2016年11月18日放送の「金曜★ロンドンハーツ」では「女性芸能人スポーツテスト」ということでブレイク中の平野ノラも初参戦します。

 

バブリーネタでブレイク中の平野ノラさんですが、ネタの動きを見ている限りは機敏そうに見えますが、実際運動神経はどうなのでしょうか?

 

そもそもなぜここまでブレイクしたのでしょうか?

 

ということで今回は平野ノラさんについて、

ブレイクしたきっかけは?ふかわりょうさんが恩人?

平野ノラさんが運動神経が良いのか高校時代を調査!

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

平野ノラ プロフィール

平野ノラ 高校
(画像引用元:https://twitter.com/hiranonora)

生年月日    1978年10月20日
出身地     東京都
血液型     AB型
身長      162cm
出身      ワタナベコメディスクール13期生
コンビ名    ババノラ(解散)
芸風      漫談、一人コント
事務所     ワタナベエンターテインメント
活動時期    2011年10月 ~

経歴

高校卒業後に劇団の公演に出演したところ、面白いと思ってアレンジしたら怒られて、「集団は向いていない」と同時に「笑いを求めていて笑いを取るのが嬉しい」という理由でお笑いをはじめました。

 

しかし、ワタナベエンターテインメント開催のライブのオーディションに受けて全くウケなかったことで挫折して、OLとして働き一度お笑いから身を引きます。

 

ちなみにこのOL時代にひたすら絵を描いて膨大な作品ができたので、小さな個展を開いたそうです。

 

OLをしていた平野ノラさんですが、芸人の夢を捨てきれず、31歳になって彼氏のプロポーズを断ってまでワタナベコメディスクールに13期生として2010年10月に入学。

2011年9月卒業して同スクール在学中の2012年12月に芸人デビューを果たします。

 

そしてバブリーネタを確立して平野ノラさんはブレイクします。

 

そんな平野ノラさんは毎月第2火曜日に単独ライブ「バブリーワケあり物件○号室」にて、企画・構成を平野ノラさんがやりますが大盛況でチケットは完売します。

 

そのライブでは各芸能人のファンが多く、菊地凛子さん、染谷将太さん、倉持明日香さんといった方が、ライブに足を運んでまでいるようです。

 

平野ノラさんは素人時代から個展を開いたり行動力があり、また自身のライブの企画・構成も行ったりと、見た目は一発屋のように見えますが才能に溢れた方のです。

平野ノラのブレイクしたきっかけはふかわりょう!

平野ノラさんといえば「しもしも」といったバブルネタでブレイクしましたが、このネタがブレイクする後押しをしたのがふかわりょうさんでした。

平野ノラ ふかわりょう
(画像引用元:http://xn--u8jycrb3f.com/comedian/3375/)

平野ノラさんがまだ下積み時代だった頃、同じ事務所の先輩であるふかわりょうさんにネタを見てもらったようです。

 

その時に頂いた言葉が、

「方向性は絶対に間違っていないから。
このキャラクターと真摯(しんし)に向き合えば、4年後に必ず素敵なことが起こるよ」

この言葉にグッと背中を押され、平野ノラさんは、「抱かれてもいい」と思ったほど稲妻が走りました。

 

更に、

「そのコントのキャラクターが、本気の本気で『昭和、最高!!』と思ってたら、同じセリフでも言い方が変わってくるし、舞台に入ってくる入り方一つから変わってくるはず」

この助言により、ネタは同じなのにウケるようになり、昭和ネタを磨き続けた結果「バブルネタ」とターゲットを絞り、数年でブレイクしたようです。

 

そしてふかわりょうさんとは「5時に夢中!」にて共演も果たしており、2016年5月11日「OK!バブリー!! feat.バブリー美奈子」でシングルデビューした時はプロデュースはふかわりょうさんが担当しています。

 

同じ事務所で先輩後輩で凄く良い関係を気づいているようです!

 

ただこの美しい話をふかわりょうさんは「できるだけ色々な所で言ってね」と、オチをつけてました。

スポンサーリンク

平野ノラの高校時代はバレーボール部で強かった!

小学校3年生の時に母親がママさんバレーをしていた影響で、バレーボールを始めて東京都葛飾区のチーム「東金町ビーバーズ」に入っていた平野ノラさん。

平野ノラ バレーボール
(画像引用元:http://besunet.com/entamenews/hirano_nora-855)

中学校はバレーボールの強豪校へ行き、高校もバレーボール推薦で進学しバレーボール部に入っています。

 

しかも実力はチームで中・高含めてで9年間キャプテンを務めあげて、関東大会では2位、全国大会と東京新聞杯で優勝を経験するほどです。

 

そのため高校時代どころか、バレーボールに青春時代を捧げていたようですね!

 

このバレーボールをしていた時代に涙を流す姿アップでテレビに出たことがあるそうで、さすが強豪校でキャプテンを務め上げた実力はあります。

 

またお笑いで成功した理由として「バレーボールで鍛えがあげられた精神力があったからこそ、芸人として今やっていけている」と語っていました。

 

もしかしたら、お笑いの道を目指さなかったらバレーボールのプロとして活躍をしていたのかもしれませんね。

 

ただ気になるのは「集団は向いていない」とお笑いを目指したのに、バレーボール部でキャプテンを務めた平野ノラさんはどうやってまとめあげたのか気になりますね。

 

団体で行動するのは苦手だけど、中心になって動かすのは得意ということですかね。

ふかわりょうが恩人の平野ノラの高校時代はバレーボール部で活躍!

9年間バレーボールをして、しかも強豪校でキャプテンをつとめあげるほどの平野ノラさん。

 

そのため運動神経は確実に良いでしょう!

 

他にも絵の個展を開いたり、お笑いライブでは自分で企画・構成をしたりと、見た目とは裏腹にかなり才能溢れる方のようです。

 

これなら一発屋として消えることはなさそうですね。

今後もふかわりょうさんの助言を信じて、活躍を期待しています!

 

せばな~