可愛いくて見た目もよく、フィギュアスケートでも活躍している本田真凜さんですが、最近はアンチ・批判が増え始めています。

 

そんな本田真凜さんがアンチ・批判が増えた理由は何なのでしょうか?

 

ということで今回は、本田真凜さんにアンチ・批判が増えた理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

本田真凜 プロフィール

本田真凜 練習嫌い
(画像引用元:https://the-ans.jp

生年月日    2001年8月21日
出生地     京都府京都市
血液型     A型
身長      162cm

 

2歳からスケートを始めた本田真凜さんですが、当時はアイスホッケー、水泳、体操、テニス、ピアノ、絵画教室を掛け持ちしていました。

 

それから2010年4月に新設開校した関西大学初等部への編入をきっかけに、フィギュアスケートに絞って活動していきます。

 

そんな本田真凜さんは尊敬している選手は荒川静香さんで、トリノオリンピックの荒川静香さんの演技を観て、オリンピックを目指すようになったとのことです。

 

2011年全日本ノービス選手権(ノービスB) に初出場し2位となり、翌年2012年3月には初の海外公式戦であるチャレンジカップデブスクラス(ノービス未満)に出場し優勝します。

 

2013年アジアフィギュア杯と2014年プランタン杯のノービスクラスでは2位となり、2014年アジアフィギュア杯のノービスクラスで3位入賞、2015年ババリアンオープンのノービスクラスでは優勝したりと活躍します。

 

2015年アジアフィギュア杯ではジュニアクラスでは2位となり、ジュニアグランプリファイナルでは銅メダル獲得、世界ジュニア選手では初出場で優勝します。

 

2016年アジアフィギュア杯のジュニアクラスで優勝し、全日本ジュニア選手権では3位となっています。

 

2017年世界ジュニア選手権では2位となり連覇を逃し、USインターナショナルクラシックでは5位となりました。

 

また本田真凜さんはフィギュアスケート以外でもそのルックスからメディアに大きく取り上げられ、一躍注目の的となっています。

本田真凜が練習嫌い・ごり押しでアンチ・批判が多い?

本田真凜は練習嫌いでアンチ続出?

「スピン練習は…嫌いです」

もともと本田真凜さんは練習嫌いで有名で、自身でもスピンの練習が嫌いと言うほどでした。

 

そんな本田真凜さんの練習嫌いを露呈させたのが10月27日カナダ大会で、温厚な浜田コーチも怒るほどでした。

「練習が合格点を付けられないので、まずはちゃんと練習してやることを覚えてほしい」

そのため、辛辣なコメントを述べており、スケートファンからも「シニア舐めるな」と批判されていたのです。

練習嫌いが克服できなかった

本田真凜さんは練習の虫として知られる先輩・宮原知子選手を見て、影響受けたと浜田コーチが語りましたが、結局は怒らせてしまいました。

 

宮原選手の影響で練習量が増えたとはいえ、もともとの練習嫌いという根っこは変わっていなかったんでしょう。

宮原選手は昨シーズン後半からケガのため休んでおり、今季も平昌五輪代表選考に影響する全日本に照準を合わせる方針のようです。

つまり、宮原選手はいつものような長時間の氷上練習ではなく、筋トレなど、質の高い良質な練習メニューに切り替えているのでしょう。

それなのに、本田選手は宮原選手が氷上の厳しい練習をしないのにつられて練習時間が少なくなったのではないでしょうか。

あるいは、宮原選手のように過酷な練習で故障を起こしたくないという言いわけを見つけた形になって、練習量が元に戻ってしまったのかもしれません

やはり本田真凜さんは根っこの部分である練習嫌いが克服できなかったと推測されており、影響を受けた宮原選手のように故障をしたくないを理由に練習が減っていると指摘されたのです。

 

これはあくまで推測ですが、実際に浜田コーチから練習嫌いと批判され、結果を出していなければこういった事も言われるのはしょうがないですね…

スポンサーリンク

本田真凜はごり押しでアンチ続出?

本田真凜さんは妹の望結さん、紗来さんとともにオスカープロモーションに所属しています。

 

そんな本田真凜さんが所属するオスカーは新人タレントを“ゴリ押し”する事務所として有名です。

 

過去にも上戸彩さんや剛力彩芽さん等とごり押しされて活躍していった方々は多いです。

 

そして、本田真凜さんは妹の望結さん等と合わせて可愛いくてルックスもよく、本田真凜さん自体もフィギュアの経歴もあって話題性があります。

 

そのため、近年は「ポスト浅田真央」という肩書きを付けて、本田真凜さんはメディアでも話題になっています。

本田真凜 ごり押し
(画像引用元:http://s2.dmcdn.net

しかし、ごり押しは活躍する反面、批判も多いです。

 

また今回のカナダ大会でもメディアの期待に応えて喜ばしい結果も得られる、話題性が先行して結果が伴わずに批判されてしまっているのです。

本田真凜が練習嫌い・ごり押しでアンチと批判続出!

本田真凜さんは確かに可愛くてフィギュアスケートでも成績を残しているので凄いです。

 

しかし、ルックスや話題性が先行した結果、アンチや批判が増えてしまっている状況です。

 

そのため、現在は練習嫌いを克服し、なんとか結果を出してもらいたいですね。

 

そして、アンチや批判をはねのけ、見事ポスト浅田真央として活躍することを期待しています。

 

せばな~