2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックですが、ボート、カヌー・スプリント会場となる場所が混迷となっています。

 

元々は東京の「海の森水上競技場」となる予定でしたが様々な問題が発生し、ボート場として宮城県が名乗り出たりしています。

 

結局、東京五輪のボート場はどこの場所に決まるのでしょうか?

 

ということで今回は、

東京五輪で変更するボート場として候補にあがっている場所は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

東京五輪ボート場の場所はどこ?海の森から変更??オリンピックの会場なら宮城?埼玉?それとも韓国?

前回の東京五輪で使われていた埼玉県にある「戸田ボートコース」が現在の国際会場の規格にあっていないことや、「選手村から8㎞圏内に競技施設を用意」という東京五輪の理念の基から建設予定だった「海の森水上競技場」。

 

しかし、「予算が五輪を立候補した時の4倍かかる」「競技に適さない会場」「五輪後の活用に不安がある」といった様々な問題が抱えており批判が続出しています。

東京五輪ボート場に海の森?予算4倍?オリンピック会場として問題?

 

そのため、海の森水上競技場の代わりのボート場としていくつかの候補があがっています。

前回使われた埼玉県を東京五輪のボート場で開催?

大学等32団体もある「戸田ボートコース監督会」では代わりのボート場として、前回の東京五輪で開催地として使われた「戸田ボートコース」のすぐそばにある「彩湖」を提案しています。

 

環境としても使いやすく、前回の東京五輪で開催地として使われた影響で多くのボート・カヌークラブが拠点に置いており、その東京五輪後の活用しやすいといわれています。

 

しかし、五輪委員会では大規模な設備投資が必要なのと、もともと荒川の氾濫を防ぐための防災地なので会場に適していないと否定しています。

宮城県を「復興五輪」として東京五輪のボート場で開催?

今度は「復興五輪」という名目で宮城県が東京五輪ボート場として名乗りを上げました。

 

ボート場としても競技に適した環境で、設備費も仮設住宅の再利用したりすることで150~200億円と過去に東京都が行った試算より費用を抑えれるとのこと。

 

また五輪後に活用する問題点といわれて9つの対応策を提示して反論もしています

 

そのため東京都の小池都知事が宮城県登米市長沼のボート場に視察に訪れ、そこでは地元の方が3000人ほど集まるほど注目を集めました。

 

しかし、日本ボート協会としては環境は素晴らしいが陸の設備がほとんどないので設備投資にかなりい費用がかかると問題を指摘。

 

カヌー連盟からもカヌーを行う用としては作られておらず、カヌー・ボートと両方行えるようにしてもらいたく、これならば埼玉県の「彩湖」のほうがありがたいと述べました。

スポンサーリンク

難航したら韓国で東京五輪のボート場で開催?

そんないろんなボート場が候補として難航していますが、このままボート・カヌー場として実施が困難であればIOCが韓国・忠州市のボート場を五輪ボート場とする案を持ち出す可能性が出てきました。

 

韓国・忠州市のボート場は交通アクセスに難はあるものの、2014年アジア大会のボート会場で使われているので数ヶ月でオリンピックが開催できるレベルになるといわれています。

 

しかしこれなら東京五輪の意味がなくなるような…

個人的にはどんだけ難航して予算が倍になろうと、他国では絶対やってもらいたくないですね。

難航!東京五輪ボート・カヌー場はどこになる?場所は宮城・埼玉?韓国はちょっと…

海の森水上競技場にいろいろな問題・批判続出し変更地に宮城・埼玉と名乗りがあげています。

 

個人的には海の森でもいいのですが、まず東京五輪のテーマをどうするのか知りたいですね。

 

コンパクトにする五輪としてなら海の森にするのがいいですが、復興五輪とするなら宮城県、その後の再利用できる五輪として扱うなら埼玉県と東京五輪のテーマによって変わっていくからです。

 

問題点というのは、どの開催地にしたとしても出てきます。

 

視察やら問題点・対策を洗い出すのもいいですが、根本の「東京五輪のテーマはなんだったか」この点をちゃんとはっきりすれば、おのずとボート・カヌー場も決まっていくのではないかと思います。