スポンサーリンク

ドラマ、映画、声優と話題作に出演して子役から活躍をし続けている神木隆之介さん。

現在も映画「太陽」で主演をすることになりました。

子役の時から愛されて現在も知的で嫌味がなく、視聴者からのアンチが全くありません。

そんな、神木隆之介さんですが、神木隆之介さんの演技力について、アンチがいない批判がないさんの魅力について調べることにしました。

神木隆之介、子役時代から演技力が高く大人気

俳優を始めたきっかけは、出生当初は大病を患い体が弱かったらしく、「助かる見込みが1%だったとの事」。

「それなら、生きている証を残したい」と2歳で母親が劇団に入団させたのが俳優になるきっかけでした。

その後、大河ドラマに出演と活躍をみせますが、中でも2005年放送NHK大河「義経」の牛若役です。

当時は、11歳でもう9年ほどの経験を積んでいて実力も十分ありました。神木隆之介 演技

 

そして、神木隆之介さんの実力が決定的に知らしめた作品が、映画「妖怪大戦争」で主演をしたことです。

この作品で日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞したことで神木隆之介さんの人気と実力は確かなものとなったでしょう。

神木隆之介、子役から”演技派俳優”へと進化!

子役時代から活躍してきましたが、大人になった現在は”演技派俳優”として変貌を遂げました。

神木隆之介 演技「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」「神様の言うとおり」等の話題作でも実力のある演技力で活躍をします。

特に「るろうに剣心」は漫画の実写版は失敗するというパターンを覆して大反響でした。

神木隆之介さんのが演じた、瀬田宗次郎役はハマり役で絶賛をされていました。

神木隆之介さんは、

「宗次郎が好きで、決まる前から役づくりしていました(笑)」
「殺陣のスタイルも、剣心と似ているけれど全然違う部分も。剣心とは、性格も発言も殺陣も攻撃の仕方も似ているけれど真逆、という風になりたかったんです。役者として役を見る目線と、いちファンとして宗次郎を見る目線両方を混ぜています。」

とこの役の強い思いを語ります。
だからこそ、神木隆之介さんが瀬田宗次郎役で活躍できたのではないでしょうか?

他にも、「桐島、部活やめるってよ」ではオタクの高校生をやり、演技の幅が広くそこでも高く評価されています。

神木隆之介、アンチが沸かない!批判がない秘密!

スポンサーリンク

ここまで、人気がある当然アンチや批判のコメントもあると思いますが神木隆之介さんにはそれがありません。

それは、神木隆之介さんが一人行動をを好むオタク気質だからです。

趣味は漫画でカメラ等のインドア派。神木隆之介 演技

プライベートでも一人を好んでいます。

仕事でも、先ほどの瀬田宗次郎役のように「出演が決まっていないのに役作りをする」と悪く言えばオタク気質、良く言えばストイックな方です。

 

二次元の容姿に合うだけでなく、そういったサブカル系好きのネットユーザーと共感できる所が多くあることが好感度の高さにつながっています。

そして、2歳から培われた実力と実績があることで演技としてもスキがなく批判する所が全く無いとうことからアンチもわけないとうことだと。

神木隆之介さんは超実力演技派俳優

2歳からずっと演技をして、しかも数々の作品で子役から現在まで活躍している方って稀有な存在ですね。

ここまでずっと右肩上がりで演技、人気を持っているので更に年を重ねたらどんな大物役者になるか楽しみです。

せばな~