文春砲により、2015年の日本レコード大賞は買収により、三代目JSBが受賞した「出来レース」「やらせ」疑惑が出てきました。

 

もともと数年前からあった日本レコード大賞の「出来レース」「やらせ」疑惑。

老舗音楽祭として天下だった日本レコード大賞は、どうしてここまで地に落ちてしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、

「やらせ」「出来レース」と言われたきっかけは?

出来レースと疑わしきエピソードは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日本レコード大賞はやらせ?きっかけは?出来レースで買収が判明?

1959年に創設され、1970~1980年代には最盛期の歌番組として活躍した日本レコード大賞。

 

しかし、1990年台からレコード会社や事務所の力関係とにより受賞することが決まっていると指摘されていました。

 

そういった背後にある力に左右されて賞を争うのに、とらわれない自由な音楽活動をしたい等の理由で、ジャニーズや福山雅治、B’z、Mr.Children等の有力アーティストが辞退することが増えました。

 

そのため、賞による権威はこのころから落ちていたようで、1994年のレコード大賞では大賞受賞者が授賞式に出席しない自体もありました。

 

他にも1986年に開始した「ゴールドディスク大賞」により、一般人が売上数や人気の度合いが分かるようになり、人気や売上でなく日本レコード大賞は選ばれていると勘付かれたことも理由の一つです。

日本レコード大賞出来レース、ヤラセのきっかけは浜崎あゆみの3連覇?

1990年台からレコード会社や事務所の力関係とにより受賞され方が決まっていると指摘されていた日本レコード大賞。

 

そして2001~2003年に日本レコード大賞を三連覇した浜崎あゆみさんの受賞により視聴者からも出来レースの疑いがつのったようです。

 

浜崎あゆみさん自身は、この時代すごくヒット作を出しているのは分かりますが、流石に何度も受賞している姿に飽き飽きしていることもあり、疑いがでたようです。

2013年はAKBで決まりだったのに…EXILEが演出で受賞?

2013年はAKB48が「恋するフォーチュンクッキー」がヒットし、世間からもAKB48が認知されて人気となった年。

 

そのため誰もがAKB48の日本レコード大賞の受賞かと思いきや…

 

結果はEXILEが大賞を獲得し日本レコード大賞史上最多の4度目の受賞をしました。

 

その際にHIROさんはパフォーマーとして引退、司会が結婚した上戸彩さんということもあり明らかに演出による出来レースではないかと更に印象を付けました。

2014、2015年に三代目JSBが選ばれたのは買収?やはり出来レース?

2014年にはEXILEに取って代わり三代目JSBが日本レコード大賞を受賞しました。

 

しかし、世間・関係者からも三代目JSBはまだ受賞する器ではないと言われたり、大賞楽曲自体もオリコンの年間音楽ランキングでは30位と微妙で、やはり芸能権力者の一声で決まってしまう出来レースと思われました。

 

そして2015年も大賞が決まる前からAKB48で決まりと言われたほど。

 

期待は裏切りましたが2015年も三代目JSBが選ばれたことで、更に疑問視。

 

極めつけに2015年に三代目JSBが受賞発表した同時刻に「三代目JSB受賞」と速報記事が掲載されたことにより、事前に知っていた出来レースではないかと言われていました。

 

そのため、今回三代目JSBの買収報道も世間は「やっぱり」という声が多いようです。

スポンサーリンク

日本レコード大賞、買収疑惑で失墜!決定的な証拠でやらせ・出来レースで決まり?

実は1990年代ころから疑問視されていた日本レコード大賞。

 

そして2010年代に入ると、さらに疑わしき受賞者ばかりで失墜。

 

今回の決定的な証拠により、日本レコード大賞の存続と存在意義が危うくなってしまいました。

 

今後日本レコード大賞はこまま続けるのか?

続けたとしても世間からはもう「身内だけの受賞会番組」にしかもう見えないでしょう。

 

せばな~