日本テレビ「耳が痛いテレビ」で「嫌いな女性芸能人ランキング」で常にランクインされているのに、

一部からは熱狂的な支持を集めて芸能界から消えない理由を聞かれる神田うのさん。

 

そんな神田うのさんですが、どういった理由で嫌われているのでしょうか?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

神田うの嫌い!理由は?嫌われエピソード!

神田うの、発言が噛み合っていない!

神田うのさんは、モデル・長谷川潤さんの子育てに関して異論を唱え、

「私は丸一日も(子どもと)離れてられないですね」
「いま2歳半なんですけど、一緒に寝なかった日はないんですね」
「地方とかに行ったりしなきゃいけないときは、泊まりで。
その時はうちの母とかをベビーシッター代わりに一緒に連れて行ってるんですよ」
「子どもはやっぱり、ママいないと可哀そう」

と言っておりますが、

 

なんと、ベビーシッターによる3000万円以上の窃盗被害が報道されて、”ベビーシッター4人体制”が発覚します。

神田うの嫌われる理由

“子どもと離れなれない”と言いながら、ベビーシッター4人も雇っている言葉とは考えられません。

神田うの、高慢!嫉妬を買う発言!

神田うのさんは、様々なブランドプロデュース、全日本バレエコンクール(中部)のジュニア部門1位に輝く程の逸材です。

そういった意味では、嫉妬で嫌われるのは当然あったでしょう。

 

しかし、それだけでなく彼女の発言も問題があった!

お金持ちのため、

「5万円なんて夕食代にもならない」
「(ヤマノ御曹司は)いわれるほど、彼には自由になるお金が なかった」

と高飛車発言!コレは一般人の反感買いますわ!

神田うの、何でも商売にする!守銭奴!

神田うのさんは、数々のブランドをプロデュースしているだけあって金の嗅覚が鋭いです。

ご結婚された神田うのさんの6億円「感謝祭(披露宴)」の時に、

引き出物として空気清浄機「マジックボール」は番組で紹介されました。

神田うの嫌われる理由

(「マジックボール」は)ドイツとシンガポールで共同開発されたもので、アンティバックという法人が販売している。
その日本総代理店のHPを見てみると、すでに「神田うの select special set」なるものができていました。
本人の写真付きの広告が貼られていた。
よく見ると、オンラインショップは「10月9日にオープン!」と書いてある。

完全に商売を仕掛けてますね。

 

こういった、抜け目ないところは商売人としては尊敬をしますが、

視聴者にとっては守銭奴で意地汚いと考える方も多いでしょう。

スポンサーリンク

神田うの嫌わる理由多し!嫌われキャラを維持しているから今がある!

神田うのさんも、若いころは嫌われて様々なバッシングで毎晩の様に泣いていました。

 

その為、一時期は好かれるためにキャラを変えようとしましたが、夫に

「そうすると、君が君らしくいられなくなっちゃうよ。
お仕事も、お芝居とかでセリフだけを話す。そして、マニュアルのようなことを言う。
高価でおしゃれなものも身につけないで、地味にしなきゃいけない」

好かれるためにキャラを変えて自分らしさを無くすなら、好かれなくていいと決めます。

神田うの嫌われる理由

神田うのさんは嫌われても自分らしさ、キャラを維持したことで、唯一無二のポジションを獲得しました。

 

確かに、嫌いという方が大半ですが、自分らしく生きている神田うのさんに憧れている方もいるのでは?

だからこそ、嫌われながらもずっと芸能界で生き残ってこれたのかと思います。

 

今後も、過半数には嫌われますが、神田うのさんのキャラをずっと貫いてもらいたいです。

 

せばな~