日本テレビ「忍24時坂上忍が誰も知らない日本の24時間を解き明かす!」にて、秩父の祭りが紹介されました。

その名は「ジャランポン祭り」と言って、なんと擬似葬式を挙げるといったなんとも奇妙なお祭りです。

葬式をお祭りにするなんて、縁起が悪そうに見えますが果たしてどうでしょうか?

 

そんな奇祭「ジャランポン祭り」ですが、

実際どんな祭りなの?

なんの為の祭りなの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

奇祭?ジャランポン祭りとは?

ジャランポン祭り

昔々、村に流行病が発生した際に病気に苦しむ村人を救うため、諏訪神社に人間を生け贄にして悪疫を退散したことが始まりとされています。

それから、悪疫退散・無病息災を祈願するためジャランポン祭りが行われています。

ジャランポン祭りは何をする?

ジャランポン祭りが始まるのは2時間ほど宴会を開いた後、みんなが酔っている状態で行われます。

 

擬似葬式の場を作るために、祭壇を作って、白無垢を着た亡者役、お経を読む大僧正役、僧侶役を予め決められた人が役を演じます。

亡者役は棺桶に入り、大僧正役は酔っていることも有り意味不明なお経を読んで形だけの葬式を行います。

 

しかも、お経でのどが渇いたら酒を飲み、亡者役も棺桶の中で日本酒の一升瓶をラッパ飲みをするとのこと!

周りの人達も、葬式なのに太鼓を打ちならして大笑いをしたりと明るい感じでやっています。

ほとんど宴会芸に近い状態!

 

お葬式後は、葬列を作って諏訪神社に向かい、亡者役が棺桶に入り生け贄を捧げられたことで、悪霊退散・無病息災を祈願して、その後は亡者は復活?を遂げます。

 

そして宴会場に戻り、壇払いの儀式、十三仏を唱えて「ジャランポン祭り」は終了します。

ジャランポン祭り情報

開催時期 毎年3月15日に近い日曜日

お問合せ 秩父市観光課

電話 0494-25-5209

※ジャランポン祭りは地元のお祭りのため、駐車場がないので会場も狭く、大人数で来られても迷惑ですので気をつけてください。

スポンサーリンク

ジャランポン祭りの場所

下久那公会堂

奇祭「ジャランポン祭り」とは?宴会の延長線?

ジャランポン祭りは、擬似葬式を行うので慎ましく行う祭りかとおもいきや、宴会の延長戦で行われている、なんとも楽しい祭りでした。

 

しかし、地元みなさんも高齢の人が多いところでありながら、あんなに活き活きしている姿を見せていると、正に「ジャランポン祭り」は無病息災のご利益があると思います。

確かにお祭りなんで騒がなきゃ損ですね!

 

自分も地元に小さい祭りがありますが、その時はおじいさん、おばあさん方もどこかしら活き活きしていますし、こういった昔からある地元の祭りはずっと続いてもらいたいです!

 

せばな~