色々やらかしているフジテレビですが、今度はニュースにてやらかしたようです。

 

いったいどんな放送事故を起こしたのでしょうか?

 

ということで今回は、変な効果音で放送事故をおこした内容と、これまで批判を食らった不謹慎な放送事故を紹介します。


スポンサーリンク

フジテレビが不謹慎な効果音で放送事故?

フジテレビのあるニュース番組の千葉県我孫子の少女遺体の事件の詳細を説明中に変な効果を鳴らしていました。

大変痛ましい事件の説明にも関わらず、「よーん」やら「ピンポーン」やら、内容にはそぐわない色んな効果音がいきなり流れしまいました。

 

この効果音は明らかにバラエティ番組等で使うもので、多分ですがテストで流していたのをそのまま使ってしまってしまわれたのではないかと思います。

 

失敗はあるものですが、よりにもよって痛ましい事件の時に流れてしまい、不謹慎極まりない放送事故となってしまったようです…

他にもドラマを中心に色々不謹慎な放送事故をしていた?

「ラブソング」で不謹慎?

月9ドラマ「ラヴソング」では低視聴率のため、脚本家が変更されてました。

 

そしてな新たな脚本家によって執筆された第5話ヒロインの藤原さくらが、昼間から職場で匂いの気になるキムチを食べるシーンが不自然だと批判が出ました。

 

更に同じシーンにて、ロッカーの名札の名前の中に「内ヶ島」という苗字があったことに対し、視聴者の間で物議を醸し出します。

フジテレビ 不謹慎
(画像引用元:http://articleimage.nicoblomaga.jp

当時、熊本大地震が発生した時期で、「内ヶ島」という名前は戦国時代に一夜にして大地震で滅亡した日本の氏族である“内ヶ島氏”を想像させるとして、批判が殺到してしまいました。

 

こじつけ感は否めないですが、この「ラブソング」の放送が不謹慎と批判をくらってしまいます。

スポンサーリンク

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で不謹慎?

月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」では小道具が怖い等と、色々言われていました。

 

その中で第1話で「放射線科」を「放射能科」と表記し、物議を醸しだしました。

フジテレビ 不謹慎
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

現在日本は原発問題で「放射能」という言葉に敏感なため、視聴者はこの「放射能科」という表示に、偶然の映り込みと感じ取れなかったようです。

「最高の離婚」で不謹慎

東日本大震災発生時ことが書かれた内容の「最高の離婚」でしたが、“ツナミラッキー”と印字された名刺を小道具として扱ったことで問題となりました。

フジテレビ 放送事故
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

津波が発生し甚大な被害を及ぼした東日本大震災ですので、“ツナミラッキー”は流石に不謹慎でしょう…

フジテレビが不謹慎な効果音だけでなく色々放送事故をしていた?

フジテレビのスタッフも寝ないで一生懸命良い番組を作ろうとし、不注意で間違うのもしょうがないです。

 

ただ、痛ましい事件の当事者が変な効果音が流れた時の気持ちを考えて、もう少し考えてもらいたかったです…

 

今後も頑張りすぎてミスをするかもしれませんが、最低限不謹慎にならないように気をつけて貰いたいですね…