子役から現在は女優として活躍している伊藤沙莉さんですが、映画「獣道」で脱いでいると話題になっているようです。

 

そんな脱いでいる伊藤沙莉さんですが、なぜ「獣道」で脱いでしまったのでしょうか?

 

ということで今回は、伊藤沙莉さんが脱いでしまった理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

伊藤沙莉 プロフィール

伊藤沙莉 脱いでる
(画像引用元:https://news.walkerplus.com

生年月日    1994年5月4日
出生地     千葉県
身長      151 cm
血液型     A型
職業      女優
ジャンル    映画、テレビドラマ
活動期間    2003年~
事務所     アルファエージェンシー

 

特技のダンスでは2003年「ALL Japan Dance Contest」の東京予選、及びサンリオダンスコンテストのキッズ部門で優勝するほどの実力を持っています。

 

そんな伊藤沙莉さんは2003年放送のドラマ「14ヶ月~妻が子供に還っていく~」で芸能界デビューします。

 

このデビューを作では、当時わずか9歳で演技未経験ながらも話題となり子役として注目集めていきます。

 

そのため、以降は2005年ドラマ「みんな昔は子供だった」「女王の教室」等に出演して子役として活躍します。

 

2006年には映画「イヌゴエ 幸せの肉球」で映画初出演、2007年「兎のダンス」で初主演を飾っています。

 

その後もコンスタントにドラマ・映画等と出演して経験を積み、2017年には連続テレビ小説「ひよっこ」に出演したりと、子役から脱却して女優として活躍しています。

伊藤沙莉が脱いでる!獣道で脱いだ理由や画像は?

伊藤沙莉さんは実際に2017年7月15日公開の映画「獣道」で、初めて上半身を堂々と脱いでいます。

この「獣道」で伊藤沙莉さんは主演で、役柄が宗教施設で生活→ヤンキー→デリヘル嬢→セクシー女優と、壮絶な人生を送る女性を演じています。

 

そのため、妥協しない演技として監督の要望で上半を脱いだり等と体当たりの演技をしています。

伊藤沙莉 獣道 画像
(画像引用元:https://d2wi3xvhr3qrd7.cloudfront.net

 

ただあまりにも過激すぎたせいか、撮影中に警察からプロデューサー宛に「撮影を中止しろ」という電話があったりと色々やばかったようです。

スポンサーリンク

伊藤沙莉が脱いだ理由は?

伊藤沙莉さんも当初は脱ぐのはためらっていたようでしたが、監督や脚本家等とお互いが納得するまでとことん話し合って脱いだとのことでした。

「二つ返事で答えられれば格好良かったんですけど、簡単なことではなかったので、悩みました。
監督に脱ぐ意味とか、なぜ下着じゃ駄目なのか、とか無駄に聞きましたね。
肝が据わってねえなと思われるのが嫌で、ギリギリまで聞きたくなかったけど、そう思ってる時点でヘタレなので」

当初の伊藤沙莉さんは脱ぐのを悩み、下着じゃ駄目なのかと打診案を出していました。

 

しかし、監督は脱ぐことに関しては無理強いはしていなかったようですが、「下着という中途半端な選択をするぐらいなら、シーン自体をなくそう」と提案してきました。

「好きなシーンだったので、なくなるのは嫌だなと思いました。そこまで私のことを思っていただいてるのに応えなければ、もはや愛衣は演じられないと。撮影が始まる直前に決めました」

 

そんな監督の思いに、伊藤沙莉さんはちゃんと演じきりたいと思い、撮影が始まるギリギリで脱ぐことを決めたのでした。

伊藤沙莉が獣道で脱いでる!理由は監督の覚悟を聞き演じきりたいから!

伊藤沙莉さんは映画「獣道」で脱いじゃってますが、これも監督や様々なスタッフの思いに応えて演じきるためだったようです。

 

こうして伊藤沙莉さんは子役から大人の女優へとどんどん進化しているんですね。

 

みなさんももし、興味があれば映画「獣道」を見てはいかがでしょうか?

 

そして、女優としてさらに伊藤沙莉さんが活躍することを期待しています。

 

せばな~