色んな変わり種商品がはびこっている中、あの歴史のある明星食品が最近挑戦的な味を出しています。

 

それがあの「明星一平ちゃん」で「チョコソース味」「ショートケーキ味」という暴挙に出たのです!

 

いったいなぜ、あの美味しい明星一平ちゃんを魔改造してしまったのでしょうか?

 

そして2017年にもバレンタイン商戦に勝つために、リニューアルしてチョコソース味が戻ってきたようです。

 

ということで今回は明星一平ちゃんについて、

チョコソース味が作られた理由は?

ショートケーキ味が作られた理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

なぜ明星一平ちゃんはチョコソースやショートケーキ味を?開発理由とは?

2017年1月9日にはバレンタインの特別版カップ焼そばとして「明星 一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース」が税別180円で売り出されます。

一平ちゃん チョコソース
(画像引用元:https://news.biglobe.ne.jp/trend/0104/4161404876/blnews_20170104120808043_jpg.html)

今度のチョコソース味は前回の麺やソースの甘さを強調するなどしてスイーツ感をグレードアップしています。

 

ココアパウダーを練り込んだクッキーやビスケットのような香ばしさの専用麺と、カカオバターとバニラ風味のタレを混ぜた塩ソースを加えることで、チョコ感のある今流行の甘じょっぱい味わいとなっているようです。

 

しかもこの独自の味は、国内外の有名チョコメーカー数社に監修を依頼を断られた結果、自分たちで作り上げたとのことです。

 

さらにココアパウダーと糖類を主原料にしたあとのせかやく「謎チョコキューブ」と、カップヌードルの「謎肉」を圧倒するかやくもあります。

 

一体なぜこんな味を更にグレードアップさせたのか…

チョコソース味が開発された理由は?

明星一平ちゃんではチョコソース味だけでなく、月に約1本ペースで新しい味をリリースしていました。

 

その中でバレンタインデーも近く、役員にも「面白いことを徹底的にやってみろ」と言われてチョコソース味を開発したとのことです。

 

しかし当初はチョコチップスや、チョコがコーティングされた柿の種のように、甘じょっぱい路線で行くつもりでした。

 

ところが何度も試作を重ねた結果、甘さを全面的に強調するチョコソース味となったようです。

一平ちゃん チョコソース
(画像引用元:https://matome.naver.jp/odai/2145409926582556601)

この試作には何度作っても賛否に分かれてゴールが見えず、約100個に上る試作品を作り、そのため2015年のバレンタインデーに間に合わないほどでした。

 

そして飽きずに一杯食べきれるように味のバランスを工夫して、苦労の末に2016年1月中旬に発売できました。

 

発売後はやはり賛否両論でしたが、ネットの反応は「一平ちゃんシリーズ」の中で過去最高で、売り上げは想定の倍以上と大成功したようです。

ショートケーキ味が開発された理由は?

チョコレート味で大きな反響があり、社内でだけでなく周囲からも、次に作られるキワモノの一平ちゃんに期待を寄せられました。

 

そこで12月だったので、12月のクリスマスに合わせてケーキを題材に「ショートケーキ味」を開発することを決めたようです。

一平ちゃん ショートケーキ
(画像引用元:http://humans-blog.com/一平ちゃんショートケーキ味)

しかしこのショートケーキ味に決めたのも、この世のありとあらゆる甘いものを試した結果、開発にふこみ込んだらしく、ショートケーキ味に行き着くだけでもかなり苦労していたようです。

 

そしてチョコのウスターソースとスイーツのバランスが微妙という不満の声を受けて、ショートケーキ味は更に甘さを強調させました。

 

特性マヨもバニラ味にして、かやくにはイチゴやヨーグルト風味のキューブを乗せることで、クリスマス気分も味わえます。

 

このキューブはやや酸っぱいこともあり、甘すぎる味のお口直しとしても役割を果たしています。

 

味ももちろん「ショートケーキをもっと突き詰めろ」と一括されたほど、味も試食を重ねたようです。

スポンサーリンク

明星一平ちゃんはチョコソースやショートケーキ味で独自の路線を切開く!

最近は食の多様化が求められますが、明星一平ちゃんはキワモノの味で勝負に出ました。

 

以前これに似たようなことをガリガリ君は行い、撤退しましたが、一平ちゃんは手応えを感じで更に突き進むようです!

 

今後もチョコレート、ショートケーキだけでなく、さらに美味しいキワモノ味を開発してもらいたいです。

 

せばな~