2016年6月13日放送のテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」では最新の農業技術が紹介されます。

 

なんと、ドローンで害虫駆除をしてくれます!

そのドローンは自動で動いて農薬散布や農薬を使わなくても害虫を撃退も出来るとのことです。

 

そんな害虫駆除ができるドローンですが、

ドローンの活用方法は?

害虫駆除としてどんなこと出来るの?ドローンの特徴は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

寝ている間にドローンで害虫駆除?効率よく農薬自動散布!農薬いらずで駆除?

佐賀大学農学部、佐賀県農林水産部、株式会社オプティムが三社で連携協力により、「楽しく、かっこよく、稼げる農業」のコンセプトの下で行われているIT農業の取り組みがあります。

 

今回その取り組みの中で、害虫駆除を行えるドローンを開発・発表しました。

害虫駆除ドローン「アグリドローン」

ドローン 害虫駆除

株式会社オプティムが開発した自動で害虫駆除と様々な機能を搭載した「アグリドローン」。

まだ実験段階の事ですが、こちらは自動で行えるので農家にとっては時間の大幅な削減ができるます

自動?寝ている間に夜間で?「アグリドローン」の特徴!

自動飛行

あらかじめ設定しておいたルートを自動で飛行します。

そのため操縦者要らずで楽です。

高性能な多機能カメラ搭載

360°カメラを搭載し、近赤外線カメラ、サーモカメラ等と様々な機能が用途によって切り替えれます。

 

このカメラで撮影したデータを分析し、栽培している農作物の解析が行えます。

解析により、農作物の作業効率化、生産の質・量の向上することができます。

スポンサーリンク

無駄を省く!ピンポイントで農薬自動散布

害虫が発生している箇所をピンポイントで農薬を散布できるます。

 

ピンポイントの為、無駄に農薬を散布せず、効率よく農作物を育てることが出来ます。

農薬いらずで害虫駆除

ドローンに世界初となるドローン対応殺虫器を搭載して、”農薬無しで害虫駆除”を行えます。

殺虫器は青いライトを発するランプの様で、ドローンに吊り下げて駆除します。

 

こちらが「アグリドローン」が特徴が紹介されている動画になります。

「アグリドローン」活用例

2015年に「アグリドローン」の撮影画像による解析・分析により、大豆の害虫を発見することに成功しています。

 

2016年には実際に通常の農場と、「アグリドローン」を活用した農場との比較研究が行われており、今後どのような結果が出てくるか楽しみですね!

害虫駆除を自動で行うドローン「アグリドローン」!農薬散布と何でもしてくれる未来が訪れる!

「アグリドローン」はまで研究中ですが、これが実用化されれば自動化が進み農家にとっては時間削減が出来て素晴らしいですね。

 

それだけでなく、カメラで農作物を分析・解析するし、データを元に生産の質や量も向上するとい優れもの!

このデータが蓄積されていけば、いつかは素人でも簡単・安全に農作物を生産できる未来が訪れそうですね。

 

本当にドローンの活用法は多岐に渡っていて、これこそ近代未来の英知となりそうです。

 

今後も農業で活用できるドローンの研究が進み、農業の発展に期待しています。

 

近い将来農家の人は外に出ないで、ドローンだけが動いている世界も夢ではなさそうですね!

 

少し想像して不気味に思いました…

正に「ターミネーターのスカイネットの世界」ですね…

 

せばな~