2016年12月25日放送の「林先生が驚く初耳学!」では

「『私失敗しないので』のモデルは柔道 松本薫選手」

という初耳学が林先生に出題されます。

 

あの大人気民放ドラマ「ドクターX」の主人公・大門未知子があの野獣・松本薫さんがモデルとは想像がつかないですが、なぜモデルとなったのでしょうか?

 

ということで今回はドクターXの素晴らしい人気の紹介と共に

松本薫選手がなぜ大門未知子のモデルに?「私失敗しないので」の誕生秘話は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ドクターXのモデルは松本薫!大門未知子の「私失敗しないので」誕生!

「ドクターX~外科医・大門未知子~」はテレビ朝日系の「木曜ドラマ」枠で、 2012年10月18日に第1回が放送されて以降、2016年までに通算シリーズ4本、スペシャル1本、スピンオフ1本と大人気民放ドラマです。


(画像引用元:http://blogs.yahoo.co.jp/fpdxw092/61619297.html)

その視聴率も凄く、この5年間で平均視聴率が20%を超えたドラマは5本の内の3本がドクターXで、2~4位は2013、2014、2016年の作品となります。

 

今作のシリーズ4作品目も平均視聴率21%超と好調で、2016年民放連続ドラマでは相棒を越えた1位となります。

 

さらに最終回も平均視聴率が24・4%でトップに君臨し続けて、ピコ太郎のプロデューサーである古坂大魔王が登場して締めくくりました。

 

一時期は米倉涼子さんの意向でシリーズ3で完結するつもりでしたが、夫の離婚騒動で「自分だけの力で生きていく」と決めて4シリーズ目に挑んだようです。

 

そして米倉涼子さんは5シリーズ目への意気込みもあり、「相棒」超えをしようと一丸となって頑張っていくとのことでした。

大門未知子の「私失敗しないので」のモデルは松本薫?

「ドクターX」の脚本家・中園ミホさんはNHK連続ドラマ「花子とアン」や「ハケンの品格」といずれも人気作品を手掛けた人でした。

ドクターX 松本薫
(画像引用元:http://geinou-resistance.info/3223.html)

そんな中園ミホさんが脚本を書く時は自分の頭の中に役者さんが映像として出てきて、勝手に喋りだしてそれを追っていると、天から曲が降りてくるような天才の方のようです。

 

しかし「ドクターX」脚本を書いている時は、大門未知子さんが全然喋らなくて困っていました。

 

その時に丁度ロンドンオリンピックを観ていて松本薫さんが松岡修造さんの質問に応えた

 

松岡修造「ミスしたら、どうしようと思いませんでしたか?」

松本薫「いえ。私ミスはしないので

 

この発言を聞いた中園ミホさんは、大門未知子さんが喋りだして出来上がったとのことです。

私失敗しないので 松本薫
(画像引用元:http://blogs.yahoo.co.jp/teppeichang0340/30043142.html)

そうやって松本薫さんの発言「私ミスはしないので」が、少し言葉を変えて「私失敗しないので」の名台詞が誕生しました。

スポンサーリンク

松本薫が大門未知子「私失敗しないので」のモデル!ドクターXの脚本が産まれた裏話!

脚本の中園ミホさんがたまたま見た松本薫さんの発言がモデルとなって、大門未知子が産まれたとはすごい偶然ですね!

 

そんな偶然が重なり、米倉涼子さん含めてキャストらによって大人気民放ドラマとして君臨したんですね。

 

ドクターXも松本薫さんのように常勝でシリーズを続けていき、ライバルの「相棒」を超えて下さい!

 

せばな~