NHK総合で毎週放送されている「ためしてガッテン」こと「ガッテン」ですが、睡眠薬で糖尿病の治療ができる内容が問題となっているようです。

 

一体どんな批判が出ており、その放送内容はどんなものだったのでしょうか?

 

ということで今回は、「ガッテン」で紹介された睡眠薬で糖尿病の治療内容と、それが嘘なのか調査していきます。


スポンサーリンク

ためしてガッテンの糖尿病に睡眠薬は嘘?デルタパワーで血糖値下げる改善はガセ?

2017年2月22日放送の「ガッテン!」では、「血糖値を下げる!デルタパワーの謎」と題した特集が放送され、睡眠薬で糖尿病の治療できるという内容がありました。


(画像引用元:http://subcal.xyz

熟睡中に脳から出る「デルタ波」という脳波に、血糖値を下げる効果があり、更にこの力を強めると糖尿病を治療する効果があるとして紹介されます。

 

そのデルタ波の「パワー」を強めるとして紹介された新薬が「睡眠薬」でした。

 

「睡眠薬」は2014年に発売した「ベルソムラ」という薬で、糖尿病患者がこの薬を服用することで睡眠の質が向上し、睡眠薬で糖尿病が治療できるとのことです。

 

また副作用も少なく、睡眠障害の患者は糖尿病の発症率が2倍になるので予防策として良いと医師は話しました。

糖尿病に睡眠薬は意味がわからない

「睡眠薬と糖尿病には、ほとんど関係がないですよ。
生活習慣の面で、睡眠自体と糖尿病には間接的には関係がないとは言い切れないですが、(番組の説明は)無理があるというか…、
正直に言えばちょっと意味が分からない

「番組は見ましたが、ちょっとひどいですね。
常識的に考えて、睡眠時間が短くなればストレスが増加し、食事の量や回数も増えるし血糖値は悪化しますよ。
そういう意味では、睡眠と血糖値に関係はあると言えますが、決して『睡眠薬に血糖値を下げる』効果はありません。
論理に飛躍がありますね」

「これまでの睡眠薬と違って、自然に近い睡眠を促す薬ではありますが、飲んだからと言って必ずしも熟睡できるわけではありません

「ガッテン!」の放送内容に、医療関係者の中には戸惑いや批判が相次いでいます。

 

また睡眠医学に詳しい都内の精神科医からは「意味がわからない」「論理に飛躍がある」として困惑しているようです。

 

さらにこの放送で睡眠薬「ベルソムラ」の処方を希望する患者が増えて、臨床の現場で問題となっているようです。

スポンサーリンク

ベルソムラの宣伝?

番組では睡眠薬「ベルソムラ」の商品名は、テロップやナレーションという形では触れていませんが、映像では薬の包装で「ベルソムラ」との表記が確認できます。

 

また、番組で説明された「2014年に登場したオレキシン受容体拮抗薬」という条件に合致する睡眠薬は、ベルソムラしか存在しないのです。

 

そのため単に「ガッテン!」はベルソムラの宣伝をしただけではないかと、利益誘導の悪質な番組内容として批判が出ています。

実際にスタンフォード大学の睡眠専門医の河合真さんはツイッターにて痛烈批判しています。

ためしてガッテンの糖尿病に睡眠薬は嘘?血糖値下げる改善はガセか確認中?

今回の「ガッテン」の糖尿病に睡眠薬が効果的という情報は根拠があるのか、単なるベルソムラの宣伝ではないかと問題がありました。

 

そのため、この取材をしていたJ-CASTニュースは2月24日にNHK広報に取材をした所、確認中とのことです。

 

この回答や説明がなければ、人を守る薬がとんでもない被害をもたらした可能性もあり、大問題です。

 

早急にこの放送内容について対応して、医者が納得できる根拠があるのか、間違いならすぐに訂正をしてもらいたいです。