2016年12月4日放送の「行列のできる法律相談所」に出演する林部智史さん。

 

カラオケ番組で100点を連発し、今年デビューするとその歌声が泣けると話題となっている彼ですが、音楽の専門学校の話をするようです。

 

そんな林部智史さんって歌手デビューするまで、どんな学生時代を過ごしていたのでしょか?

 

ということで今回は、

林部智史さんのプロフィール

林部智史さんの学生時代の学校生活は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

林部智史のプロフィール

2016y12m02d_122619342
(画像引用元:http://hayashibe-satoshi.com/)

生誕      1988年5月7日
出身地     山形県新庄市
ジャンル    ポップス
職業      歌手

林部智史の経歴!学生時代の学校生活や歌手デビュー後は?

看護師を目指していた学生時代

兄も姉も進学校に通っているので、同じように進学校に通う道を選んでいた林部智史さん。

 

バスケットボールの強豪校への進学のため一般入試で高校受験すたが失敗して、1浪のして山形県立山形南高等学校に合格したりと学生時代から挫折を重ねていました。

 

高校卒業後は看護の道を志して鶴岡市荘内看護専門学校へ通います。

 

しかし、受け持った患者の死に心のバランスを崩してうつ病となり、挫折してします。

一人旅後、歌手を目指した専門学校時代

うつ病後、原因不明の高熱にうなされ引きこもる日々でしたが、同じくうつ病を経験した姉の助言で沖縄へ向かい一人旅をしました。

 

沖縄では気持ちが軽くなって日本1周の旅に出ることにした林部智史さん。

林部智史 学生時代
(画像引用元:http://www.sanspo.com/geino/photos/20160811/geo16081105050002-p16.html)

そして行く先々ではギターを弾く人に出会い、いつも笑顔で歌っていたようです。

 

実は林部智史さんは幼い頃は歌手を目指していましたが、兄も姉も進学校に通っていたことで諦めていました。

 

しかし旅を通じて歌に触れて、北海道の礼文島で歌っていた時に「その歌声で歌手を目指さないのは、おかしいよ」と言ってもらったことで歌手を目指しました。

 

林部智史さんはEXILEのATSUSHIらを輩出したESPミュージカルアカデミーヴォーカルコースに新聞奨学生として入学しました。

 

貧乏学生だったため新聞奨学生として、午前2時起きの生活を二年間していました。

 

その学生生活では、100以上のオーディションを受けても受からずに、首席で卒業したものの所属先が見つからず、見切りをつけて歌から離れます

卒業後に苦節の末、歌手デビュー

首席で卒業して歴代TOP3のボーカリストとお墨付きを頂いていた林部智史さんですが、オーディションに受からずにディズニーシーでツアーガイドとして働いていました。

 

そんな時に2013年に「THEカラオケ★バトル」の出場がきっかけで歌手の道が切り開きます。

林部智史 経歴
(画像引用元:http://www.tv-tokyo.co.jp/kb/smp/performer/hayashibe.html)

2014年に「THEカラオケ★バトル」の出場をきっかけにインディーズでは「なのはな」「光へ」とリリースしますが、肝心の「THEカラオケ★バトル」では勝てずに「無冠の帝王」と言われる始末でした。

 

しかし2015年に「THEカラオケ★バトル」にて初優勝後は、3冠を達成して番組史上初の連続100点を記録して注目を集めてファンを増やしました。

 

そして2016年1月に「THEカラオケ★バトル」から念願のメジャーデビューを果たし、ワンマンライブでは全会場チケットは30秒でソールドアウトするほどの人気を獲得しました。

 

今ではその歌声が泣けると話題となり、現在注目されている歌手の一人となっています。

スポンサーリンク

林部智史の経歴は苦労が絶えない!学生時代の苦労した学校生活を超えて歌手へ!

高校入学に一浪したり、専門学校では新聞奨学生として生活したりと、学生時代からかなり苦労していた林部智史さん。

 

そんな時代を乗り越えて、専門学校を首席で卒業して歴代TOP3のボーカリストとしての実力がようやく実を結バレて良かったです。

 

今後は歌手としてどんな目標を持ち、活躍をしていくのか林部智史さんの活躍に注目ですね!

 

せばな~