2016年10月20日にラクビー界で活躍をしていた平尾誠二さんが天国へと旅立っていきました。

 

自分は正直そこまで知らないのですが、この報道がされて瞬く間に広がったということはそれだけ認知されていて凄かった人なんでしょう。

 

ということで今回は、

平尾誠二さんってどんな方?

病気は?もともと痩せていて体調がおかしかった?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ラクビー平尾誠二が痩せすぎ?ガリガリで体調不良?病気だった?

平尾誠二 プロフィール

平尾誠二 痩せた

生年月日    1963年1月21日
出身地     京都府京都市南区出身
ポジション   スタンドオフ

 

平尾誠二さんはプレイだけでなく、その端正な顔立ちから”ミスター・ラグビー”といわれるほどの、その世代では有名な方でした。

平尾誠二、ラグビーでの活動歴

1975年に京都市立陶化中学入学してラグビー部に入り、ラグビーをはじめました。

 

伏見工業高校で3年生の時に全国大会優勝し 同志社大学在学中には史上初の大学選手権3連覇に貢献して学生の時から輝かしい戦績をもっています。

 

1986年に(株)神戸製鋼所に入社して、社会人としてラグビーを始め、入社3年目より神戸製鋼の7年連続日本一に貢献もしています。

 

ワールドカップにも1987、1991、1995年と3大会連続で出場し、1991年の時はキャプテンを務めて日本代表初勝利に導きます。

 

1998年に現役を引退しますが、その前の年の1997年から2000年まで日本代表監督を務めて、その手腕から引退後も神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任ゼネラルマネージャーに就任しています。

 

2006年4月から2007年3月までは日本ラグビーフットボール協会の理事。

2011年2月から2015年年3月までは文部科学省中央教育審議会委員。

2012年5月ラグビーワールドカップ2019組織委員会の理事に就任。

2015年6月には日本ラグビーフットボール協会理事に再任されたりとラクビー界でずっと貢献し続けた方です。

平尾誠二がガリガリで痩せすぎ?病気をしていた?

「ちょっとやせ過ぎたかな。
すっかりスリムになって見えてしまうけど、体重は現役のころに戻っただけのことやから、心配せんでおいて」

痩せ始めたころ、かつてのラグビー仲間に苦笑いをしつつ痩せたことについて説明をしていた平尾誠二さん。

 

やはり痩せすぎている姿に、チームマネージャー、仲間たちはずっと心配していたようです。

 

そんな平尾誠二さんは理事をしていましたが、体調の良いときのみ出社とやはり何か病気になっていたのかもしれません。

 

しかし、平尾誠二さんの関係者によると、病院へ通院や入院はしていないとのことですが…

自宅療養だったのでしょうか?

 

体調不良で休んでいるのに、病院に言っていないのはいささか不自然ですし、重病で病院に言っても無駄だったのでしょうか…

スポンサーリンク

ミスターラクビー、平尾誠二の活躍は凄かった!痩せてガリガリだったのに病院に行ってなかった?

調べてみましたが、平尾誠二せんという方がどれだけラクビー界で貢献して、活躍をしていたことがわかり、イケメンであることから”ミスターラグビー”と言われていたのも納得しました。

 

こういった平尾誠二さんがいたからこそ、日本のラグビーが今再加熱しているんでしょうね!

 

そんな平尾誠二さんは痩せ過ぎていて体調が芳しくなかったのに病院に行っていないなど、以前から不可解なことが起きていたようです。

 

今後は天国でゆっくり日本のラグビーが活躍する姿を観ていてください。