2016年6月11日放送のテレビ朝日「ごはんジャパン」にて紹介される、栃木県鹿沼市にある絶品のニラが紹介されます。

鹿島のニラはとても甘く美味で、この食材を使用して”究極のニラレバ”を作るとのことです。

 

そんな栃木県鹿沼市で栽培されている「鹿沼ニラ」ですが、

鹿沼ニラの味は?

どんな料理で使われる?

鹿沼ニラの栽培方法は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

栃木県鹿沼市にあるニラ!「鹿沼ニラ」の味は?どんな料理がある?

鹿沼ニラ

栃木県はニラの年間生産量がトップクラスです。

特に栃木県にある鹿沼市で生産されている「鹿沼ニラ」は生産量・品質共にトップクラスです。

 

栽培を始めたのは40年以上も前と歴史もあり名産品として有名です。

鹿沼ニラの味は?おいしい時期?そばに合う?

鹿沼ニラは肉厚で食べごたえも有り、甘みが凄いです。

 

「ごはんジャパン」で糖度を調べた所、通常は5ほどですが「鹿沼ニラ」は8.3と甘みが多し!

一番おいし時期は「一番刈り」

ニラはやはり旬である春がおいしいですが、特に美味しいのは「一番刈り」です。

「一番刈り」とは春先で一番最初に刈り取ったニラをいいます。

 

春先は寒さが残るので、寒さに耐えたニラはより一層甘みがあるとのことです。

鹿沼ニラには、そばがあう?

鹿沼ニラ そば

鹿沼は「そば」も名産であり、「鹿沼ニラ」と合わせたグルメ「にらそば」を全国にアピールもしています

全てが地元産でさらに自慢の食材を使っている、鹿沼市が自慢する料理です。

 

また「そば」でも、「鹿沼ニラ」は「焼きそば」とも相性が良いです。

「焼きそば選手権大会」のイベントにて「鹿沼ニラを使用した焼きそば」が優勝をした実績があります。

 

焼きそばのソースと、ニラの甘さが相まって、更にニラの歯ごたえが効いて美味しいのでしょう!

「鹿沼ニラ」は様々な「そば」と相性が良いですね!

スポンサーリンク

鹿沼ニラの美味しい選び方・保存方法!

ニラは歯肉が厚くて深い緑色が目印、葉先がピンと立っているとおいしいく元気なニラの証拠です。

 

買ったその日に食べると美味しく食べれます。

 

ニラの保存・保管するときは、縦に立てると味が長持ちします。

ニラは横に寝かせると糖分を消費して上に葉が起き上がろうとするので、味が落ちてしまいます。

鹿沼ニラの栽培方法は?

ニラの栽培は3~4月に種をまいて、苗を枯らして株と根に栄養を蓄えます。

そして蓄えて育った収穫の冬に刈り取りを行います。

 

しかし、ニラは刈っても何度も伸びており、近年ではオールシーズン栽培できるほどの生命力を持っています。

そのため年に年間5、6回か、農家によっては10回近くも刈り取りを行います。

 

栃木県のニラは日本一!「鹿沼ニラ」のそば料理で味わいたい!

栃木県で特に鹿沼市では「鹿沼ニラ」という名産品が有り、とても美味しそうですね!

 

ニラは苦味があって、苦手な人も甘みが多い「鹿沼ニラ」なら克服できるのではないでしょうか?

 

それと「焼きそば」と相性良いというのは初耳なので、一度名産品のコラボ料理「にらそば」は味わってみたいですね。

 

皆さんも栃木に行くなら「鹿沼ニラ」の料理を味わってみてください!

 

せばな~