サッカー日本代表として活躍をしていた本田圭佑さん。

 

しかし所属しているミランにて冬の移籍市場で、移籍金を200万ユーロ(約2億3000万円)でイタリアを離れる可能性が出てきました。

 

そんな目が離せない本田圭佑さんですが、物理的にも以前の写真と比べると目が別人のように違っていることがわかります。

 

一体どうして目が別人のように変わってしまったのでしょうか?

 

という事で今回は、本田圭佑さんを活動をともに、

目が昔と変わったのか画像で比較!

目がおかしくなった理由は?どんな病気にかかっていた?

その病気は治るの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

目がいろんな意味で話せない本田圭佑のプロフィール!

2016y11m08d_164902800
(画像引用元:http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20120815-1000758.html)

生年月日    1986年6月13日
出身地     大阪府摂津市
身長      182cm
体重      74kg
本田圭佑さんは高校卒業時に数のJリーグクラブから勧誘を受けましたが、名古屋と契約をしてプロサッカー選手となります。

 

契約をした時には本人の希望により「オファーがあれば海外クラブへの移籍を認める」という条件を盛り込んだりといきなりのビッグマウスぶりを発揮します。

 

しかし開幕戦から先発出場してアシストを決め、翌年にはレギュラーに定着したりと、言葉どおりに活躍をしていきます。

 

2008年1月には本人が希望した海外へと移籍しており、エールディヴィジ(オランダ1部リーグ)のVVVフェンローへ移籍し。

2016y11m08d_165040664
(画像引用元:http://tomoyaman-nice.blog.so-net.ne.jp/2014-06-07)

2010年1月、冬の移籍市場で移籍金900万ユーロ(約12億円)の4年契約でロシア・プレミアリーグのCSKAモスクワへ完全移籍しました。

 

2013年12月11日、イタリアセリエA・ACミランへの完全移籍して活躍をしてきました。

 

それだけでなく、2012年から、指導者としてサッカースクール「SOLTILO FAMILIA」を地元大阪でプロデュース。

2016y11m08d_165222457
(画像引用元:http://soltilo.com/本田圭佑選手とのコーチングスタッフ研修の実施/)

2015年6月9日にはオーストリア・3部リーグSVホルンの経営に参入してオーナーとしても活動をしています。

本田圭佑の目がおかしいか比較!バセドウ病?レーシックの影響?

目がおかしいのか画像で比較!

それでは画像を比較してみましたが、

2016y11m08d_164824602
(画像引用元:http://nagatomo-fan.pupu.jp/目-本田圭佑-病院-病気/)

確かに前より目が飛び出ているようで雰囲気が変わっていますね。

目の焦点も少しおかしい気がしますし…

目がおかしい原因はレーシック?

本田圭佑さんは2012年6月に視力を回復させるためにレーシック手術を受けていました。

 

視力は無事2.0と回復しましたが、この目の手術の影響で目がおかしくなったのではないかと言われています。

 

しかし目がおかしくなった事との関連性について担当医は否定しており、本田圭佑さんもこのレーシック手術について満足していると言っています。

 

そのためこのレーシック手術が原因説はガセだったようです。

目がおかしい原因はバセドウ病

バセドウ病は甲状腺ホルモンが異常なまでに作られる病気ですが、症状の特徴として「眼球の突出」や、甲状腺関係の病気の手術の特徴として首元の手術跡がります。

 

本田圭佑さんには症状の特徴として「眼球の突出」と、

2016y11m08d_170027904
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp/akb48matomemory/imgs/e/a/ea1b2df2.jpg)

甲状腺関係の病気の手術の特徴である首元の手術跡があり、

2016y11m08d_164951078
(画像引用元:http://topicks.jp/40142)

この「バセドウ病」が有力な説と言われています。

バセドウ病はどんな症状がでるの?

バセドウ病には「眼球の突出」が特徴的ですがそれだでなく、

●脈拍が速くって動悸を感じる
●新陳代謝が活発化し、汗がかきやすくなり、 季節に関係なく暑がり
●大量のエネルギーが必要なので食欲が凄い
●内分泌のバランスが崩れて、精神的に不安定となり、イライラする
●手足が震える。
●疲れやすくなり、少し動いただけで疲れが出たりと疲れやすい
●物が二重に見える

もしこの病気が確かなら、本田圭佑さんはスポーツ選手なので「疲れやすくなったり」、炎天下でやるサッカーで「暑がり」になったりするのは致命的だったでしょう。

スポンサーリンク

バセドウ病になった原因は?

バセドウ病になる要因は多数あるようですが、有力なのは「環境によるストレス」のようです。

 

本田圭佑さんは有言実行で活躍をしてきましたが、その分のプレッシャーは計り知れないと思います。

 

そのため本人は気づかないでストレスがかなりかかって、バセドウ病になったのかもしれません。

 

実際に2014年に円形脱毛症が話題となっており、やはりストレスはかかっていたようです。

2016y11m08d_165337569
(画像引用元:http://trend167.blog.so-net.ne.jp/archive/c2304977258-2)

バセドウ病は治るの?

バセドウ病の手術跡が見える本田圭佑さんですが、バセドウ病は「完治する可能性があるかも」ということで、完治するか微妙とのことです。

 

例え一時クスリがいらなくなり、完治したように見えてもその後に症状が出て来る可能性があり、この病気は慢性的でずっと付き合っていかなければいけないようです。

病気に負けるな本田圭佑!目がおかしいバセドウ病にも負けずに活躍を!

現在、逆境に立っている本田圭佑さん。

しかし本田圭佑さんならこの逆境もはねのけて、活躍を期待しています。

 

ただこのストレスで円形脱毛になったり、噂のバセドウ病が悪化しないことを祈ります。

 

せばな~