毎年年越しで恒例で放送されている「ダウンタウンのガキの使い 絶対に笑ってはいけないシリーズ」。

 

笑うとSMによるケツ叩きが行われますが、あんなに叩かれて尻がおかしくならないでしょうか?

またSM隊はどんな労働状態なのでしょうか?

 

素人を起用すると、今の世の中SNSで拡散されてバラされると思いますがオーディションはどうなっているのでしょうか?

 

ということで今回はガキ使の笑ってはいけないシリーズについて、

SM隊は誰が起用されているの?

SM隊は裏でどんな状況なの?ギャラは?

ケツたたきで尻は大丈夫なの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

笑ってはいけないのケツしばきSM隊のギャラや労働がヤバイ!尻叩きは大丈夫?

SM隊のは誰が起用?オーディション内容は?

実はケツ叩きをするSM隊は素人ではなく、NSCという吉本のお笑い養成所の若手たちが行っているようです。

笑ってはいけない 尻
(画像引用元:https://pbs.twimg.com/media/B6LwYPVCMAEtVtL.jpg)

だからお笑いを志すものとして、ネタをバラしたりとしなかったようですね。

 

そしてオーディション形式で決められるらしいですが、野球経験者等の体力に自信がある人がSM隊に選ばれるようです。

SM隊の労働が過酷!

ガキ使メンバーのケツをしばくSM隊に見事選ばれて喜ぶ束の間、過酷な労働をしいられます。

笑ってはいけない ケツしばき
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp/news4vip2/imgs/7/f/7fd2c54f.png)

SM隊やスタッフは、リハーサルも含めて3日間ほぼ睡眠できずに労働します。

 

ガキ使メンバーは2日目からで、夜にホテルで寝ますが、スタッフは夜通しリハーサルを続けるので寝る時間がありません。

 

またSM隊はA班とB班のふたつのグループに分かれて活動しますが、場面によってはかなり偏りが出て、酷い時はA班9割、B班1割になるほどです。

 

他にも体育館など長距離走らなければいけない場合や、蝶野正洋さんの鉄板ネタで何度も出る時はかなり疲れるようです。

笑ってはいけない ケツ叩き
(画像引用元:http://osozakino-papablogger.com/gakitsuka-warattewaikenai-2016/)

そんな方たちは大先輩のケツをしばくせいか、休み時間も真剣そのものとのことです。

 

しかし、憧れの大先輩と直接会える、またその時の食事は毎回朝・昼の弁当と、夜はスタッフもリッチな食事を楽しむことができるのが楽しみとのことです

SM隊の給料はガキ使メンバーと比べて格差が酷い!

笑ってはいけないシリーズでダウンタウンの浜田雅功さん、松本人志さんのギャラは1本1000万円と言われています。

 

他のココリコや山崎邦正さんは流石にこれよりは少ないですが、数百万円は貰っていることでしょう。

 

それに対してSM隊の給料は3日間寝ないで過酷な労働をしたにも関わらず、2万5千円程度と激安です。

 

ただ先輩芸人を見て勉強できると思えば、授業料を払わずに逆に金がもらえるとお得なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ケツしばき棒で叩いても尻は大丈夫?

実はSM隊がガキ使メンバーを叩いているケツしばき棒がありますが、ゴムのような柔らかい素材で音が響く割には痛くないとのことです。

笑ってはいけない ケツしばき
(画像引用元:http://image.itmedia.co.jp/l/im/nl/articles/1412/23/l_wk_141223bou03.jpg)

そのため、叩き続けられると痛くなりますが、そこまで尻に怪我を負ったり等はしないようです。

 

それより、叩かれるまでの微妙な間が怖いらしく、いつ叩かれるかわからないあの心理的ストレスが辛いとのことです。

笑ってはいけないのケツしばきSM隊も過酷!尻叩きは精神的ストレス!

笑ってはいけないシリーズでは出演者は見るからに過酷ですが、裏で頑張っているスタッフやSM隊の方がもっと過酷のようです。

 

またしばき棒の素材は柔らかくて物理的な痛みはそこまでですが、くるぞという精神的なストレスが辛いとのことでした。

 

みなさんも笑ってはいけないシリーズのときは、出演者だけでなく、裏方のSM隊に注目するとまた違ったおもしろさに気づくかもしれませんよ?

 

せばな~