2016年5月29日放送の「おしゃれイズム」に出演する個性俳優・加藤諒さん。

加藤諒さんといえば、あの眉毛やカツラと個性的なキャラで俳優以外でも活躍していますね。

他にもオネエ口調が目立っており、共演者の女性とも明らかに距離感が近くオネエ疑惑が出ていましたね。

 

そんなオネエ口調でオネエ疑惑が出ている加藤諒さんですが、

本当にオネエじゃないの?

女好きなら、なぜオネエ口調?理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

加藤諒は女好き?オネェ疑惑の真相は!オネエ口調の理由は?

加藤諒 オネエ 口調

加藤諒さんがオネエ疑惑が出た発端は、2012年ドラマ「主に泣いています」でオネエ役をやっていた事です。

 

その後は、オネエ口調で、しかも共演者の女性と距離感が近いし、共演者の女性も異性と見ていないのか距離感が近くても嫌がらないことでオネエ疑惑が一層深まりました。

加藤諒は女好き?女性に告白!でも振られる

そんなオネエ疑惑が出ている加藤諒さんですが、自身ではオネエではないと否定しています。

 

番組の企画でも何度か、女性にも告白しているようです。

 

バラエティ番組で初恋の人に告白する企画では、

「25年間付き合ったことがない、自分だけど付き合ってください!」

と告白したが轟沈。

 

他にも2016年2月10日「ナカイの窓」でも森三中の黒沢かずこさんに告白しました。

しかし、振られます。

 

加藤諒さんの好きなタイプはぽっちゃりして優しいそうな女性です。

 

だから、黒沢かずこさんが好きになったんですね。

昔すきだった女性タレントも柳原可奈子さんだと言っており、加藤諒さんは本当にぽっちゃり体型が好きなんですね。

スポンサーリンク

加藤諒はオネエ口調には理由があった!母の教えで今がある!

加藤諒さんがオネエ口調は幼少期の姉の影響でした。

姉とおままごとをするのが好きで、そのため自分の事を「ウチ」と呼んだりと口調が変わっていたとの事です。

 

そのことで学校の先生からは

「ウチって言うからオカマみたいって言われるんだよ」
「僕って言いなさい」

と注意されていました。

 

しかし加藤諒さんが女性のようなしぐさをして、オネエ疑惑が出るような口調でも、加藤諒さんの母は否定をすることはありませんでした。

「レールを敷いたところに『走っておいで』みたいなのはスゴく嫌だったので」
「あんまり深く言っても、かえって反発して変な道に進む」

と加藤諒さんの母は考えて、あえて加藤諒さんを否定しませんでした。

 

また人に対して、

「相手を否定しない」
「いじめっ子をすきになりなさい」

と教えていました。

 

だからこそ、加藤諒さんを否定せず自分の個性がのびのび育てたからこそ、個性派俳優・タレントとして活躍をしているんですね。

 

また共演者の女性と距離感が近くても嫌がられず、周りにイジられても明るく、別け隔てなく優しいのには理由があったんですね。

 

周りの共演者からも、

「だからこそ加藤は礼儀正しいし、裏表もないし」
「一緒に仕事していて気持ちいいオトコですよね」

そう言ってもらえるのも、母の教えがあったからなんですね。

加藤諒のオネエではない!オネェ口調は個性の証!

加藤諒さんがオネエ口調にもただオネエと言う理由ではなく、母の教えでのびのびと育ったからなんですね。

 

そのおかげで、加藤諒さんは個性俳優やタレントとして活躍と大成したんですから凄いですね!

 

正に母は強しです!

 

これからも、加藤諒さんにはオネエ疑惑があっても、”加藤諒の個性”としてオネエ口調をし続けてください!

そしていつかは、ぽっちゃり体型の優しい女性と付き合ってください!

 

せばな~