TBS「プレバト!!」に出演するジュディ・オングさん。

彼女は、チューリップを生けるとのことですが、その評価を見られます。

 

そんなジュディ・オングさんですが、気になる情報がこの中にありました。

「版画家としての評価も高いジュディ・オング」

ジュディ・オングさんって版画家としても活動をしているんですね!

 

ジュディ・オングさんって版画家の活動って?

版画家としての評価は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

版画家で有名?ジュディ・オングについて!

ジュディ・オングのプロフィール

ジュディ・オング 版画家

祖籍      台湾台南県柳営郷
生年月日    1950年1月24日 台湾台北市
国籍      日本
職業      歌手、女優、版画家
ジャンル    歌謡曲
レーベル    ワーナーミュージック・ジャパン
活動期間    1961年 ~

ジュディ・オングさんといえば、歌手として有名ですね。

他にも日本では、女優として映画、ドラマに出演しています。

また、中華圏でも活躍をしており1980年には自身の出身地、台湾で国民栄誉賞を受賞するほど活躍を果たします。

ジュディ・オングの版画家を始めたきっかけ!

ジュディ・オングさんは、小さい頃から絵を描くのが好きでした。

 

1970年代にジュディ・オングさんは、恩師となる井上勝江先生の個展に行ったことで版画に出会います。

その時に見た版画の絵が心を打たれて、すぐに井上勝江先生に教えを請います。

 

井上勝江先生は、その請いに女優として忙しいと思い、あっさり断ります。

 

しかし、ジュディ・オングさんは諦めずに、見よう見まねで彫って版画の板を作り上げます。

そして再度先生と会い、彫った板を見せます。

先生のご友人の日展の長沼先生から助言もいただき遂に、井上勝江先生に教えてもらうことになりました。

 

彫り方も知らなかったジュディ・オングさんですが、版画をやりたい熱意が伝わってのでしょう。

その初めて彫った版画の板は今も大切に保管しているとのことです。

スポンサーリンク

ジュディ・オングの版画家で大活躍?版画の評価は?

その後は、版画家の菊地隆知さん、井上勝江さんを師として、木版画家として道を歩みます。

女優、歌手にそしてジュディ・オングさんの場合、日本のみならず中華圏でも活躍しているので忙しいですが、版画家としても活動もします。

 

1993年には初の個展を開催します。

それを皮切りに、ジュディ・オングさんの持ち前のコネクションを活かしたのか、台湾各地、ドイツ、フランスと海外で木版画展を開いて活動をしています。

 

それだけでなく、版画では日本美術展覧会で入選と様々な賞も受賞したりと評価も高いです。

評価も認められて、美術団体の名誉有る白日会正会員になります。

ジュディ・オング 版画

特に日本家屋をテーマにした版画作品の評価が高く、

2003年には平等院鳳凰堂をモチーフにした「鳳凰迎祥」が日本美術展覧会で入選し、

2005年3月にジュディ・オングさんの作品が平等院に奉納されました。

 

2010年に福岡アジア美術館では、県美術館の企画展では過去5番目入場者数となる約4万5千人を超え、

2012年には長崎県美術館での木版画展では約5万3千人が観覧と、

ジュディ・オングさんはお客様からの評価もかなり高いです。

版画家 ジュディ・オングは多芸!やりたいという情熱が凄い!

ジュディ・オングさんの版画について調べてみましたが、とにかくジュディ・オングさんのやりたいという熱の入れ込みようが半端ないです!

そういった、やりたいという欲望があるから、海外でも女優、歌手として様々な活動を精力的に出来るんですね。

 

これからも女優、歌手だけでなく、版画家として情熱を注いでください!

 

せばな~