5月放送のWOWOWドラマ「東京すみっこごはん」の撮影現場で、法令に違反する子役の就労時間オーバーが起きていたことが報道されました。

 

その子役はNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」「砂の塔」に出演した“天才子役”稲垣来泉さんです。

 

そんな長時間も稲垣来泉さんを拘束させた状況はどうなっていたのでしょうか?

また法令に具体的にどこが違反して、どんな罪に問われるのでしょうか?

 

ということで今回は、長時間違法撮影した現場の状況と、どこが違反して罪に問われるか調査していきたいと思います。


スポンサーリンク

三島有紀子監督が稲垣来泉に長時間違法撮影で罪は?労働基準法の内容は?

2017年1月21日に東京・練馬区の東映東京撮影所で行われた黒島結菜主演の「東京すみっこごはん」。

稲垣来泉 違法撮影
(画像引用元:http://cdn.wowow.co.jp

その現場では、6歳の稲垣来泉さんが昼12時入りし、撮影は朝5時までと17時間続けられました

 

更にその前日には、深夜2時まで14時間に及ぶ撮影をさせられています。

 

どうやら数日に渡って6歳で児童の稲垣来泉さんは長時間違法撮影させられていたようです。

 

現場では三島有紀子監督は稲垣来泉さんの演技に納得がいかず、深夜3時過ぎからダメ出しを繰り返し、数十回にわたる撮り直しを強行していました。

 

にも関わらず、プロデューサーの森井輝さんは現場にいながら撮影を中断せずに、同行していた稲垣来泉さんの母親に抱きつき、肩を震わせて泣き始めるほどでした。

稲垣来泉 違法撮影
(画像引用元:http://brainbox-sst.com

そして、この状況を週刊文春の取材により明らかとなり、WOWOWと制作会社ROBOT連名が書面の回答で事実関係を認めました。

13歳未満は児童で違法?罰則や罰金は?

労働基準法では満13歳未満の方は働けないのですが、「映画の製作又は演劇の事業」については労働基準監督署長の許可を受けて活動することが出来ます。

 

つまり、特別に満13歳未満の児童でも子役なら働けるということです。

 

しかし、学校の時間と労働時間(稽古や衣装替えを含む)が1週間に40時間、1日7時間を超えてはいけない

 

更に、午前5時から午後8時まで、厚生労働大臣が地域または期間を限って必要と認めれば午後9時までと、13歳未満は児童として活動することができません。

稲垣来泉 違法撮影
(画像引用元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

そのため、今回6歳の稲垣来泉さんが昼12時入りで撮影は朝5時までと深夜業と違法でした。

 

さらにこれが連日であれば、労働時間を超えたとして、違反したこととなっています。

 

そして違反した場合は、罰則として6ヵ月以下の懲役、または30万円以下の罰金に処されます。

スポンサーリンク

三島有紀子監督が稲垣来泉に長時間違法撮影?労働基準法を守ろう!

ただでさせ映画の製作だからということで働けない満13歳未満なのに、時間外労働とブラック企業も驚く撮影だったようです。

 

撮影が押している、良い作品を作ろうとみんな頑張っていたりと理由は色々ありますが、日本のルールを守らなければなりません。

 

今後このようなことが起きないように、児童をしっかりスケジュール管理