フジテレビ「アウト×デラックス」では愛犬を携えてジェームス三木さんが出演します。

ジェームス三木さんは愛犬家で知られていて、司会の矢部浩之さん、マツコデラックスさんが、うなるほどの発言をしているようです。

 

そんなジェームス三木さんですが、

犬をそんなに愛しているの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

愛犬家ジェームス三木とは?イヌを飼って十数年!

ジェームス三木 犬

ジェームス三木さんは、日本の脚本家、脚本家、作家、演出家、元歌手です。

 

ちなみに「ジェームス三木」の名前の由来は、「これから税務署に行かなくちゃならない」と言われてことをもじったと言われています。

 

ジェームス三木さんは1985年に脚本した連続テレビ小説「澪つくし」が視聴率55%を記録して日本文芸大賞脚本賞受賞します。

そして、純愛ブームの火付け役にもなりました。

他にも、1997年に「存在の深き眠り」「憲法はまだか」で放送文化基金賞脚本賞受賞し、

1999年には第50回NHK放送文化賞受賞と脚本家として数々の賞を取って活躍をしています。

他にも、監督、小説、随筆等も活動をしています。

愛犬家ジェームス三木!ビーグル犬が大好き!

ジェームス三木さんは、十数年前からビーグル犬のピッキーを10年間飼い続けていました。

残念ながら2014年10月26日にビーグル犬の「ピッキー」は亡くなってしまいましたが、

現在は二代目ビーグル犬「ぷく」を飼っています。

初代ビーグル犬のピッキーが亡くなった時も、ブログにて凄く悲しんでいることからから、やはり10年間飼っていた愛犬への愛情がよくわかりました。

 

ジェームス三木さんは、よく散歩に行ったり公園で色んな飼い主の方と交流しているのが、ブログでわかりました。

度々、いろんな飼い主やその犬の特徴や交流風景をブログに載せていて、なんとも微笑ましい感じでした。

 

二代目ビーグル犬「ぷく」は初代ビーグル犬「ピッキー」のそっくりさんで、奥さんが希望していた「アメリカンビーグル」とのことです。

本当にジェームス三木さんの家族はビーグルが好きですね!

スポンサーリンク

愛犬家ジェームス三木、二代目ビーグル犬「ぷく」に変わらず愛情を注ぐ!

ジェームス三木 犬

現在飼ってる二代目ビーグル犬「ぷく」は先代の「ピッキー」同様に愛情を注いで、公園でもよく遊ばせているようです。

 

先代の亡くなった悲しみを乗り越えて、「ぷく」と一緒に活き活きしているジェームス三木さんが見れて良かったです!

まだ「ぷく」はジェームス三木さんの家にやってきて一年ほどですが、これからジェームス三木さんがどう愛情を注ぐか楽しみです!
⇒ジェームス三木さんの犬の日記はこちら!

 

せばな~