2016年6月3日放送のテレビ東京「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」で紹介される狭いジャンルに特化した専門大学が紹介されます。

 

なんと「缶詰」に特化した専門大学があるとの事です。

缶詰大学とは、聞いただけだとすごい閉鎖的な学校に見えます…缶詰だけに…

 

そんな缶詰に特化した専門大学ですが、

なんで缶詰に特化した学校を創立したの?

専門すぎるけど、進路はどうなるの?就職率は?

缶詰大学の学費や授業内容は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

缶詰専門大学について!学費は?就職率は?授業内容も気になる!

缶詰大学

缶詰専門大学は、兵庫県川西市南花屋敷4-23-2にある「東洋食品工業短期大学」という私立大学です。

 

1961年に創設されて、男子のみの大学でしたが、2008年から男女共学となりました。

 

この缶詰大学は、食品の加工と貯蔵法の学理・技術と「缶詰」事に関して特化した授業が特徴です。

なぜ缶詰専門大学を?創立きっかけは?

「東洋食品工業短期大学」を創立した方は、高碕達之助先生という方です。

 

高碕達之助先生はアメリカで発生した日本製あさり缶詰による中毒事故をきっかけに、缶詰技術に長けた人材を育成するため、1938年4月に財団法人「東洋罐詰専修学校」を創設しました。

 

この「東洋罐詰専修学校」が「東洋食品工業短期大学」の原型です。

 

1961年3月に文部大臣の許可を得て、缶詰専門大学となってから現在まに1645人の優秀な缶詰職人を出しています。

創立開始から就職率100%維持!脅威の就職、缶詰専門大学!

缶詰専門大学「東洋食品工業短期大学」は、

「味の素冷凍食品(株)」「はごろもフーズ(株)」「山崎製パン(株)」「(株)桃屋」「(株)明治」

等と、有名な食品関連業者に就職しています。

 

それだけでなく「東洋食品工業短期大学」は就職率100%を開学してからずっと維持しているほどです。

 

缶詰に特化してるだけあって、他の学生とは知識量も全く違い、即戦力になりやすいのでしょう。

スポンサーリンク

缶詰学校、気になる学費は?安い?

缶詰専門大学の学費は1年次で60万円、2年次で50万円で合計110万円と安めです。

 

また男子寮は年間で58万円で、2回払いとなります。

 

寮の食事は授業がある日のみですが、朝・昼・夕食がちゃんとついています。

 

⇒缶詰専門大学「東洋食品工業短期大学」の学費

缶詰専門大学の授業内容は?少数人数制?

缶詰専門大学は、少数人数制教育で1学年の定員が35人と一人一人に細かい授業と実習を行っています。

 

また生徒の学習の進捗速度や理解度に応じて個別指導もしてくれます。

 

【授業内容】

食材の加工技術、加工された食材を缶詰に詰める仕組の理論・技術、缶詰の流通する流れをといった、

缶詰の加工から流通までの知識を技術を学ぶことが出来ます。

 

【取得資格】

・食品衛生管理者
・食品衛生監視員
・フードサイエンティスト
・缶詰巻締主任技術者
・缶詰品質管理主任技術者
・缶詰殺菌管理主任技術者

等の食品関連の資格が取得できて、多くの食品関連業者が上記の資格が必要となるので就職活動にも有利となります。

⇒缶詰専門大学「東洋食品工業短期大学」の取得資格

缶詰に特化大学!東洋食品工業短期大学は入学難関?将来の缶詰業界を支える人材づくり!

缶詰専門大学「東洋食品工業短期大学」は学費も安くて就職率が100%で学業も少数人数制で個別に徹底的指導と良い事づくめです。

 

しかし、少数人数しか入学が出来ず、更に学費が安いことから、全国で頭が良くて色んな事情でお金が厳しい状況の生徒が集まるので結構な難関大学となります。

 

テレビ東京「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」でメディアに出たことにより認知度も上がってさらに需要が上がりそうですね。

 

しかし、この「東洋食品工業短期大学」の思いは食中毒を起こしたきっかけから、お客様に安全・美味しいとより良い缶詰を作るための人材を育成するために作られた大学です。

 

できれば就職率が100%だからという、低い志では入学を希望してもらいたくないですね。

 

この大学は個人にかける教育は相当なものですので、だからこそ就職100%なのでしょう。

 

これからも缶詰業界を支える優秀な人材が、缶詰大学「東洋食品工業短期大学」から輩出されることを願っています。

⇒東洋食品工業短期大学 公式サイト

 

せばな~