イケメンで映画では数々の名演技で世界的に有名なレオナルド・ディカプリオさんですが、現在は太ってお父さん体型で話題になっているようです。

 

オフになるとメタボ気味の体形になってしまうことでも知られるディカプリオさんですが、いったい何が理由で太ったのでしょうか?

そして、どれだけディカプリオさんは映画に出演している時と比べて太ったのでしょうか?

 

ということで今回は、ディカプリオさんがどれだけ太ったのかと、激太りした理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

レオナルド・ディカプリオ プロフィール

ディカプリオ 現在
(画像引用元:https://movie-dmenu.info

生年月日    1974年11月11日
出生地     カリフォルニア州ロサンゼルス
身長      180cm
職業      俳優・映画プロデューサー・脚本家・環境保護活動家
ジャンル    映画
活動期間    1988年~

 

父の再婚相手の息子がテレビコマーシャルで多くの収入を得ていたことに感化され、俳優になることを志したディカプリオさん。

 

10歳ころからオーディションを受け始めたが何度も不合格と不遇の時代でしたが、14歳で初めてテレビコマーシャルに出演を果たします。

 

それからテレビドラマ等と出演が増えると、1993年に映画「ギルバート・グレイプ」で19歳にしてアカデミー助演男優賞にノミネート、映画「ロミオ+ジュリエット」ではベルリン国際映画祭の銀熊賞 (男優賞)を受賞と活躍していきます。

 

そして1997年映画「タイタニック」の出演により、日本でも知れ渡るほどのブレイクで知れ渡り、世界でも「レオマニア」と呼ばれる熱狂的ファンが生まれていきました。

 

2002年には映画「ギャング・オブ・ニューヨーク」に主演では、長年のイメージを払拭して高い演技力が認められています。

 

2004年には映画「アビエイター」で「ゴールデングローブ賞 ドラマ部門主演男優賞」、2006年映画「ディパーテッド」では「アカデミー作品賞」、映画「ブラッド・ダイヤモンド」では「アカデミー主演男優賞」にノミネートされています。

 

それから2016年には映画「レヴェナント: 蘇えりし者」で「アカデミー主演男優賞」を受賞し、5度目のノミネートにて悲願のアカデミー賞受賞を果たしています。

ディカプリオの現在が太ったか画像比較!激太りした理由は?

映画では名俳優として活躍するディカプリオさんですが、現在は太り、ゴシップ誌ではおなかが少し出ている体つきを表す“Dad Bod”(お父さん体型)と表現されているのです。

 

実際に現在の太った姿と比べてみると…

ディカプリオ 激太り
(画像引用元:http://image.dailynewsonline.jp,http://livedoor.4.blogimg.jp

確かにお腹がぽっこりしており、お父さん体型と言われてもしょうがないですね。

スポンサーリンク

太った理由は?

ディカプリオさんは、オフになるとメタボ気味の体形になってしまうことでも知られていたようです。

ディカプリオ 太った
(画像引用元:http://img.ellegirl.jp

そして今回は太ったのは運動不足だったらしく、ディカプリオさんはあるパーティで同席したモデルたちに、最近いかに運動をしていないのかを自慢げに語っているほどでした。

 

ただ、現在は1900年代のニューヨークでイタリア系マフィアの犯罪に立ち向かった警官を描く「ザ・ブラック・ハンド」に出演が控えているので、役作りのために太ったという可能性もあるとのことです。

ディカプリオの現在が太った画像がデブプリオ?激太りの理由は役作りだった?

映画ではイケメンで熱狂的なファンがいるほどですが、現在は運動不足で太っているようです。

 

ただ、これは次の映画も控えているので、プロとして役作りをしているのかもしれませんね。

 

そんな役作りをしっかり行い、今後も映画で活躍して、太った話題をかき消して活躍することを期待しています。

 

せばな~