2016年11月18日放送の日本テレビ「究極の○×クイズSHOW 超問!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「排水口の嫌なぬめりはアルミホイルで防げる?」

 

あの台所の排水口のぬめりは本当に凄くて、掃除するのも嫌気が差しますよね~

これが本当なら、あの掃除がアルミホイルを入れるだけで軽減できるのは、なんとも経済的で楽なのでしょうか!

 

という事で今回は、

なぜアルミホイルで排水口の嫌なぬめり防止されるの?

アルミホイルの使い方は?

もう排水口にぬめりが発生していた場合は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

排水口の嫌なぬめりをアルミホイルで防止!

調べた所アルミホイルでアルミホイルで排水口の嫌なぬめりが防止でことが分かりました。

 

排水口のぬめりは、料理した時の野菜くずや食べ残し等の食材を餌として、細菌やバクテリアやカビ等のの微生物が繁殖した事と、その微生物の排泄物が溜まったいるものが原因です。

 

そして金属には含まれる金属イオンに殺菌・抗菌作用があり、ぬめりの原因となる微生物は嫌っています。

 

アルミホイルは水に触れると化学反応を起こして、金属イオンが発生します。

 

だからアルミホイルを排水口に入れるだけで、微生物の繁殖を防止してぬめりを防ぐことが出来ます。

 

ちなみに金属イオンの力を使うなら10円玉でも大丈夫です。

アルミホイルの使い方は?

適度にカットしたアルミホイルを丸めて入れるだけです。

排水口 ぬめり
(画像引用元:https://iemo.jp/photos/190691)

ただ、アルミホイルと水が接する面積が大きいと、より金属イオンが発生して効果が期待できます。

 

そのためぎゅぎゅうに丸くするのではなく、ふわっと軽く丸める程度で面積を広くして入れて下さい。

もともと排水口にぬめりがあったら?

防止するのはわかりましたが、もう排水口にぬめりが発生して手遅れという方も多いと思います。

 

そんな時は市販の漂白剤を使うのが有効ですが、道具は使い古しのハブラシがおすすめです。

排水口 ぬめり
(画像引用元:http://hitorigurashi-benricho.com/haisuikou/)

もともと捨てる予定の歯ブラシですし、手で汚すこと無くタワシやスポンジでは届かない隅々まで綺麗に出来るので使い勝手が良いです。

スポンサーリンク

アルミホイルを使うだけで排水口の嫌なぬめりを防止する優れもの!

まさかアルミホイルをぽいっと排水口に入れるだけであの嫌なぬめりを防止できるのは驚きでした。

 

これは別に台所だけでなく、他の排水口に有効ですし、なにより身近に置いてあるアルミホイルを使うっていうのが素晴らしいですね!

 

みなさんもぬめりをしっかり取った後は、もうぬめり取りを頻繁にしたくないとアルミホイルを入れて、苦労を軽減しましょう!

 

せばな~