2016年10月21日放送の日本テレビ「究極の○×クイズSHOW 超問!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「70歳を超えてオリンピックで金メダルを獲得した選手がいる?」

 

競技によっては高齢でも出来るような競技はありそうですが、やはり年には勝てないと思いますが…

 

そんなオリンピックのメダリストについてですが、

最高齢の金メダリストは?

最年長のメダリストとってどんな方?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

オリンピック最高齢の金メダル!オスカースバーンは最年長で五輪メダルを獲得?どんな方?

どうやら最高齢の金メダリストは、1912年ストックホルム・オリンピックの時に射撃団体で獲得したオスカースバーンさんでした。

当時の年齢は64歳でしたので、どうやら70歳を超えて金メダルを獲得した方はいないようです…

 

このオスカースバーンさんは、1920年アントワープ・オリンピックにも出場して同種目で団体銀メダルを獲得して、「最年長の出場記録」と「最高齢のメダリスト(芸術競技除く)」となりました。

 

ちなみに日本人の最高齢金メダリストは蒲池猛夫(かまちたけお)さんの48歳で、最年長出場は法華津寛(ほけつひろし)さんの71歳です。

オスカースバーン プロフィール!オリンピックの実績・記録は?

オリンピック 最年長 メダル

生年月日    1847年10月20日
出身地     スウェーデン
競技種目    射撃競技

オスカースバーンさんが初めて出場した五輪は1908年のロンドンオリンピックですが、この時の年齢がもう60歳でした。

この時は鹿追いシングルショットで個人、団体と2つの金メダル獲得し、当時の最年長記録から1歳若いだけでした。

 

そんな60歳から出場をし始めたオスカースバーンさんの実績・記録ですが、

 

【ロンドンオリンピック(1908年)】

男子鹿追いシングルショット      :金メダル
男子鹿追いシングルショット団体    :金メダル
男子鹿追いダブルショット       :銅メダル

【ストックホルムオリンピック(1912年)】

100m男子鹿追いシングルショット団体:金メダル
100m男子鹿追いダブルショット   :銅メダル

【アントワープオリンピック(1920年)】

100m男子鹿追いダブルショット団体 :銀メダル

 

と、高齢でありながら多くのメダルを獲得しています!

スポンサーリンク

オリンピック金メダル最高齢はオスカースバーンの64歳!五輪メダル最年長でもある!

金メダル獲得最高齢でありながら、オリンピックメダル獲得・出場最年長でもあるオスカースバーンさん。

未だにこの記録が破られていないのも凄いですね。

 

いつしか現在の元気で高齢な方が、記録を破って今の年よりも負けていないということを世界的に知らしめてみたいですね!

 

特に長寿大国日本だったら行けるかもしれませんね!

 

みなさんも高齢だからといってオリンピックを諦めずに、競技によっては行けるかもしれませんよ!

 

せばな~