日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!!」ではお馴染みのDASH島ですが、そこにはなんと夏になるとハブが動き出します。

しかし、さすがTOKIO。3年前から駆除の技術は習得済みで今回はさらに新たな技術を学んで進化します。

一体どこまでいくのでしょうかTOKIOは…

 

そんなハブ駆除をするのですがなんと、駆除したハブを絶品料理にして食べるとのことです!

ハブって毒もあるし食べれるの?

料理に出来るの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ハブ料理とは?毒があるけど美味しいくて食べる!?

ハブ料理

実はハブは鶏肉のような味でとても美味しいです。

小骨が多いですが、意外に脂が乗ってジューシーとのことです。

 

ハブ料理は、唐揚げがベターで他にはハンバーグ、スープにもなります。

ハブが生息している沖縄では、沖縄料理として店に唐揚げで出たりとしているので、生息地域ではそこまで珍しい料理というわけではなさそうです。

 

ちなみにハブの生血は滋養強壮があり、島酒やワイン等に入れて飲まれます。

しかし、内蔵に付いている寄生虫が付着する場合があるので、生血飲む場合はプロが処理した物を飲んだほうが良いです。

ハブに毒があるけど食べれるの?

ハブ料理 毒

これだけ沖縄ではポピュラーで食べられているハブですが毒があるので人体に被害があるのか不安になります。

確かにハブには毒がありますが、口からでしたら人体には問題はありません。

胃で毒を分解してしまうので、ハブの毒を飲んでも大丈夫なんです。

 

噛まれた時の緊急時に傷口から口で毒を吸い取るという方法があるのは、そういった理由があったからです。

ふぐと違い調理許可もいらないので、家庭でも取れるなら手軽に食べられるものでしょう。

 

だからといってハブの毒は無害というわけではなく、筋肉等のタンパク質を溶かす毒で手を噛まれて握力が下がった人もいます。

溶かされてしまうので筋肉は二度と戻らず、筋力低下してしまうわけです。

ですので、死に繋がらない毒とはいえ安易に近づくのは危険です。

スポンサーリンク

ハブ料理は美味しい!病みつき!沖縄では店に出るほど!

ハブ料理は一般的には見られない料理ですが、生息している地域では美味しい料理として親しまれているようです。

あとは毒の危険を背負ってまで取る必要があるのかと思いますが、駆除がてら食材として食べるなら良いのでは。

見てる感じだと、お酒に合いそうな料理ばかりで食べてみたいですね。

 

DSASH島には生息しているのでTOKIOも貴重な食料・タンパク源として普通の食材として調理しそうです。

むしろ、TOKIOが蛇を食料として考えていないのはおかしいですよね~

これでどんどんDASH島の生活が豊かになりますね。

 

自分もハブを食べてみたくなりました~

 

せばな~