スマオートフォンで2大OSといえば「ios」と「Android」ですが、遂に両方使えるかもしれない時代に来ました。

 

なんとiphone上でandroidを動かす方法が開発されました。

 

いままで、iphoneだけどAndroidのアプリを入れたいと嘆いた人もこれで解消されるでしょう!

自分もiphone持ちで、よくAndroidのゲームができたらと悩んでいました。

 

今回はそんな悩みを解消してくれる、iphone上でandroidを動かす方法について紹介します。

スポンサーリンク

iphone(ios)でAndroidが詰まったケースを入れてandroidアプリを動かす?

iphoneでandroid

開発したのは「Apple WatchにWindows 95を移植した」ロマンを追い求めるTendigi社のNick Leeさんです。

 

なんとiphone本体にAndroidのOSをインストールするのではなく、iphone用のケースにAndroidの基盤をぶっこんでケーブルでiphoneに接続して使います。

 

iphoneの本体はAndroidのストリーミングで画面出力して、タッチパットも代わりに使っている役割となっています。

 

つまりAndroidの本体はiphone用のケースというなんて力技なのでしょう!

 

ケースに厚みも出て、携帯を別々に使用したほうが良いのではないかと思いますが、2大OSが一致団結したロマンが有ります。

 

またOSが別々の基盤なので、iphoneの本体には負担がかからず動作が重くならないはずです。

 

動画で試作品のデモがあるので、よろしければご視聴どうぞ!

スポンサーリンク

iphone(ios)でアプリを入れてandroidアプリを動かす?

今度はiphoneでアプリを使ってAndroidを動かす方法があります。

 

しかしこの方法は、ジェイルブレイク(日本で言えば脱獄)を行わなければなりません。

 

ジェイルブレイクをすれば、制限がなくなり様々なソフトウエアをインストールできるメリットが有る反面、

デメリットとして、故障の修理対象外になったり、コンピューターウイルスの危険性も高まります。

 

そしてiphoneをAndroidを動かすアプリは「iDroid」と言います。

 

「iDroid」で必要な物は3Gがベストと言っています。

実際のデモも、3Gで行っています。

 

こちらの記事で手順が載っています。

⇒AndroidをiPhoneにインストールする6つのステップ

この記事によると、まだ発展途上段階と言っていますが、2010年の記事なので現在は完成されているかもしれませんね。

 

まぁ今のところ、その情報は出ていませんが…

iphone(ios)でandroidアプリを動かすならゴリ押し理論が安全?2大OSが手を組むロマン!

2つのiphone(ios)でandroidアプリを動かす方法を紹介しましたが、安全に行うならゴリ押し理論の「Androidを搭載したiphone用ケース」が良いでしょう。

 

こちらのほうが処理が落ちたりもしませんし、何よりジェイルブレイクをせずに安全ですので。

 

それならiphoneとAndroid、2つ持ったほうが早いって?

 

それではロマンがありません!

 

あの2大OSが手を組んだ機器を手に入れるという、ロマンを追い求めたTendigi社のNick Leeさん。

 

ちょっと残念なのは、ケーブルを差してAndroidを起動するので充電が出来ないところですかね!

この開発が進んで実用化されることを期待しています!

 

せばな~