現在も歌手活動をしている「なごり雪」で大ヒットいたイルカさん。

実はその息子である神部冬馬さんも歌手として活動をしていました。

 

そんな神部冬馬さんはなんと一度離婚をして再び結婚しているという経歴をもっていました。

 

しかも前嫁との間で授かった子供がいるという…

 

ということで今回は神部冬馬さんについて、

神部冬馬さんってどんな方?経歴やプロフィールは?

神部冬馬さんの結婚して離婚した過去について!

神部冬馬さんの子供はどうなっているの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

神部冬馬 プロフィール

神部冬馬 結婚
(画像引用元:http://www.mycoffee.jp/product/175)

別名      クジラ
生年月日    1997年2月6日
出身地     東京都
ジャンル    フォークソング
職業      シンガーソングライター、ラジオパーソナリティ
担当楽器    アコースティックギター

 

「冬馬」という名前の由来は、神部冬馬さんが生まれる翌年の1979年9月にリリースされたイルカさんのアルバム「いつか冷たい雨が」の中にある「冬の馬」から取ったと言われています。

経歴

音楽の家庭で育ったため自然にシンガーソングライターとして活動をしており、最初は軽い気持ちで活動をしていたようです。

 

しかし、音楽では生活できず母であるイルカさんの運転手や仕事を手伝いをする事で収入が安定して、そういった生活をダラダラと過ごしていたようです。

 

そんな時に、神部冬馬さんの良き理解者であったお父さんの神戸和夫さんが天国へ旅立ってしまいした。

イルカの旦那はパーキンソン病?夫・神部和夫の経歴や息子は?

 

神部冬馬さんは父が生きている間に立派な作品を残せずに自責の念に駆られたこともありましたが、その悲しみを乗り越えて父の願いでもあった音楽活動を本格的にはじめます。

 

そして2008年と父親の一周忌の前に「小さき者」でデビューを果たし、以降は「小さき者」「君は青い風」「ESCAPISM」「BoardingPass」「夢見るくじら」と多くの楽曲を今も制作し続けています。

神部冬馬 離婚
(画像引用元:http://www.iruka-office.co.jp/toma/201108toma-kambe-live2011.html)

神部冬馬さんは音楽活動もですが、ラジオパーソナリティーという顔もあります。

 

2007年にニッポン放送「江原啓之の幸せのレッスン」で初レギュラーを取った後は、エフエム甲府「フリーダム!」でメインパーソナリティを務めています。

 

またJリーグのヴァンフォーレ甲府の大ファンで応援している時に誘われて、2009年にヴァンフォーレ甲府の公認応援歌を担当しました。

 

その後もヴァンフォーレ甲府のファンとして山梨を行き来していると、2010年には山梨県公認の「やまなし大使」に就任したり、2013年には山梨放送番組にレギュラー出演と山梨で活躍を果たします。

 

2015年にはヴァンフォーレ後援会会長に就任とサッカーファンとして活動が活発なりましたが、あくまでもメインは音楽活動で”生涯現役”を目標としています。

神部冬馬は離婚して再び結婚していた?子供は前嫁だけど家庭は?

神部冬馬さんは19歳の時にデキちゃった結婚で娘さんを授かっています。

 

しかし、結婚生活は上手く行かず、すれ違いにより1年で嫁に逃げられて離婚をしました。

 

その時に嫁は実家に帰ると言って出ていきましたが、実家からも失踪しており、相当神部冬馬さんと離れたかったのでしょう。

 

離婚後は子供は神部冬馬さんが引き取り、母のイルカさんと祖父母とともに暮らしていました。

 

そして2012年にバイト先で知り合って6年間交際した一般の女性と再婚しました。

 

現在はイルカさんとイルカさんの両親、神部冬馬さんとその嫁、娘と6人で幸せに暮らしているようです。

神部冬馬 結婚
(画像引用元:http://www.iruka-office.co.jp/headline/201107post-192.html)

家族団らんで一日最低でも20~30分はテーブルで会話するほどの仲良しぶりとの事です。

 

ちなみに娘さんはイルカさんや父親である神部冬馬さんのように、音楽活動等の芸能活動はしていないようです。

スポンサーリンク

神部冬馬は離婚から再び結婚して子供と嫁と幸せに過ごしている

現在は父親の意思を受け継いで、世に残す曲を作ろうと音楽活動を続けている神部冬馬さん。

 

子供が前嫁ということで、家庭が複雑ですが一家揃って幸せな生活を過ごしているようです。

 

今回は前嫁のように失踪されるほど、逃げられることはないようですね。

 

今後も楽曲作り続けて、いつか母であるイルカさんの「なごり雪」を超える曲を作って下さい!

 

せばな~