2016年9月23日放送の日本テレビ「究極の○×クイズSHOW 超問!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「金目鯛はいるが銀目鯛もいる ○か×か?」

 

確かに「金」があるなら「銀」も存在するということで、銀目鯛もいるのでしょうか?

 

そんな「銀目鯛」が存在するのか気になりましたので調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

銀目鯛とは?価格・味は?金目鯛もいるならギンメダイも存在する?

銀目鯛

実際に銀目鯛はいるようです。

 

キンメダイ目ギンメダイ科で金目鯛と同じく深海魚で、本州中部以南,フィリピン,ハワイに生息しています。

 

姿は金目鯛に似ていて、体と目が銀色ということで銀目鯛と名付けられました。

 

全長は50cmほどに達し、口は大きいけど下あごが短いのとうことで、神奈川県三崎近辺では「アゴナシ」とも言われています。

 

ちなみに「銅目鯛」という魚はいませんでした。

銀目鯛の味は美味しい?価格・値段は?なぜ知られていない?

銀目鯛の肉は白身で骨も柔らかく全体的に水っぽく、時々臭みがあります。

そして「味は不味くもないが美味しくもない」ようです。

 

そのせいか銀目鯛は一般的に流通されておらず、漁でも揚がっても利用されることは少なく、利用価値はかまぼこの原料程度らしいです。

 

そのため価格も設定されていないようですね…

 

金目鯛は「味も美味しく一般的に流通されて」いますが、それに対し銀目鯛は「味もよくなく流通されていない」ことから知られていませんでした。

 

オリンピックのように、金と銀にはとてつもない差があったようです…

スポンサーリンク

銀目鯛と金目鯛には味・認知度・利用価値とかなりの差があった!

金目鯛に比べて味もよくなく、流通されておらずあまり知られていない銀目鯛。

 

なんとも可愛そうな感じですね…

 

ちなみに金魚にも銀目鯛と同じく、銀魚がいるのですがこちらは中国では高級食材として重宝されていました。

銀魚とは?金魚の仲間・種類にいる?鉄魚も?中国で輸入?高級食材?

 

そう考えと銀目鯛の仕打ちは本当につらいですね…

せめてかまぼこになった銀目鯛を食べてやってください…

 

せばな~