2017年9月1日放送の日本テレビ「究極の○×クイズSHOW 超問!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「唐揚げにヨーグルトを塗ると柔らかジューシーになる?」

 

みんな大好き唐揚げですが、ヨーグルトでジューシーになり、またヨーグルトの味が移ったりとしないのでしょうか?

 

ということで今回は、ヨーグルトで唐揚げがジューシーなる方法と、他にも柔らかくする方法を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

唐揚げにヨーグルトを塗ると柔らかジューシーになる?他の方法・注意点は?

実際にヨーグルトを塗ると柔らかくする効果があります。

唐揚げ ヨーグルト
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

それでは、ヨーグルトに含まれる乳酸が鶏肉の筋繊維をほぐし、細胞やコラーゲンの成分を含んでふくらみ、柔らかくジューシーにしてくれるのです。

 

気になるヨーグルトの酸味ですが、酸味は加熱調理でとぶので問題ありません。

 

さらにヨーグルトは吸臭作用があるので臭みを取り、まろやか・さっぱり味となり美味しく出来ます。

 

ちなみにヨーグルトを使う方法は唐揚げだけでなく、鮭や鰤の魚や、レバー等に臭み抜きとしても効果を発揮できるので応用することが出来ます。

ヨーグルトで柔らかくする唐揚げの作り方

【材料】

鶏モモ肉 300g
プレーンヨーグルト 100g
塩 小さじ1
片栗粉 適量
油 適量

 

【作り方】

①鶏もも肉を一口大に切り、ポリ袋に鶏肉とプレーンヨーグルト、塩を入れてしっかりともみ込む。
②揉み込んだ肉を冷蔵庫に入れて一晩寝かせる
③キッチンペーパーで鶏肉についたヨーグルトを拭き取り、鶏肉に味をつける(胡椒や塩等)
④片栗粉をつけて通常通りに揚げる

他に唐揚げをジューシーにする方法

水につける

水に漬けると水分を鶏肉に含ませ、加熱によって水分が飛んだとしても肉の水分が保たれてジューシーになります。

 

漬ける時間は10分ほどでも効果はありますが、ビニール袋に入れて冷蔵庫の6~2日間漬け込むと肉に十分な水分が入ってさらに良くなります。

 

また鶏肉2枚に対して水400ccで重曹を小さじ一杯入れることで、より肉が柔らかく仕上がります。

 

水に漬けた後はいつも通りに味をつけたりして、揚げれば問題ありません。

マヨネーズをつける

下味にマヨネーズを加えて鶏肉をもんであげると、マヨネーズに含まれる酢が鶏肉のタンパク質に作用して筋肉繊維が柔らかくなってくれます。

 

それだけでなく、臭みを消し、マヨネーズの油で鶏肉をコーティングして肉汁を漏れないように防止し、ジューシーに揚げることが出来るのです。

スポンサーリンク

ジューシーにする注意点

肉をもみ過ぎない

下味で調味料を混ぜて肉を揉んで柔らかくすることが出来ます。

 

ただし、肉を強く揉むと繊維が壊れてしまい、揚げる時に肉汁が出てパサパサになってしまいます。

 

そのため、揉むときは軽く揉んでください。

漬け過ぎない

揉んで調味料をなじませた後に数時間漬ける場合がありますが、長すぎるのもいけません。

 

実は30分以上置くと肉汁が逃げるとも言われます。

 

そのため、信用のある情報の手順でなら問題はありませんが、変に漬けすぎると肉汁が逃げてしまうので注意して下さい。

唐揚げがヨーグルトでジューシー!柔らかくする方法は色々!

唐揚げをジューシーにする方法は色々ありますが、ヨーグルトは唐揚げをだけでなく魚にも使えたりと色々応用できるので試してみて下さい。

 

ただ、やってみてヨーグルトが好みではないのなら、水に漬ける方法だったりと様々な方法を試してみて一番自分が美味しく思った方法を採用しましょう。

 

そして、自分が大好きなジューシーで柔らかい美味しい唐揚げを作りましょうね!

 

せばな~