北朝鮮ミサイルが通過したことにより危機感が増し、近年日本では自分を守るために家庭用核シェルターが売れてきているようです。

 

しかし、家庭用核シェルターとなるとどんな物を買えば良いのか、価格はどれくらいするのでしょうか?

 

ということで今回は、家庭用核シェルターの価格やそれを負担するための補助金、どんな家庭用核シェルターが日本で販売されているか調査したいと思います。


スポンサーリンク

家庭用核シェルターの日本の価格はいくら?補助金は?販売先は海外?

北朝鮮ミサイルにより危機感が増している日本ですが、それに備えての核シェルターの普及率は日本は0.02%で、スイス・イスラエルは100%とは雲泥の差があります。

【人口あたりの核シェルター普及率】

スイス    100%
イスラエル  100%
ノルウェー  98%
アメリカ   82%
ロシア    78%
イギリス   67%
シンガポール 54%
日本     0.02%

ただ、スイスでは「義務だったから」という各国による理由があるのでなんとも言えませんが、日本も北朝鮮ミサイルと差し迫った危機があるので自分で身を守る手段が必要です。

 

また北朝鮮ミサイルもただのミサイルではなく「猛毒のサリンを弾頭に付けて着弾させる能力」を保有している可能性があると安倍晋三首相が発言しています。

 

そのため、単に爆撃に耐えうる地下に部屋を施工するシェルターではなく、猛毒に耐えるために空気清浄機が付いたものも最近の関心は高まり日本でも注文が増えてきています。

海外から販売されている家庭用核シェルター

アトラス・サバイバル・シェルターズ

2017年に入って海外から取り寄せられる家庭用核シェルターでシェアを伸ばしているのが米カリフォルニア州「アトラス・サバイバル・シェルターズ」です。


(画像引用元:https://assets.bwbx.io

核シェルター 家庭用
(画像引用元:https://assets.bwbx.io

 

この「ボムネード」は最もよく売れている核シェルターの一つで、値段は1万8999ドル(約210万円)からとなっています。

 

核シェルター 家庭用
(画像引用元:http://www.asahicom.jp

また6人が半年から1年間居住できるもので、価格は約980万円の家庭用核シェルターは日本からも問い合わせと注文が多いとのことです。

 

家庭用核シェルターは地下や庭に埋めるタイプで、トイレやシャワースペース、ベッドやキッチン、ソファーもあり、床には食料や水の貯蔵スペースがあります。

 

また、この会社の注目度が高いのかニュースでも取り上げられており、日本向け販売がゼロから一気に増えてき商機が広がると見込んでいるのです。

ライジング・S

他にもテキサス州にあるライジング・Sにも注文が殺到しています。

核シェルター 家庭用
(画像引用元:http://www.asahicom.jp

核シェルター 家庭用
(画像引用元:http://www.asahicom.jp

シェルターは地下に埋める鋼鉄製の箱形でNBC(核・生物・化学物質)災害対応の換気装置、トイレ、シャワー、台所、ベッド等が完備されています。

 

高さ2.1メートルで、6畳ほどの広さの最小タイプは、価格が4万5千ドル(約500万円)で、輸入や施工のための費用は別途なっています。

 

 

さらに50人以上が宿泊可能でボーリング場付きのシェルター「アリストクラット」という核シェルターもあり、価格は835万ドル(約9.4億円)します。

除染区域やフィットネスセンター、スイミングプール、射撃場、ビリヤード台付きのゲームルームやポルシェを駐車するガレージ等の設備を完備しています。

 

スポンサーリンク

日本で販売されている家庭用核シェルター

織部精機製作所

神戸市の核シェルターの設計・施工・販売を行う織部精機製作所でも、2017年4月1日から25日の受注数が、すでに2016年の年間注文数9件を越えています。

核シェルター 家庭用 日本
(画像引用元:http://i.huffpost.com

核シェルター 家庭用 日本
(画像引用元:http://i.huffpost.com

核シェルターには放射性物質、サリン、炭疽菌、VXガス等の有害物質排除するスイス製換気装置(180万円)を完備。

普通に暮らせる部屋と食品棚がある小部屋等と平常時はホームシアター等の娯楽部屋としても活用できます。

 

スイス製換気装置(空気清浄機)だけでも別途で買えるので放射性物質、サリン、炭疽菌、VXガス等の有害物質排除だけの対策もできます。

 

強度は広島級の核爆弾が、シェルターから660mの距離に着弾してもシェルター内部の安全性が保証されるほどです。

 

値段については、、広さや利用人数、敷地の現状や周囲の環境よって変動しますが、13人用の部屋で2500万円の価格となります。

 

ただし、部屋の広さによって値段が倍になるわけではなく、部屋に設置する空気清浄機が入る人数に対応することで結構な値段の変動が出るようです。

織部精機製作所 家庭用核シェルター

織部精機製作所 核シェルター パンフレット

シェルタープランニング

大阪市にあるシェルタープランニングではご自宅の室内に簡単に取り付け可能な簡易核シェルターも販売されている会社で、様々なメディアに取り上げられています。

こちらの家庭用核シェルターは放射性物質、細菌・ウィルス、神経ガス・VXガス等の有害物質排除する特殊空気フィルター装置を室内に簡単に取り付け可能で安心な空気を送り込んでくれます。

 

実は、核兵器の規模が変わりますが、爆風や熱風等の直接被害が出るのは爆心地からおよそ2~3.5km前後なので、地下施設のような頑丈な施設でなくても直接被害を防ぐことは出来ます。

 

そのため、直接被害より、有害物質による被害を考えた室内に簡単に取り付け可能な簡易核シェルターの方が価格も安く、地下施設を作るよりは簡単ですので設置するのも良いかと思います。

 

この簡易核シェルターの価格については別途で、お問い合わせのなので、これより詳しくは以下のサイトでお問い合わせて下さい

家庭用核シェルターのご紹介

核シェルターとは

通販で核シェルターが買える?

実は普通に通販でも家庭用核シェルターは買えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【問合せ殺到】 命を守る 防災 核シェルター1-8名入る事が可能です
価格:8400000円(税込、送料別) (2017/10/5時点)

 

価格は税込みで840万円となっており、10時間過ごす事ができ、放射能汚染を防ぐことが出来ます。

 

他にも地震・津波・土砂災害向けの防災シェルターもあります。

こちらの価格は73万4000円と送料に3万円ほどかかります。

 

このように、値段は数十万から数百万円ほどしますが、災害や放射能汚染を防ぐシェルターなら通販でも簡単に購入が出来てしまうようです。

家庭用核シェルターに補助金は?

今のところ、調べた限りでは核シェルター用の補助金はありません。

 

ただ、自治体によってですが耐震に対する補助制度はあるので、耐震シェルターを作る際は補助金はおりそうですね。

 

例えば東京都千代田区を例にすると耐震診断に10万円、耐震工事に100万円の補助などがあります。

 

しかし、これが北朝鮮ミサイル等に備えての家庭用核シェルターの作る際の工事に使えるかどうかは分からないので、自治体に連絡して補助金を出せるのか相談して下さい。

家庭用核シェルターの価格は高く補助金はない?販売先は海外・日本と選択肢は豊富

家庭用核シェルターですが、海外から取り寄せるほど需要がありますが、日本でも販売されているので意外と選択肢は多いです。

 

また、爆風等の直接的な被害の確率は低いなら、有害物質による被害を考えた室内に簡単に取り付け可能な簡易核シェルターの方が価格が安いのでそちらもおすすめです。

 

みなさんも、自分で身を守る手段として、日本の会社もありますので相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

 

せばな~