元DeNAで日本でもプロ野球選手として活動をしていたグリエル選手ですが、ダルビッシュ有投手に人種差別的な行為をしたそうです。

 

そんなグリエル選手はどんなことをダルビッシュ有選手に、人種差別的な行為をしたのでしょうか?

 

というで今回は、グリエル選手がどんな差別行為をしたのかと、なぜ差別行為のジェスチャーと言われているのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

グリエルがダルビッシュに人種差別?つり目ジェスチャーはなぜ日本侮辱?

2017年10月27日にアストロズとドジャースのワールドシリーズ第3戦にて、元DeNAグリエル選手が人種差別行為の疑惑が持ち上がり、現地で大きな波紋を呼んでいます。

 

問題が起きたのがダルビッシュ有投手に対して、元DeNAのグリエル選手に先制ソロを放った後にベンチにて差別行為をしたと言われています。

グリエル選手は一瞬、両目尻を引っ張るような動作しており、これが「つり目ジェスチャー」とアジア系の人々に対する人種差別ではないかと問題視されたのです。

ダルビッシュ有の反応は?

この人種差別のようなつり目ジェスチャーをされたダルビッシュ有選手は、試合後に取材にて質問されました。

「客観的に見ると、アジアの人だけじゃなくていろんな人種の人たちに対する、区別するようなことをするのは良くないことだとはもちろん思う。ああいうことをパブリック(公)なところでしてしまっている以上はMLBもそれなりの措置をしないといけないとは思う」。

「完全な人間はいない。それも彼の中での一つのミスであって、これによっていろんな人が学べると思うので、ほんとに大きなことになるけど、人類として一つ学ぶ、前に行くステップになれば、ただのミスで終わらないんじゃないかなと思います」

ダルビッシュ有選手は淡々と応えたようですが、やはりこのような差別的行為を行うのは、何かしらの措置をしないと語っていました。

スポンサーリンク

つり目ジェスチャーはなぜ差別?ことの発端は?

今回人種差別と言われた「つり目ジェスチャー」は目が細いアジア人を形容したものです。

 

そんなつり目ジェスチャーは、人によっては嫌悪感を抱き、相手の欠点を侮辱する行為として差別的な行為として世界的に認知されているのです。

 

実際に世界的に流通する女性誌「Glamour」が日本版を誕生の際に、ブラジル版スタッフがつり目ジェスチャーをしたのをSNSに投稿して問題となりました。


(画像引用元:https://i2.wp.com

サイト側は差別を意図したわけではありませんが、人によっては差別的な行為と嫌悪感抱き、日本人差別として炎上したのです。

 

このような経緯もあり、そのため「つり目ジェスチャー」は少なくとも日本人には差別的な行為と思われてしまうのです。

グリエルがダルビッシュに人種差別!つり目ジェスチャー日本侮辱を認知されている

元DeNA選手で日本でも活躍していたグリエル選手がダルビッシュ有選手に差別行為をしたのは残念ですね。

 

グリエル選手は何気なくやったとしても、つり目ジェスチャーをしたということは、これが問題となっていることは知っているはずです。

 

それなのに行ってしまったのはやはり批判されるのもしょうがないですね…