求めるコメントしています。

 

SWCは10代の何もわからない子達に踊らせていた監督不届きではないかと、冷静に非難しているようですが、その心の中はかなり怒っているのでしょう…

スポンサーリンク

非難・批判を浴びて欅坂46側の対応は?

欅坂46 ナチス
(画像引用元:http://colorfulnews.info/news/entertainment/8433/)

この世界各国からの非難・批判により欅坂46の総合プロデューサーである秋元康さんはナチスの軍服風コスプレを「ありえない衣装」と言い、事前報告がなくチェックをしていないと弁明をしながら、監督不届きとして謝罪をしていました。

 

欅坂46が所属する音楽会社ソニー・ミュージックエンタテインメントからも沢山の問い合わせに対して、不快な思いをさせてしまい申し訳ないと謝罪をしていました。

 

そして謝罪した秋元康さんとソニー・ミュージックエンタテインメントからは、今後一切問題となった衣装は着用しないと宣言しました。

謝罪の中、ナチスの軍服をデザインしたデザイナーは後悔はせず

「ザワつくほど話題性がある欅はすごいですね」
「いつ辞めても後悔の残らないようなに毎回精一杯作らせてもらっている」
「何かあっても後悔はないですけどね」

ツイッター上でこのナチスの軍服問題のざわつき度に驚きをしつつ、何があっても後悔をしないと言ったのは今回軍服を作ったデザイナーさんでした。

 

この声に対してやはり謝罪はないのかと様々な声が届いており、今後のデザイナーさんの対応や処遇も注目されているようです。

欅坂46のナチス軍服風コスプレで世界各国から批判・非難の嵐!謝罪後の対応は?

日本を飛び越えて批判・非難の声で話題となってしまった欅坂46。

 

その問題は重く総合プロデューサーや音楽会社までも謝罪をしており、デザイナーも今は後悔としか発言をしていませんが、今後無理矢理でも謝罪をさせられる可能性はありそうですね。

 

今後欅坂46はどうなってしまうのか?

 

欅坂46のファンだけでは抑えられない状況で解散までならなければいいのですが、一生懸命やっていたメンバー達の今後がどうなるか不安です。