2017年2月25、26日に行われた第2回日本eスポーツ選手権大会。

 

しかしその現状が酷いと別な意味で話題となっているようです…

 

一体、どんな点が「酷い」「ヤバイ」と言われているのでしょうか?

 

ということで今回は、日本eスポーツ選手権大会について、どんな点が酷かったのか紹介していきます。


スポンサーリンク

日本eスポーツ選手権大会が酷い?決勝大会の運営がヤバイ点とは?

日本eスポーツ選手権大会とはコンピューターゲームのスポーツ大会で、日本でゲームプレイヤーの地位向上とeスポーツの国内普及・発展を目指していく大会です。

 

今回行われたのは「OVERWATCH」「Counter-Strike:Global Offensive」「DEAD OR ALIVE 5 Last Round」「GUILTY GEAR Xrd-REVELATOR-」「FIFA17」のゲームタイトルでした。

 

そして決勝大会が今回行われましたが賞金は以下となっています。

●FIFA17 優勝:10万円 準優勝:5万円
●OVERWATCH 優勝:30万円 準優勝:12万円
●Counter-Strike:Global Offensive 優勝:25万円 準優勝:10万円

 

そして今回は満を持して第2回日本eスポーツ選手権大会が開かれたのです!

決勝大会の運営がヤバイ点まとめ!

観客がガラガラ?第一回の10分の1だった?


(画像引用元:http://blog.esuteru.com

満席に見えるほどの客席でさすが日本eスポーツ選手権大会決勝と思いきや…

日本eスポーツ選手権大会
(画像引用元:http://blog.esuteru.com

ほとんど選手だったようです。

 

また会場では大きな歓声が聞こえるかと思いきや、FIFA17のゲーム内のサポーターの歓声で、ごまかしていたようです。

 

さらに観客は一人一人に抽選番号が配られており、素敵なプレゼントが当たるお楽しみ抽選会がありましたが、「1~180までの番号をランダム表示」と書かれていたので180人ほどしか観客がいなかったようです。

 

そのため第1回は1000人ほどでしたので約10分1ほどに減少してしまったようです…

決勝に進んでいたチームを当日予選に落とす?

Overwatch部門には東京予選、関東予選、オンライン予選、2月25日の当日予選を勝ち上がった4チームが出場するというルールでした。

 

そして、Overwatch部門のオンライン予選で優勝し、今回の決勝ラウンドに出場する予定だったFlourishチームがいました。

 

しかしチームが当日予選が3チームしか集まらず、もう1チームがいないと当日予選が出来ないとして、決勝出場3チームから当日予選をやらせる抽選を行なう謎ルールを設けます

 

その抽選に落ちたのが決勝ラウンドに出場する予定だったFlourishで、当日予選に出場する羽目になったのです。

日本eスポーツ選手権大会
(画像引用元:https://twitter.com

幸いFlourishは当日予選を勝ち残り、決勝ラウンドに出場することが出来たが、もし予選に落ちていたら大会側から宿泊費が出ない事態となっていたのです。

 

この待遇にFlourishは冷めたのか、26日の決勝ラウンドの準決勝で敗北したら決勝を見ずに帰っていったようです。

ルールは当日変更がお家芸?

日本eスポーツ選手権大会では、みずから定めたルールをみずから破るのがお家芸と言われています。

 

そして今回も、上記のような決勝が決まっているチームを落としたりと、わけがわからないルール変更をしていたようです。

 

決勝戦は本来5本勝負がルールでしたが、当日に時間が押していたせいか3本勝負にルール変更とお家芸を見せます。

 

勝負の作戦によっては勝負の数によって、様子を見たりと戦略も変わってくると思います。

 

そんなことは無視した勝負本数を当日に変えるとは、なかなかの問題点です。

わざわざ見に来てくれた観客は無視!

「GUILTY GEAR」はステージの中央に向かい合った対戦席が用意され、選手の横顔が観客席から見える配置になっていました。

 

しかし、両選手の手前にビデオカメラが設置され、私服のカメラスタッフが撮影しているせいで、観客席から選手がみえない状況になっていました。

日本eスポーツ選手権大会
(画像引用元:https://note.mu

まさかのわざわざ来てくれた観客より、撮影を優先する運営。

 

更に表彰式では何度もスタッフがステージの選手がいる前を横切って、大事な場面を台無しにして、観客に見せるという概念をふっ飛ばしていきます。

スポンサーリンク

なぜか利用された石川遼選手

そんないろんな事件を起こした大会でしたが、最後になぜゴルフの石川遼選手のビデオレターが流れました。

日本eスポーツ選手権大会
(画像引用元:https://note.mu

有名な選手が日本eスポーツ選手権大会を応援することで盛り上げようとする魂胆ですが、ゲーマーにとっては嫌う行為でモチベを更に下げていったようです。

なぜか会長の西村が目立つ?

まずパンフレットから会長の西村さんのお言葉が、大会概要より目立っています。

日本eスポーツ選手権大会
(画像引用元:http://blog.esuteru.com

そして大会でも会長西村さんは目立とうとし、中央で前に陣取ってメインの選手は置いてけぼりのようでした。

 

更に優勝を称えるのではなく、1回戦で負けた選手をいじったりと、死体蹴りをかましていました。

日本eスポーツ選手権大会が不安…次の決勝大会は改善できるか?

いろいろ酷かった日本eスポーツ選手権大会。

 

日本のeスポーツを盛り上げるつもりでしたが、まさかの選手・観客のモチベを下げる事態となっていたようです。

 

できればこのこの反省点を見直し、次回は選手・観客のための大会として盛り上げてもらいたいです。

 

そしてなんとか日本のeスポーツを発展・向上してください!お願いします!

 

せばな~